2016年09月29日

ベイスターズ雑感 ☆ 永遠番長 SINCE1992- ALWAYS YOKOHAMA ☆ (20160929)

 三浦の25年の現役生活が、535試合目の登板をもって終わりを告げました。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 ヤクルト

 今日の試合は同時に年間勝率5割のかかった大切な試合でもありました。しかし(あくまでも個人的な想いですが)もういいですね。それは来年の楽しみに取っておく事にします。

 監督は事前のコメントで『三浦の勝ちに拘らない』非情采配をコメントしていました。しかし、実際は打たれても打たれても、責任回数通過までは全く動こうとしませんでした。そして締めくくりに打席と、最後の打者との勝負をプレゼントするという心憎い演出。いや、もう、参りました。なんというか目の内側がひりひりしましたです。

 個人的な三浦に対する想いは先日書かせていただきましたので、今日はやめておきます。書こうと思えば、まだいくらでも書けるんですけどね(笑)

 ただ、ベイスターズファンにとって三浦がどういう存在だったか。その答えはぎっしりと埋め尽くされたスタンド、打たれても打たれても止まない声援、拍手、テレビ画面に映し出されたファンの泣き顔が示してくれていると思います。そう言えば、いつもは良くも悪くも両チームに公平な(他チーム放送と相対的な比較(笑))CS中継も、今日は三浦の話題ばかりでした。

 試合終了後のイベント、そこで流された映像、挨拶、18回の胴上げ、場内周回時のファン皆さんの「ありがとう」の声、すべてが素晴らしいものでした。

 映像中において権藤元監督が語った「(若い頃の)三浦はどうすれば自分が一軍で生き残っていけるかをずっと考え続けていたのだと思う」(意訳)というコメントは、まさしくイメージにぴったりの言葉ですし、これからが大切な若い選手達に向けての金言でもあると思います。

 これらは、ボロボロのチームを何年も支え続けてきてくれた三浦がチームに残してくれた財産とも言えるでしょう。そしてその今後は、今やチームの主力となりつつある(既になっている)若い選手達に託される事になりました。

 長く長くホエールズ、ベイスターズを見続けてきましたが球団史上、彼ほどファンに愛された選手はいないのではないでしょうか。少なくとも私が見続けてきた中ではそうです。事その点に限って言えば、あの大魔神佐々木よりも、ローズよりも、平松や松原、田代といった球団史上に残る選手達よりも、です。

 こんな(色々な意味で)格好良い選手、ファンに愛される選手が今後のベイスターズに一人でも多く現れて(増えて)いってくれますよう、より応援しがいのあるチームになっていってくれるよう、心の底から祈っています。

 三浦はしばらくチームを離れ、野球の勉強をしていくのだとか。しかし、いずれはここに(横浜に)戻ってきたいとコメントしてくれています。寂しいですが復帰のその日を心待ちに、これからもベイスターズを見守っていきたいと思います。今まで本当にありがとう。そしてこれからもどうぞよろしくお願いします。

 今日で2016年のレギュラーシーズンは終わりましたが、今年のベイスターズにはまだ戦いが残っています。同士の皆さん、お楽しみはこれから、ですね。お荷物と言われた弱小チームがどんな戦いを見せてくれるか、私も最後まで見届けたいと思っています。




posted by omune at 22:40| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

ベイスターズ雑感 苦しい試合展開でついに2位の可能性が潰える (20160928)

 やられましたねえ。加えてジャイアンツが今日も勝ちましたので、2位の可能性は完全に潰えてしまいました。

日刊スポーツ 『 ヤクルト 対 DeNA 』

 痛かったのは、やはり今永の出来という事になるでしょう。直球の球速は147キロまで出ていたものの、変化球も含めてコントロールに苦しみました。序盤はフルカウント連発、やがてそれが四球連発に変化し、そして甘く入った球を痛打されました。

デイリー 『 今永 最終登板は五回途中5失点「ズルズルいってしまいました」


 こうして引き離しては追いつかれる状況を繰り返してしまうと、大抵は良くない結末が待っています。今日はそんな予感が的中するどころか、最悪の展開となってしましました。

 うーん、昇格したての小林寛には荷が重かったですかねえ。一球目も高く浮いていましたし、二球目は吸い込まれるように打ちごろのコース、高さに行ってしまいました。展開を考えてもホームランだけは避けなければいけない場面だったのですが。

 小林寛がどうこうというよりも、これまで須田がこうした場面でどれだけ素晴らしい球を投じ、どれだけ大きな働きをしてきてくれたのかを実感させられた気がします。その離脱は、今更ながら本当に痛いですね。

 ただ、これもいつも書かせていただく事ですが、こういう時に故障者にひけをとらない代役を立てられるもチーム力の一要素です。戦力層、選手層という事になりますが、ことリリーフ陣においてベイスターズは頭数、戦力レベル共に不足していると言わざるを得ません。現有戦力の底上げ、ドラフト、外国人獲得などでどこまで厚くしていけるかは、今オフの大きな課題となるでしょう。それは無論、打線や守備陣についても同様ですが。


 そんな敗戦のなか、筒香は今日も打ちました。初球、二球と外角球で1B1Sとなり、そこからやはり外角を狙ったスライダーがど真ん中に入って来ます。このワンチャンスを見逃さずにスタンドに叩き込むのが凄い。まったく回転軸がぶれない、『これぞ筒香』とでもいうべき美しいスイングでした。

サンスポ 『 筒香、先制44号2ラン!「チームに勢いを付けられてうれしい」

デイリー 『 筒香、先制2ランも空し「負けたら意味がない」心は番長ラスト登板へ


 それと、宮崎の一発も素晴らしかったですねえ。内角寄りに見えましたが、腕を畳み、腰を回してレフトスタンドへボールを運びました。筒香とはまた別の意味で、見事なホームランだったように思います。


 また、ロペスもホームランこそ出なかったものの外角球を右へ狙い打ってタイムリー。こうして中軸選手達に当たりが出続けていますから、明日の試合は期待が持てるのではないでしょうか。


 それは無論、三浦の引退試合であるからという意味もあります。ただ、それだけではありません。個人的には今日勝って、明日は三浦ができるだけ長く投げられる状況を作りだして欲しいと願っていました、しかし、それが叶わなかった事で明日はどうしても勝たなければいけなくなりました。

 今日の結果で2位はなくなりました。しかし、明日の試合には勝率5割がかかっています。私は2位よりもこちらの方がよほど重要だと思っています。選手や監督、コーチ陣には決して気持ちを切らす事なく、貪欲に勝利を目指して欲しいと願いますし、それが結果的に三浦への最高のはなむけになるでしょう。贅沢を言えば勝ち投手の権利もとなるでしょうが、先日の監督コメントからすると、それはちょっと難しいかもしれないですね。

日刊スポーツ 『 三浦、最終登板へ全員が「18」 24年連続勝利へ




posted by omune at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

ベイスターズ雑感 須田は肉離れ、ではあるものの歩けているのだとか? (20160927)

 我々ファンがやきもきしつつ待っていた、須田の診断結果がようやく報道されました。

日刊スポーツ 『 須田は左太もも裏の肉離れと発表

 大方の予想通り肉離れという事です。全治については触れられていませんが、とある専門サイト様によれば一般的な治療期間は軽度(T度)で2週間程度、中度(U度)で1〜2ヶ月程度、重度(V度)で3ヶ月以上との事、別のサイト様では『復帰までの目安』がT度からそれぞれ1〜2週間、3〜4週間、10週(2か月半ですね)とされています。

 こういう場合、『治療期間』と『プレーできるようになるまでの期間』『求められるパフォーマンスを発揮できるようになるまでの期間』は当然異なってきます。また、程度も本来なら綺麗に線引きできるものではありませんし、個人差もあるでしょう。

 ただ、まとめサイト経由の情報では(こういうのばっかりですみません)『普通に歩けている』という話でして、そうならば心配していたよりは軽症で済んだのかもしれません。となると、キャンプインには充分に間に合ってくれるでしょう。

 なお、これも各専門サイト様で言われている事ですが、肉離れは回復後、筋肉に痕跡(しこり)が残る事が多く、そうなるとそこがまた断裂しやすくなる、つまり癖になるということだそうで、その程度は回復時の対処で随分違ってくるのだとか。須田は今やチームに欠かせない戦力ですので、たとえ復帰が少し遅れても慎重に、出来得る限り良い状態まで回復させて欲しいところです。




posted by omune at 19:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

ベイスターズ雑感 大きかった6回表の中継プレー (20160924)

 昨日、一昨日は業務が(例によって)獣のように夜遅く、鳥のように早かったため更新ができませんでした。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 巨人

 2位奪取という視点で考えれば数字的にはまだ苦しいですが(そもそも他力本願になりますし)CSファースト・ステージの前哨戦という意味では大きな2連勝になりました。

 この試合の明暗を分けたのは6回表裏の攻防だと思います。やはり梶谷、筒香の一発が目立ちますし、報道もされるわけですが、それ以上に相手の攻撃を村田の3ランまでで食い止められたのが大きかったのではないでしょうか。

 ギャレットの当たりはセンターオーバー、あと少し高ければフェンスを越えるかという当たりでした。桑原はこれを深追いせず、打球のバウンドを視認、カバーの梶谷に処理を任せました。そこから中継の宮崎、白崎へと送球がどんぴしゃで繋がっていって三塁を狙ったギャレットを封殺。下手をすれば無死三塁、そうでなくても二塁となるところでしたし、その後に倉本のファンブルがあった(結果は打者走者が全力疾走せずにアウト)事を考えても重みのあるプレーとなりました。特に宮崎から白崎への送球が素晴らしかったですねえ。

 その裏、戸柱のライナー性ヒットをセンターが打球判断を誤って後逸。走者一掃で一気に同点に追いつきます。この二つの場面での結果差(無論、過程もですが)が最終的に勝敗に直結した気がしてなりません。

 この『差』ですが、つい最近まで相手チームに散々味あわされてきた感覚です。現在のベイスターズはまだ『野球巧者』ではないでしょう。もしもそうであれば、もっともっと勝ち星を伸ばせているはず。ただ、それでもマイナスではなくプラスの面で『差』を感じられる事が増えてきているのもまた事実。チームの強化が着実に進みつつあるのを感じます。来シーズン以降もこの流れが続いていけば、チームのリーグ内での立ち位置は数年前までと全く違うものになっていくでしょう。


 攻撃においてですがロペス、梶谷は好調を維持してくれています。どちらの一撃も素晴らしい打球でしたし、しあい展開的にも大きな価値のあるホームランとなりました。特に梶谷のスイングが好調時のそれっぽくなってきた気がします。短期決戦であるCSであのブレイク時の様な打撃を見せてくれると、ファースト・ステージ突破の可能性が上がってくるかもしれません。

スポニチ 『 ロペス 止まらん4戦連発33号!梶谷は2戦連発


 そんななかで圧倒されるのはやはり筒香という事になるでしょう。まずは外角球を叩いて左方向に鋭い当たりのシングルとツーベース。その後、内角に来たフォーク(チェンジアップ?)の投げミスをライトスタンド上段へ放り込みました。

 外角に逃げれば左へ(しかも高さによってはスタンドへ)内角に来れば右へと、内容的にも完璧でしたねえ。来シーズンもぜひ同等、あるいは上を行く打撃、数字で、チーム順位をさらに上へ押し上げてもらいたいところです。

日刊スポーツ 『 筒香2戦連発43号、巨人に連勝1・5差


 そんな頼もしい試合内容にはなったものの、これまでリリーフ陣を支えてきてくれた須田に大きな故障が発生しました。映像を繰り返し見てみたのですが、体重を受け止めた左足がリリース後伸びていく時にやったみたいですね。腿の裏側の筋肉がつったのか或いは肉離れしたかでしょうが、見ている限りでは後者の可能性が高そうです。

 で、問題はその程度。肉離れには程度があって『伸ばした』(T度)、『部分断裂』(U度)、『完全断裂』(V度)とあるそうですが、いずれにしても重要なのは(癖になる可能性が高いため)慎重に、できるだけ良い状態まで治す事だそうです。つまり、CS出場が絶望的とかいうレベルではないという事ですね。

スポーツ報知 『 左太もも裏負傷の須田が登録抹消、貴重なセットアッパー今季絶望か

 そう考えると(言葉は悪いですが)故障発生がこの時期だったのは不幸中の幸いだったのかもしれません。来シーズンの事を考えれば、ですね。

 いずれにせよ、見ているしかないファンとしては球団からの(怪我程度の)正式発表を待つしかありません。繰り返しになりますが、今シーズンのAクラス進出に、須田がどれほどまでに貢献してくれたかは振り返るまでもないでしょう。来シーズンの開幕に、あるいは途中からになったとしても、元気に復活を遂げてくれるのを心から祈ります。


 ここから先は余談なのですが、シーズンも終わりという事で、各チームで引退試合が行われています。昨日は某局でマリーンズ、サブローの引退試合が詳しく報じられていました。うぐいす嬢さんの長い長い「サブロ〜〜〜」はやばかった。贔屓とは別チームの選手であり、特段思い入れがあるわけでもありませんが、それでも決して大げさではなく、長くプロ野球を背負ってきてくれた選手の引退には強く感じるものがありますね。

日刊スポーツ 『 「サブロ〜〜〜」ラストコールは7秒38

 で、思ったのが「これは三浦の時はまじでやばいぞ」という事でした。仕事がありますので球場に駆けつけるわけにはいきません。のでいつもの通り映像観戦になるのですが、いや、本当に涙腺がやばい事になりそうです。

 この試合、ホーム最終戦であり同時にシーズン最終戦でもあるわけですが、できる事なら三浦に1イニングでも長く投げてもらいたいもの。そのために明後日(28日)の神宮戦は必ず勝ちたいところです。その時点でチームは70勝に到達、シーズン勝率5割が確定しますので(という事はつまり交流戦抜き、同一リーグ相手のみで計算すれば既に5割以上が確定しているという事になります)




posted by omune at 17:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

ベイスターズ雑感 ホームラン6本で逆転快勝 (20160923)

 やりましたね。先発石田が崩れての劣勢を見事に跳ね返しての逆転勝利となりました。

日刊スポーツ 『 巨人 対 DeNA

 数字的には2位に上がるのは難しい状況です。ですからそこに拘る限り、この勝利の価値はあまりないかもしれません。しかし、いずれにせよCS第1ステージで対戦する相手と、相手先発田口にこの試合内容で勝てたという意味で非常に大きいのは間違いありません。


 先発石田はかなり辛い内容となりました。右打者の内角低目へ行く球(左打者の外角)がストライクにならず(取ってもらえず?)非常に苦しい組み立てとなりました。ジャイアンツ打線が徹底的にそこを見決めようとしてきたのに加え、コントロール精度も低かったのかもしれないですね。坂本、村田に喰食らった一発はいずれもコーナーへの要求が中に寄ってきてしまった球でした。

 しかし、石田に関してはおそらくそう心配ないのではないでしょうか。引き出しが多いですし、上述へのコースへのコントロールがある限り、そう何度もこうして大崩れする投手ではないと思います。


 今日はその後を繋いだリリーフ陣がよく粘りました。ザガースキーも頑張りましたが、特に砂田が光りましたね。6回裏、二死満塁という窮地で登板。阿部に3B2Sから何球もファールで粘られましたが最後は切れの良い速球で空振り三振。コース的には結果オーライという感じではありましたが、それでも外れれば押し出しという状況にもめげずストライクを投げ続けた粘り腰がこの結果を呼び、直後の逆転劇へとつながりました。


 まずは白崎のソロホームランが狼煙となります。外角より甘いコースではありましたが、打った瞬間の一撃でした。2回、4回と走者のいる場面では併殺打、三振という散々な結果に終わっていましたが、イニング先頭打者だったこの打席で出ましたねえ。プロ入り以来、ホームランはすべてソロという記録を今日も継続。もうこうなったらソロだけで50本を目指しましょう!(これがフラグになって次は満塁ホームラン打ったりして???)

日刊スポーツ 『 白崎6号「またソロ」プロ13本全てソロ弾


 で、筒香です。いやあ、当たりとしても状況としても見事なホームランでしたねえ。打った瞬間にそれと分かる、センターへの一撃でした。直前の6回にはロペスが同点の2ラン、そしてこの回はロペスが四球を選んで筒香の満塁ホームランと3番、4番打者が見事に相乗効果を発揮しました。

 筒香は9回にも2打席連続のホームランを放ち107打点。2位の山田に7打点差をつけました。ホームランでも同じく山田に4本差ですね。打点、本塁打の二冠獲得がいよいよ現実味を帯びてきました。

デイリー 『 筒香が41号満塁弾 「2位になるために負ける訳にはいかない


 そしてロペスです。筒香と肩を並べるかの様に彼もまた2本塁打。特に一本目の同点ホームランは価値ある一発となりました。その後9回にも2ランを放ち、32号で91打点。あれだけ不調期が長かったとは思えない数字になってきました。それだけシーズン終盤での打ちっぷりが凄かったという事ですね。その波の大きさはある意味で彼の大きな弱みではあるのですが、その反面でこの爆発力はすさまじい。早々に来シーズンの契約を勝ち取ったのも当然と言えるでしょう。


 いや、良かった良かった。来期はより高みを目指す、大切なシーズンとなります。チーム戦力をさらなる維持、強化を考えるに、彼の残留決定は大きな一歩となるでしょう。

スポニチ 『 ロペスの来季残留が決定「横浜という街もチームも大好き」

 ただ、だからと言って中軸を張れる選手の獲得、育成の面で、手綱を緩めるべきではないと思います。シーズン当初目指していた5番を任せられる外国人選手獲得が早道ではあるでしょう(いつも書いていますども)逆に考えれば今シーズン、ロマックが前評判通りの活躍をしてくれていたら、チームとしてとんでもない打撃成績を叩き出していたかもしれないですね。


 という事で、第1ステージの相手に、おそらくは舞台となるだろう球場でホームラン6発を浴びせての勝利をあげる事ができました。レギュラーシーズン締めくくりに向け、良い勝ち方になりましたね。チームはこれで68勝69敗3分となり、勝率5割到達が見えてきました。残り3試合を2勝1敗で達しとなりますので、明日の(今度は横浜での)対ジャイアンツ最終戦は絶対に勝っておきたいところです。




posted by omune at 21:59| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする