2017年08月18日

ベイスターズ雑感 どうしてこうなった。皆さんのブログを回ってその理由を考えたい (20170818:未観戦更新)

 あああ、負けましたかあ。今日は第3次修羅場対応で試合を見られていません。だからこそ、なんとか勝って欲しかったですし、時々速報を覗いている限りでは中盤は勝ち展開に持ち込めていた様子。7回、それだけは打たれてはいけない一打を食らったのが痛かったようですね。

日刊スポーツ 『 巨人 対 DeNA

 とはいえ、それはスコアを見ただけの私が、これまでの経験則で言っているだけの事に過ぎません。成績表を見てみると一気の攻勢で逆転した直後に石田が打たれている事、三上の起用タイミング、エスコバー、砂田の回跨ぎ(特に後者)など、正直「ん?」と思わせる部分が沢山あります。

 このあたりはスポーツニュースやネットでの報道、巡回させていただいている沢山のブログ様などを見て、外枠だけでもつかませていただこうと思っております。というのは、今日の試合結果によって悪くすると(悪くすると、ですよ)後から振り返った時に『最悪』『大きな転機』と感じさせられる3連戦になるかもしれない。そんな嫌な予感がするからです。

 救いは昨日、一昨日に勝てていた事ですね。この3連戦が私の言う『最悪の結果』になったとしても、まだジャイアンツとの間には2のゲーム差が残りますし、残り2試合のどちらかでも勝てれば4を維持できます。

 明日は菅野と井納ですから正直、分が悪いでしょう。となると、明後日の3戦目が非常になってきます。また、明日まかり間違って勝てたら勝てたで(井納すまん。しかしそれが今の現実だと思う)その比重が軽くなることはありません。

 新人、それも復帰早々の濱口に(おそらくはそうなるでしょう)大きな負担をかけてしまう事になりました。それもまた今日の敗戦の重みです。




posted by omune at 22:39| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

ベイスターズ雑感 大活躍した2人のヒロインが面白すぎる&田中浩の足が心配 (20170817)

「なんて言ってるか分かんないです」
 いや、いつもながらベイスターズのヒーローインタビューは面白すぎます。確かに嶺井の第一声を聞いた時、たくさんのダミ声芸能人さんの顔が頭をよぎっていきました(笑)

サンスポ 『 今永がお立ち台で女房役を“通訳”

 という事で、昨日の記事で期待した通り、今日も勝ってくれました。ありがとうベイスターズ、すごいぞベイスターズ。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 中日



 さて、今日もやはり投手の事から書かせていただくべきでしょう。打線全体の攻撃力が落ち気味と言うのもありますが、その反面でシーズン終盤に来てこうして投手陣が目立ってくれるというのは、これから先の勝負を考えると良い傾向かもしれません。



 今日の今永は立ち上がり、非常に不安定だった様に見えました。コントロールが定まらず逆にいったり高めに行く球が多く、ヒーローインタビューでのコメント通り「どうなることか」という印象でした。それだけに、ここを無失点で切り抜ぬけられたのが大きかったですよね。

 それ以降も今日は決して好調には見えませんでしたが、徐々に嶺井の要求通りのところへ決まるようになり、またそれに合わせるかのように嶺井のリードが冴えわたっていきました。終わってみれば7回を見事無失点。見事に初の二桁勝利に到達しました。

サンスポ 『 今永「全部つらかったなという思いはあるんですけど、すべて助けられて10勝できた」

 前回も同じことを書かせていただいたかもしれませんが、同じく勝ち星を積み重ねているウィーランドと共通して言えるのは『悪い時でも悪いなりに試合を作ることが出来る』部分であるように思います。しかも彼はまだプロ入り2年目。数年後には15勝が当然の投手になっていてくれるかもしれないですね。



 また、中継ぎのエスコバーが今日も登場、京田の技とこちらの内野守備の間隙によって1点を失いはしたものの、またその存在感を増してみせました。やはり、左で(しかも変則フォームから)あれだけ威力のある直球を投げるというのは、それだけで大きな武器になりますね。

 それと、彼が入ってきてくれた事により、疲労が蓄積しているだろうリリーフ陣の負担が明らかに減っています。今日も田中健や砂田、それにパットンを使わなくて済みました。そういう意味で、彼の獲得はチームにとって大きなプラスの効果を生んでくれていると思います。



 野手では嶺井でしょうか。こちらもまた、このところ存在感を増しつつありますよね。

 昨日、9回表の大ピンチで彼の言葉が山崎康を立ち直らせたとの事ですし、今日も今永を活き活きとリードしていました。特にゲレーロを相手にした各場面での組み立てが非常に印象的かつ面白く、また頼もしく(そこに投げ切った今永もまたそうですが)感じました。

 また、このところ打撃が良い感じですねえ。バットを少し斜めに倒し後ろでの無駄な動きを省く、またバットコントロールをしやすくした構えだと(もちろん素人目ですよ)思われますが、1回、センター右へ打ち返したタイムリーは、外角低めの球をジャストミートしていた様に見えました。また、得点には繋がりませんでしたがレフトへのヒットも内角の難しい球を見事につかまえたもの。2本とも実に素晴らしいヒットでした。

 先日の監督コメントでレギュラー捕手は現在のところ戸柱とされていたらしいですが、同時にチームはレギュラーだけで戦っているわけではありませんし、レギュラー陣さえ強力ならば勝てるわけでもありません。投手同様、野手においても『選手層の厚み』という部分も非常に大きな影響があると思います。

 そういう意味で、高城も含め3人の捕手陣が揃っているという部分はベイスターズの大きな強みでしょう。その一翼として、嶺井にはさらなる飛躍を目指していって欲しいと願います。

サンスポ 『 ラミレス監督、2安打&好リードの嶺井を高評価「存在価値高まっている」



 さて、今日は相手のバルデスもまた、今永同様に立ち上がりが相当に不安定でした。2回からは急速に内容が落ち着いていったため、立ち上がりに3点を奪えた事(そしてこちらは無失点に抑えた事)が勝敗にそのまま結びつきました。

 その1回、筒香、ロペス、嶺井のタイムリーのお膳立てをしてみせたのが田中浩です。昨日の初回では同様の場面でセカンドライナー、ゲッツーとなってしまいましたが、今日はきっちりとゴロを転がし、2番打者としての仕事を見事果たしてくれました。

 また7回においても、その犠打(完璧なバントでした)がなければ内野ゴロでの貴重な追加点は上げられていません。いつもながら、地味ではあるもののチームの勝利に大きく貢献する仕事をしてみせてくれました。そしてこれは通算299個目の犠打となります。いよいよあと1つまで来ましたね

 こうした部分において(ここは打率や本塁打数といった数字にはなかなか現れないので)この選手もまた、獲得して大きなプラスとなった選手だと言えそうです。ただ、上述させていただいた犠打時の走塁により、どうも足を痛めた模様。ふくらはぎですかね。個人的に非常に心配しているのですが、探し方が下手なのかまだその後の情報が見つかりません。なんとか軽症であってくれると良いのですが――




posted by omune at 01:40| 東京 ☁| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

ベイスターズ雑感 先発、リリーフの踏ん張りがサヨナラ勝ちを呼び込んだ (20170816)

 仕事の修羅場第2弾が終了し、今日はなんとか試合を見る事ができました。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 中日

 こんな試合が見られて嬉しいです。ベイスターズは、そしてハマスタも変わりましたね。勿論、あのころ悔しさのなかで夢見ていた、他球団を見て妬ましく感じられていた、そういう良い方向に、です。

 同じサヨナラ勝ちでもなんというか雰囲気が明らかに違いますし、9回表の球場の雰囲気も凄かった。無死満塁の大ピンチでのあの拍手とさわめき。見ていて鳥肌が立ちました。そして振り続ける雨の中、あれだけの応援が響く横浜スタジアムの光景に感激至極です。いやあ、本当にあの横浜がなあ……(感涙)

 
 そんな9回の攻防が強烈な印象を残したこの試合ですが、やはりそこまで試合を持っていった先発、ウィーランドの仕事が大きかった様に思います。

 今日は雨のせいか、彼らしい精密なコントロールができず、2回はゲレーロに逆球となった外角低めを右に流し打たれ、福田には外角を狙った直球が真ん中に入って痛打を浴びてしまいました。

 しかし、回が進むにつれてそれも徐々に安定、内角外角低めの隅に直球がずどんと決まるようになり、変化球も切れを増してきました。先日も書かせていただきましたが、こうして試合の中で修正し先発投手としての責任を果たしてみせるあたり、さすがウィーランドです。

サンスポ 『 ウィーランドは納得の表情「シンプルにミットだけ狙って投げられた」



 また、山崎康もよく粘ってくれたと思います。はじめは直球が決まらず、ツーシームは落ちずと「どうなることか」と感じさせる投球内容でしたが、それでも暴れ気味の直球を主体に攻めはじめると急速にまとまってきました。このあたり、これまでの経験がものをいっているかもしれないですね。

日刊スポーツ 『 山崎康晃「目が覚めた」嶺井の助言で活路



 さらには中継ぎのエスコバーも、力のある直球が非常に印象的でした。少し変則的なフォームで球の出所が見えにくそうですし、タイミングも取りずらそうです。先発では打たれてしまいましたが、ショートリリーフであればこれからも大いに活躍の場がありそうです。



 そして、やはり倉本でしょう。甘く入って来たスライダーかと思いますが、完璧に弾き返して見せてくれました。

 夏前まではなかなか打率が上がらず、苦しんでいた倉本ですがシーズン中盤以降、徐々に徐々に調子を上げ、8月はかなりの数字を残しています。2割台前半(しかも前半の半ば)だった打率も、いまでは.260を超えてきました。これで桑原の調子が再び上がってくると、監督のお望みの打線の流れがより多く生まれるようになるのではないでしょうか。

デイリー 『 倉本がサヨナラ打「最高の結果になった」 山崎康、九回無死満塁抑える

サンスポ 『 嶺井、激走の末にサヨナラ生還「ストップかと。まさか回されるとは…」

 そうですね、嶺井の激走も非常に印象的でした。それと、彼がサードを回った時のスタンドの熱狂ぶりも凄かった。



 本当は(宮崎の守備ですとか捕手陣のことですとか)まだまだ書きたい事があるのですが、冒頭に書かせていただいたような状況で正直心身ともに疲労困憊です。ので、今日はこの当たりで失礼をば。修羅場はクライマックスの第3弾が明後日からは始まる予定です。終わるのは月末ですかね。

 明日は休みではないのですが、業務の間隙となる観戦可能日です。気持ちの良い、楽しい試合を見せてもらえるのを期待しております。うん、頑張っているご褒美をきっとプレゼントしてくれる事でしょう(?)




posted by omune at 00:56| 東京 🌁| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

ベイスターズ雑感 ベイスターズ勝利にもかかわらず自分は落胆の極み (20170813:未観戦更新)

 あああ、なんて事だ。なんて事だ、なんて事だ、なんて事だ、なんて事だあああああ!

 あああ、すみません。ついつい取り乱してしまいまして。

 実はですね、業務の都合上、どうしても今日の夜までに終わらせなければいけない仕事があったんです。なので、昨日から必死に頑張っていたのですが色々あってこれがなかなか進みません。あれやこれやとやっている間に昨夜は(というより、今朝ですね)明るくなるまでほぼぶっ通しの作業となりました。

 その後5時間ほど眠り、そこからつい先刻まで怒涛のノンストップ作業。なんとかかんとか終わらせることができました。いや、取り合えずは良かった良かった。……でも、正直辛かった(泣)

 しかしですね、作業終了の少し前にスマホを覗いてみたところ、なんとベイスターズ勝ってるじゃないですか!

日刊スポーツ 『 DeNA 対 阪神

 いやあ、昨晩は上述の様な事情で観戦できなかったわけですが「今日は絶対(録画してあるやつを)見よう」。その時、そう心に誓いましたよ。なんというかか疲労を回復する特効薬と言いますか、明日へのエネルギーと言いますか、そんなものを手に入れた感覚でした。

 ところが、ところがです! 夕食を済ませてたった今、レコーダーの電源を入れてみたところ――

(゚o゚;) ウ、ウソデショ、ウソダトイッテ……

 はい、お察しの通りです。なんと録れてませーん! はははっ、あははははっ!

 その代わりに、レコーダーからの言い訳めいたメッセージが表示されておりまして、なんだかスクランブルの解除確認が(スカパーなんで)うまくいかなかったみたいです。でも、今契約チャンネルを一回りしてみても、どこもちゃんと映るんですよねえ。一体どういう事なんでしょうねえ(泣)

 しかも、スコアを見る限りは濱口が復活、さらに筒香が2発と、ファンにはたまらない展開だったみたいじゃないですか。実は以前書かせていただいた修羅場第2弾が明日から始まる予定です。なので、今日は本当に貴重な観戦可能日だったんですよ。ああああ、悔しいいいいい!

「あ、い、いやいや、待て待て待て。まだ! まだニコ生の再放送がある、はずだ!」

 そう急いで接続してみたのですが、これまたついてないと言いますかちょうど筒香がバックスクリーンに放り込む直前でした。という事はあれですね、得点シーンはもう全て終わってしまったという事ですわね(脱力)

 ただ、あの一撃のスイングは(なにしろそれしか見られてませんから)かなりタイミング的に余裕とクッションがあり、さらには軸も全くぶれていなかった様に見えました。今日をきっかけに、その打撃がさらに上の次元に入っていってくれると、チームの勢いもまた一気に増していく事でしょう。



 まあ、しかしです。私なんぞが見られても見られなくても、ベイスターズが勝ってくれればなによりです。明日は鼻から無試合日ですから安心。その後、来週後半まではどたばたと仕事に追われる事になりそうです。それでも、見られる日は(時間的に可能な日は)なんとしてでも試合を見届けたいと思っています。頑張れベイスターズ、俺も頑張るぞベイスターズ!




posted by omune at 00:36| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

ベイスターズ雑感 勝敗は別として石田にはもう少しイニングを食って欲しかった (20170811)

 負けた負けた。完敗でしたね。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 阪神

 ただでさえ分が悪いハマスタでのタイガース戦。そこにもってきてこれだけ打たれてはちょっと勝ち目はありません。



 今日は石田らしさと言いますか、強味、低目のコーナー隅でカウントを稼ぎ勝負していく投球がうまくいきませんでしたね。直球変化球ともに際どい所に行かず、外れるか中に入るか。それ故に相手打者に打とうとして打たれ、より慎重に行こうとしてさらにカウントを悪くしていった。そんな印象でした。

サンスポ 『 石田、自己最悪7失点「打たれた後、頭の中を整理することができず…」

 とは言えです。いくら石田とてこういう日もあるでしょう。夏らしからぬ涼しさ、嫌らしい霧雨などの悪条件に加え、序盤のエラーて出鼻をくじかれた面もあったでしょうし。

 ただ、やはりローテーションの中軸としてせめて5回、できれば6回までは投げ切る、投げ切れる投球をして欲しかったところ。そこだけは本当に残念でした。

 放送で解説の川口氏に指摘されていた通り球数の事もあるでしょうし、たとえば3回に2死から甘い球を連打されたという様な失点の仕方もそうでしょう。ウィーランド、今永の粘りのピッチングを続けざまに見せてもらった翌日ですから、余計にそう強く感じさせられました。



 そういう意味で、チームは今日も加賀に救われました。

 便利屋として様々な役割への配置転換を繰り返され、また疲労もあってか2015年はわずか9試合の登板に終わってしまった加賀ですが、今シーズンはまたチームになくてはならない存在になっています。ビハインドでも勝ち試合でも、ここぞというところでのショートリリーフ。その大車輪の活躍には本当に頭が下がります。



 攻撃の方も、今日は岩田に完全にやられました。直球、変化球ともに切れがあり、しかもとにかく高め、というよりも甘いところにほとんど来ませんでした。

 ただでさえ、攻撃陣の勢いが失われぎみ(最終的にそこそこ点が入っているとしても、そこまでの流れ、勝負どころにおいて)ですから、これだけのピッチングをされてしまうと苦しいですね。投手VS打者という狭い視点で見れば、互角に戦えていたのは宮崎と見事な左中間突破のタイムリーを放った倉本くらいではないでしょうか。

 そのどちらも逆方向への打球で、これほどの内容をみせている投手相手にはこれしかないという様な打撃でした。特に宮崎は守備でも良いプレーをしてくれており、終始劣勢だった試合の救いとなってくれました。



 さて、明日は井納が先発となります。ここ2登板、6回5失点、5回4失点と今一つの内容となっていますが、ここは最低でもQSを達成し試合を作ってもらいたいところです。そうすれば、おそらく勝機はあるでしょう。ナイスピッチングを期待しています。




posted by omune at 00:46| 東京 🌁| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする