2016年08月31日

ベイスターズ雑感 初回の2失点があまりにも重かった (20160831)

 あああ、悲しい悲しい悲しいなあ(突っ伏し)

日刊スポーツ 『 広島 対 DeNA

 一言で言えばスクランブル登板の薮田の前に、完全に捻られる結果となってしまいました。その出来が驚くほどに良かったのは確かです。ストレートに力感がありますし、癖のあるフォークが非常に厄介。しかし、あくまでも見た目の話になってしまうのですが、各打者のやられ方があまりに淡泊でしたね。

日刊スポーツ 『 ラミレス監督「適応してほしい」代役薮田に打線沈黙

 そういう印象になってしまうのは打席が二回目、三回目と回っても、結局最後まで同じパターンでやられていたからかと。ただ、これに関してはベイスターズ打線の強みと裏返しでもあるでしょう(どんどん振っていく故、一度はまると強烈な打撃力を発揮する)ファンとしては、今日はそれが逆目に出たと割り切るしかなさそうです。

 で、そんな展開になった故、初回に守備の乱れから2点を奪われたのが響きました。それも(ベイスターズ内野陣においては)頼みの倉本が、ですからねえ。ランナーが邪魔になったのは気の毒でしたが、ただ結果としては痛い痛い悪送球になりました。

 これは一つのプレーの話であり視点としては寄ったものになりますが、もっと引いてチーム全体を眺めても『勝負所』『分水嶺』といった場面、試合でのパフォーマンス発揮は、今後ベイスターズがより上を目指すための必須条件となるでしょう。


 一方、投手陣は揃って頑張ってくれました。心配していた先発の三嶋ですが、6回を7安打1四球、3三振で3失点。しかも上述のプレーがからんでいて自責点は1ですからね。今季初登板としては充分の出来だったのではないでしょうか。

サンスポ 『 三嶋は援護なく黒星…「ゼロに抑えないといけなかった」

 四球1というあたりにも出ている通り、今日はストライクゾーン、もしくはその近辺にうまい事(?)球が散らばりましたね。直球にも力感がありましたし(球速は140キロ台半ばで、時折りシュート回転してましたが)スライダーも切れていましたので、相手からするとかなり打ちにくかったのではないでしょうか。だからこそ攻撃陣にはなんとか薮田をつかまえて欲しかったんですけどねえ……。

 三嶋個人の立場から考えると、取りあえず一軍に踏みとどまる足場はできたという感じではないでしょうか。今日が現在のベストピッチなのか、それとも平均的な出来なのか、はたまたもっともっと上の投球を見せられるのか、それは分かりません。おそらく次も先発で使ってもらえるでしょうが、登板を重ねていくにしたがってそのあたりははっきりしていくと思われます。ただ、今日の感じ(あくまでも今日の感じです)からすると、登板毎に出来の差が激しくなりそうな気がします。元々がそういう投手だと言えばそれまでですが(汗)


 それと、今日は山崎康がビハインドリリーフで登場しました。監督は「どこで結果を出して、どこで出していないか考慮して使う。田中、三上に代わってもらうこともある」とコメントしたそうですが、ここまでの経緯を考えるとチームの為にも本人の為にもその方が良いかもしれないですね。

日刊スポーツ 『 山崎康「きっかけに」今季初ビハインド登板

 今日は切れが悪くなっているツーシームは投げず直球ばかりの組み立てとなりましたが、球速自体は楽々140キロ台後半に到達していますし、力感も休養前よりは明らかにアップしています。ただ、彼の場合はやはり勝負球の出来になってくるでしょう。残り約20試合の状況では画期的な改善は望むべくもありませんが、来シーズンにはなんとか復活を果たしてもらいたいところです。




posted by omune at 22:27| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

ベイスターズ雑感 久しぶりの感覚を味あわされた (20160830)

 なんというか、観ていて辛い負け方でしたね。

日刊スポーツ 『 広島 対 DeNA

 これはあくまで個人的な話になるのですが、数年前に何度も感じさせられたあの感覚、それを久方ぶりに思い出させられた。なんだかそんな後味で気分が重たいです。それほどまでに双方の野球の内容には差がありました。

 無論、それは一試合の内容だけで判断すべき事ではありません。また、明日、明後日とベイスターズが勝利する可能性もないわけではありません。しかし、はっきりしているのはカープがやってみせた野球、打撃は紛れもなく強いチームのそれだったという事です。

 あ、いかんいかん。こんなのはただの愚痴ですし、これくらいにしておきましょう。まあ、たまには、ね(え? たまじゃないって?)


 井納ですが、今日は(いつもの通り?)球が散らかってしまっていましたね。これをことごとく見逃されて、どうにも波に乗れなかったという印象です。2回の四球からホームランがその典型だったように思います。それと常に先、先に失点をしていってしまったため当然ながら勝ちパターンの投手を出す事ができず、7回の破たんを招く結果となりました。6回表に代打を出さざるを得なかったのも、ビハインドの状況だった故でしょうし。

日刊スポーツ 『 井納「ふがいない」5回3失点粘投も反省


 話は変わりますが、あそこで試合の流れをひっくり返せなかった時点で敗色はかなり濃厚となりました。そういう意味では(場面の重大さという意味では)代打、飛雄馬はちょっと荷が重かったですかね。あ、でも後藤もこのところ結果が出ていないんでしたっけ? 一時の得点圏の鬼、エリアンもこのところスイングが荒くなってますしねえ。あとは左対左でとっておきの下園というところでしょうか。

 うーん、そう考えると飛雄馬は妥当な選択肢だったのかも。つまり、春先と違って代打層がかなり苦しくなっているチーム状況こそが問題と言えるのかもしれません。
 

 で、その後なのですが外国人投手二人が炎上。二人とも井納以上にボールをコントロールできていませんでした。

 ブロードウェイはまあ今さら意外でもなく(個人的見解)「あーあ、やっぱりね」という印象。確かに常時150キロ以上を出しているのですが、角度がありませんしなによりストライクが入らない、際どい所にもいかないというところで、おそらく打者からすればまったく怖さを感じなかったでしょう。挙句は登場早々、一塁ランナーにディレッドスチールされ、さらにはセカンドに暴投と、とても重要な場面を任せるわけにはいかない内容でした。

 またぺトリックも、今日は酷かったですねえ。コントロール命の投手なのにああボールが先行しては、カープ打線は見逃してくれないでしょう。先日崩れはしたものの、それまで先発でそこそこのイニングを持ち堪え続けてくれた投手だけに、ちょっと首をかしげざるを得ないですね。リリーフがよほど性に合っていないのでしょうか。

 で、この二人なのですが(ぺトリックを先発で使うのでなければ)現在の状況から判断する限り、おそらく来シーズンの契約はないでしょう。それならば、いっそ二人とも日本人投手と入れ替えてしまっても良いかもしれないですね。たとえば若手投手に、CS争い真っただ中のマウンドを経験させるだけでも(ビハインドリリーフであったにしても)きっと来年以降に活きてくるのではないかと思いますので。


 そんななか、筒香に37号が出たのは救いでした。これで40本まであと3本。いよいよ手が届く本数になってきました。また、宮崎は今日も右へ二塁打を放ち、変わらず安定した打撃を見せてくれています。他に倉本が猛打賞、梶谷にもタイムリーが出ていますので、うまく打線が機能すれば勝機を見出す事はできそうです。

サンスポ 『 筒香「本塁打は打ったけど試合に負けたのでどうでもいい」


 あ、救いと言えば、今日はスワローズもタイガースも揃ってお付き合いしてくれました。スワローズが勝てば1.5差に詰め寄られるところでしたから、ひょっとしてこれが今日、最大の救いかもしれません(苦笑)


 明日はいよいよ三嶋の登場となりますね。昨日も書かせていただきましたが6回3失点、7回4失点くらいを前提とし、攻撃陣にはなんとかそれ以上の得点を奪い取ってもらいたいところです。

デイリー 『 三嶋、今季初先発へ「投げたかったチーム」鯉打線封じる




posted by omune at 23:26| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

ベイスターズ雑感 カープ戦の二戦目先発は三嶋、三戦目は砂田との事 (20160829)

 昨日書かせていただきました明日からのローテーションについて、報道がありましたね。

スポーツ報知 『 三嶋、31日広島戦に今季初昇格先発

 上記リンク記事によりますと2戦目が三嶋、3戦目が砂田となるのだとか。うーん、なるほどです。

 山口が週末組に(ローテーションの、ですね)まわった事もあり、相対的に週前半組が相当に弱くなってしまっています。また、8月の勝敗を見ると週前半が2勝8敗、後半は7勝5敗と極端な成績差があります。

 そこに新風を吹き込む、勝敗の波を整えるという意味では、こういう戦略もありかもしれないですね。無論、結果はどうなるか分かりませんが。

 ちなみに8月に入ってからの、ファームにおける三嶋登板成績は以下の通りです。

8/10(対S:戸田:勝敗なし)
5回、23打者、84球、8安打、本塁打3、三振3、四死0、失点6、自責点6

8/17(対L:横須賀:敗戦投手)
7回、27打者、110球、6安打、本塁打1、三振8、四死2、失点1、自責点1

8/24(対F:鎌ケ谷:勝敗なし)
7回、28打者、106球、5安打、本塁打5、三振5、四死3、失点2、自責点2

 さて、皆さんの印象は如何ですか。数字上はここ2登板において調子を上げつつあるという印象ではありますが。

 個人的にはカープ打線を相手にちぎっては投げちぎっては投げという無双投球は、おそらく期待できなかろうと予想しています。7回を3点から4点でいってくれれば充分なのではないでしょうか。

 こういう書き方をすると三嶋には全く期待していない様に思われてしまうかもしれないのですが、決してそうではありません。現在のベイスターズにとってコンスタントにその数字をクリアできる(勝敗は別として)投手は貴重です。以前からは比較にならないほど戦力アップしてきているものの、それでも未だ『充実』の域までは達していないのは明らかです。

 なので、三嶋が生き残っていくためには『その不足部分を埋めるパーツ』『ローテーションの4番手、5番手』に徹する事の様に(他人事ながら)感じます。

 今オフのドラフトあるいは来季の外国人構成によっては、その立ち位置はますます小さく、遠くなっていくでしょう。その反面、三浦、久保康の年齢、モスコーソやぺトリックの処遇を考えると、その場所にしがみつくチャンスとも言えそうです。なので今回の登板から閉幕まで、三嶋にとって非常に重要なアピールの機会となるでしょう。

 個人的には入団したころの暴れ馬の様なピッチングに大きな魅力を感じていたのですが、故障もありましたし、ネットの情報をかき集めてみても現在の三嶋にそれを期待するのは酷の様です。しかし、そうして苦しんだ分、経験という財産もまた積み重なってきているはず。現在の自分におけるベストピッチを見せてもらえれば(一ファンとしては)嬉しいですし、チームもまたそれを望んでいるのではないでしょうか。




posted by omune at 20:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベイスターズ雑感 悪条件を耐え抜いた我が投手陣 (20160828)

 長い雨天中断になりましたね。現地観戦された方々、本当にお疲れさまでした。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 巨人

 昨日書かせていただきましたが初戦、2戦目を取れたからこそ、この試合は非常に大切なものとなりました。直接対決中のS―T戦の結果がどうあろうが、とにかく自らが勝たなければならなければ4位との差は1.5に縮まってしまいます。

 そんな試合を任された今永ですが、やはり不調時と比較すると球の力がかなり戻って来ているみたいですね。また、ピッチングタイルも緩い球を混ぜながらタイミングを外していくもので、これが効果的に決まっている様に見えました。

 そんな今永の課題は、やはり被本塁打を如何に食い止めるかになるのでしょう。今日も連打を食らわなかった代わりに(?)二発のソロホームランを浴びました。

 ただ、それでも降り続く雨の中、彼が6回を2点に抑えてくれた事が8回の大量得点に繋がったのは確かです。そういう意味でも先発投手の仕事は十二分に果たしてくれたと言えるでしょう。

 またその後を繋いだ須田、田中の好投も光りました。須田は切れの良いストレート、田中は左打者の内角から曲がり落ちていくカーブと、ぬかるんだマウンドにもかかわらず己の特徴をしっかりと発揮してくれました。

 このあたり、文句たらたらだったマイコラス、明らかに足元を気にして直球が浮きまくっていたマシソンとあまりに対照的でした。(今永も含めた)彼らのそんなプロの仕事が、勝利に結びついたというのは言い過ぎでしょうか。

サンスポTwitter 『 6回2失点の粘投でチームの勝利を呼び込んだ今永


 攻撃では今日もロペスが打ちました。本当に先日までの不調がまるで嘘の様ですね。筒香が今一つ調子に乗れない現在、ロペス彼特有の波の激しさ、特に振幅頂の高さがチームの救いとなっています。ホームランも見事でしたが、なにより8回に右へ転がしたタイムリーが、最終的には非常に大きな意味を持つ事となりました。

サンスポ 『 ロペスが先制ソロ「完璧。状態もいいし、自分のスイング」


 さて、月曜日を挟んで、明後日からはマツダでのカープ三連戦(ナゴヤドームD−T、福井、富山でのG−Sは二連戦)その後金曜日からは甲子園でのタイガース三連戦(東京ドームG−D、神宮S−Cも三連戦)となります。

 先発はC戦が井納−ジョンソン、久保康−福井、ぺトリック−九里で、T戦が石田−メッセンジャー、山口−岩崎、今永−青柳(岩貞?)という感じですかね。何れも厳しい戦いとなりそうですが、今後を考えるとここをなんとか5割で切り抜けたいところです。


追記
 対カープ2戦目の先発を久保康と書いてしまいましたが、いやいやいや、25日付けで登録抹消になっていたんですよね。すっかり失念していましたが、そうなるとこの日には間に合いません。

 となると、さあ、誰になりますかね? 前回、久保康が登板した24日にファームで投げていたのは三嶋で、結果も7回2失点だったようですから、順当にいけばいよいよ出番かもしれません。


 それとカープ側の3戦目ですが、九里は今日(28日)に1イニング投げてしまってますねえ。となるとさて、こちらは誰になるのでしょうか????





posted by omune at 00:26| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

ベイスターズ雑感 4回以降は圧倒的だった山口の投球 (20160827)

 勝ってくれましたねえ。4位のタイガースが負けてくれたという意味でも、この白星は大きな価値があります。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 巨人

 今日も昨日に続いて、各野手の『らしい』バッティングが目立ちました。その中でも筒香に左中間への二塁打が出たのは、明日以降への期待を膨らませてくれます。

 確かに強烈な打球、目の覚めるような一発が『筒香らしさ』ではあるのですが、その下地として(?)外角球をこうして左に跳ね返せるのもまた、筒香ならではと思います。

サンスポ 『 筒香、鬱憤晴らす一打に「先制できて良かった」

 このところ相手バッテリーのマークがきつく、バットの届く球は全部一発狙いの様なスイングが目立っていましたが、現在のチーム状況にふさわしい打撃をしてくれましたねえ。


 また、先日から5番に座った宮崎もまた、連日にわたり求められている仕事をしてくれました。1回の好機では引っ張って(詰まっていましたが)三塁線を抜いてみせ、5回の勝負どころでは初球を右に叩いて右中間突破と、やはり己のキャラクター、特性そのものの打撃でチームに大きく貢献しました。

 打順については(特に来シーズン以降については)ともかく、現在の選手構成においてはクリーンアップ候補のトップにいる選手である事に間違いはなさそうです(筒香はもはや『候補』ではないので)

スポニチ 『 山口、最多9勝目「チームが1番」&猛打賞・宮崎「毎日必死」


 そして山口です。3回、同点に追いつかれるまでは、球が散らかって苦しそうでした。しかし、それで気合を入れなおしたのか、4回からは人が変わったように素晴らしい投球を見せてくれました。直球は力感があり(スピードそのものも素晴らしかった)スライダー、フォークは切れ切れ。そして打者の打ち気を逸らすカーブと、圧倒的な内容でしたねえ。

 さらには120球を越えてきた9回にも、その球速、力感は衰えません。最後の一球(132球目)は、なんと驚きの149キロ。「150球くらいまではいける」という言葉に偽りがないところをしっかりと見せてくれました。

サンスポ 『 山口、G斬りで今季5度目の完投「これからも必死のパッチで頑張ります」

 展開的にも同点に追いつかれた後、味方が追加点を取ってくれるまでしっかりと抑えきってくれた事が、最終的な勝利に結びついたのは明らかです。また、菅野と並んでリーグトップの5完投、単独トップの3完封という数字も、胸を張って誇れるものですよね。来年は是非、怪我なくシーズンを送ってもらい(FAですけどね。おそらくは残ってくれるだろうという希望的観測のもとに)15勝と7つくらいの個人貯金をお願いしたいところです。


 昨日、今日と連勝してきたわけですから贅沢なのは承知なのですが、それだからこそ明日の試合は絶対に負けられない状況になりました。というのはですね、今日の試合結果によってスワローズとタイガースが(ゲーム差の上では)横一線に並んだからです。

 なので(T−S戦で)明日どちらが勝つにせよ、3位と4位のゲーム差は決して広がりません。逆にベイスターズから見れば、明日の試合に勝てば4位とのゲーム差は2.5のまま、負ければ(T―S戦の結果に関わらず)1.5差に縮まってしまうという事になります。そういう意味では非常に重要な試合になりますね。


 そんな試合を任せられた予告先発は今永です。このところ球が生き返ってきている様に感じますので、かなりの期待が持てるのではないでしょうか。ただ、それでも打線の援護は必須だと思われます。昨日、今日に続いて、なんとか先取点をプレゼントしてやって欲しいと願います。




posted by omune at 00:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする