2017年06月23日

ベイスターズ雑感 これだけ失敗が重なるとやはり勝てない (20170623)

 いやあ、勿体ない落とし方をしましたねえ。

日刊スポーツ 『 ヤクルト 対 DeNA

 視点をひっくり返せば『よく粘った試合』だったと言えるとも思います。しかし、だからこそあと1点多く取れていれば、あるいはあと1点失点を減らしていれば勝てていたという現実が際立つ結果になってしまいました。

 1回、1死3塁でクリーンアップがランナーを返せず。3回、無死1、3塁で1塁ランナーが牽制死(グリーンにやられましたね)9回、同点に追い付いての1死3塁においてやはり上位打線で逆転できず。10回、代走に出た関根が牽制死。相手の好プレーにやられた部分があったのは確かです。それでもこれだけ得点機に失敗を重ねてしまうと、やはり勝利の女神にそっぽを向かれてしまいます。

デイリー 『 延長十回に代走が痛恨のけん制死


 無論、問題は攻撃陣だけにあるわけではありません。中盤、筒香の一発という最高の形で4点をリードしながらも井納がむざむざ吐きだしてしまったり、凌ぎあいの終盤で砂田が痛恨の失点をしてしまったりと投手陣においても勝負所での失敗が重なってしまいました。

デイリー 『 井納 六回に制球乱し痛打浴びる「みなさんに申し訳ない」

サンスポ 『 救援陣踏ん張れず競り負け…ラミレス監督「リードを保てなかった」

 リンク記事によればパットンは「体調不良」だったのですね。うーん、それについても少し心配です。


 さて、そんな痛恨の敗戦ではありましたが、攻撃において活発にヒットが出ている事は救いでしょう。特に筒香に力まないスイング(外角低めをバットコントロールで拾いました)からの一発が出た事、そこから3打席連続でヒットが続いてくれたのは明日に向けての期待ポイントです。


 明日は石田が先発します。攻撃陣にはなんとか今日の活発さを引き継いでもらい、早いイニングから勝ちパターンの試合展開に持ち込んでもらいたいところです。

 明日は地方出張で午前様帰宅が確定しており更新は不可能ですが、帰途にネットの勝利報道を梯子読み出来るのを楽しみにしております。




posted by omune at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

うんこ漢字ドリルを買ってきた

 先日、書店に立ち寄ったところ、話題になっているこちらがふと目に留まりました。

うんどり01.jpg

 『うんこ漢字ドリル 小学4年 』でございます。と言っても、我が家にその年齢の子どもがいるわけではありません。純粋に(?)自分が楽しむためだけに購入してきたわけです。

 はい、勿論、今さら小学校4年の漢字を学習しようというわけではありません。あ、でもいざやってみると実は書けない漢字が結構あったりするかもしれませんね。最近では仕事にせよプライベートにせよ、IMEにお世話になりっぱなしですし。ごくたまに役所などで自筆しなければならなくなった時「あら?」となる事もままあります(汗)

 で、何を目的で購入してきたかと言いますとお察しの通り、その毒気のある例文を心行くまで楽しみたいと思ったからです。いや、実は「そこまでか?」と店頭で少し躊躇したんですけどね。いざパラパラとページをめくってみましたら、あまりに面白い例文ばかりで一気に引き込まれてしまいまして。たとえば――

『松の葉っぱをうんこにつきさして、ハリネズミを作ります』

『父が、冷ぞう庫の野菜室にうんこを入れて大笑いしている』

『以前よりもうんこを自由自在にあつかえるようになってきた』

 すげえ……。でも、これらはまだまだ序の口です。こうした読み書きの例文がページあたり6文。それが100ページ程度ありますから全部で600文くらいでしょうか。たっぷりと収録されています。

 精神年齢が幼いのかもしれないのですが、私こういうの大好きなんですよ。寝る前などにどんどん読み進んでいくと段々と幸せな気分になってきます。おそらく600文完走なんてすぐでしょう。これは近々に他学年のドリルも購入する羽目になるかもしれないですね。

 実際、子どもってこういうの大好きじゃないですか。ただのドリルなら見向きもしてくれないお子さんでも、そこに『うんこ』があるだけで熱中してくれる可能性は非常に高いと思います。そういう意味では、実用的にもかなりの良作ではないかと思います。それでは締めの引用を――

『司会者が、ゲストに「うんこ野郎!」と発言し、大問題になっている』

 ……やっぱり凄いわ(笑) 皆様も是非是非ご一読のほどを。




posted by omune at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌、書籍、コミック | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

鉢植近況 サルスベリが今年も開花 (20170619)

 先日、蕾を膨らましつつある旨、記事にさせていただいたサルスベリですが、ここに来ていよいよ開花が始まりました。なお、この記事の内容、画像は6月19日現在の状況報告となっており、そのためタイトルの日付もそれに合わせてあります。

サルスベリ01.jpg  サルスベリ02.jpg

 現在の状況はこんな感じです。昨年は6月頭現在で同様の状況になっており、今年は少し遅れての開花となりました。

 決して株の調子が良くないわけではないのですが、おそらくこれだろうという理由があります。それは枝を落とす時期が早すぎたのだろうという事。

 花付きをよくするため、サルスベリは落葉期に当年枝(その前の年に延びた枝)を根元から落とす必要があります。我が家でも1月にその作業を行っているのですが、室内管理故2月中には新芽が伸び始め春を迎える頃にはすっかり葉が茂っています。

 昨年はそれでも特に問題なかったのですが、今年は(気温やその季節変化の違いでしょうか)直射日光を浴びる時間が急激に伸びてから、それまでに茂っていた葉を全て落としていきました。新しい葉を出しながら順次という形だったので丸裸にはなりませんでしたが、それでも春の派手な紅葉(常盤木落葉のような感じ)には少し驚きました。

 今にして思うと、これはおそらく『本当の夏用の葉(?)』への交換作業だったのだろうと思います。それまで(直射日光をあまり浴びずにいた間)に出していた葉は、夏の強烈な日差しには対応できないので、再度葉の取り換えを行ったのだろうと。そして当然と言えば当然なのですが、新たに出した芽や葉が落ち着くまで開花が遅れたのだろう。そう推測しています。

 来年はあれですね、枝落としをもう少し遅らせ、開花時期を今年と比べてみたいところですね。サルスベリ本来の開花期は7月とされており今年の状態でも決して遅いわけではないのですが、やはり美しい桃色の花を早く開かせてみせて欲しいですから。




posted by omune at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物、植物 | 更新情報をチェックする

ベイスターズ雑感 20歳の飯塚が見せてくれた大人の投球 (20170619)

 あああ…、相手のミス絡みにしろ金子をKOして、プロ初先発の投手が5回を零封して……、ああああ、ああああああああ……。それでも勝てませんか。がっくりです。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 オリックス

 なんてね(笑) まあ、こういう日だってありますよ。先発がなかなか7回8回まで投げる事が出来ない、或いはチーム戦略、戦術によって投げさせない状況において、毎試合の様に登板し働いてくれているリリーフ陣を責めるわけにはいきますまい。それを言っても、今日の結果をもって先行きを心配しても詮無きこと。どんまいです。

サンスポ 『 飯塚、白星逃すも好投「楽しく投げられた」

 明日からは(当初予定より1日短くなってしまいましたが)3日間の無試合日が挟まります。ここでコンディションを整えてもらって、リーグ再開後はまずはオールスターまでの間、獅子奮迅で働いていただきましょう。


 それよりも、です。飯塚の投球には驚きました。表情を変えずという事もありますが、投球内容そのものに於いても『大人のピッチング』を見せてもらったという印象です。とてもプロ入り3年目の、しかも一軍初登板投手のそれとは思えませんでした。

 フォークにしてもスライダーにしてもツーシームにしても、とにかくストライクからボールになる球が強烈でした。低めストライクコースから大きく落ちるフォークで見事に三振を奪ったり、右打者外角低目のスライダーを空振りさせて追い込み、直後にインコース膝元に直球を突っ込んで見逃し三振させたりとコントロール、コーナーワーク勝負の真髄を見せてもらったという印象です。そう、まだ20歳の新星に、です。

スポーツ報知 『 飯塚、プロ初登板5回2安打無失点も初勝利逃す

 ちなみにこの時の速度は133キロ。それをバッターは呆然と見送りました。


 なお解説、アナウンサー両氏によれば「直球時、変化球時でフォームが変わらない」「テイクバック時にボールが頭の後ろに入るので球の出所が見難い」との事です。

 いや、これは面白い投手が出てきてくれました。今日は中4日での投球という事で早めの降板となりましたが、次の登板があるのなら是非より長いイニングを投げてみせてもらいたいものです。それには無論、先発としての責任を果たしてみせる事が大前提となりますね。今日のピッチングが残念ながら『後にも先にもないもの』だったのか、それとも『ここまでとはいかなくても実力相応のもの』ものだったのか、それは登板を重ねていくうちにはっきりしていく事でしょう。

 さて、今回は今永が昨日、ノーゲームで投げてしまったゆえの出番でした。リーグ戦再開後は井納、熊原、石田、濱口、今永まではローテー確定でしょうし、久保も前回結果を出していますから順当にいけば6番目の枠が与えられそうです。

 その一方で試合後の監督コメントによれば「日程的に一時登録抹消するが、また使いたい」との事。7月4日、地元新潟で行われるタイガース戦での起用の可能性もあるとか。そこでまた結果を出してくれるようですと(無論、本当に登板があればですが)いよいよ飛躍の時がやってくるかもしれません。

日刊スポーツ 『 飯塚、初登板で5回0封「また使いたい」

 いずれにしても、彼はまだ3年目の20歳の選手です。どの様な経緯をたどるにしても、大切なのは数年後、より強くなっているあろうベイスターズの一軍マウンドで投げている事でしょう。そして今日のピッチングを見る限り、その可能性は十二分にあると思います。期待の投手がまた一人増えました。楽しみです。




posted by omune at 00:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

ベイスターズ雑感 雨天ノーゲームの振替試合は飯塚が先発 (20170618)

 今日はなんと試合途中で降雨ノーゲームとなってしまいました。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 オリックス

 特に先発の今永と山岡をはじめ、選手の皆さんには体調を崩さぬよう充分な配慮をお願いしたいところです。そしてなにより現地観戦の皆様、お気の毒&お疲れさまでした。

 ここまで梅雨時とは思えぬ順調さで、なんと1試合すらの中止もなく消化されてきた交流戦日程ですが、最後の最後で、しかもなんと我がベイスターズ戦が天気神の標的となってしまいましたねえ。


 なお、雨天中止恒例のパフォーマンスですが、元気印の高城と桑原がその大役を立派に果たしてくれました。特に桑原……(笑) 本当にご苦労様でした。心に風邪をひかないか、おぢさんは心配です(笑)

サンスポ 『 桑原&高城が雨中のパフォーマンス ファンを喜ばせる

サンスポ 『 桑原、まさかの“放置プレー” 元気よくダイヤモンドを走っている間に…

スポナビライブ 『 DeNA vs. オリックス(雨天中止)
↑無料動画。タイムカウンター02h50m20s位からが見せ場です

 いや、何度見ても面白いわー、すごいわー。昨日の『ホームランお出迎えキャッチャーマスク』もかなり笑いましたけどね。いや、いいキャラですよねえ、ほんと。


 さて、明日に順延となったこの試合ですが、横浜地方の天気予報は終日晴れ(ただし降雨確率は40%)となっています。予告先発は金子、そしてこちらはなんと飯塚との事です。

 これは大抜擢、そして大チャンスだなと最初は思ったのですが、一、二軍含めた投手の登板状況を見直してみると、なんと投げられそうな先発がいないんですね、明日は。月曜が元々無試合日なのが効いてますねえ。


 その飯塚なのですがイースタンでの直近の登板成績は――

5/31日(水):対G:横須賀
6回、76球、被安打2、被本塁打0、与四死球1、奪三振3、失点0、自責点0


6/7日(水):対E:泉
6回、90球、被安打3、被本塁打0、与四死球2、奪三振2、失点2、自責点2


6/14日(水):対M:平塚
6回、92球、被安打5、被本塁打0、与四死球3、奪三振5、失点2、自責点2

 となっており、その数字だけからすれば一軍昇格の資格は充分と言えるでしょう。ただ登板した曜日でお分かりになられる通り、今回は90球を投げてから中4日というスクランブル登板になります。このあたりが不安でもあり、また『実績を残さなければいけない』『アピールしなくてはいけない』立場の投手にとっては気の毒です。

 おそらくは5回あたりまでなんとか踏ん張ってもらい、昨日、今日と休ませられたリリーフ陣に繋いでいくのでしょうが、そのためには打線の援護が不可欠になるでしょう。昨日までの勢いをうまく持ち込み主導権を握るとともに、リリーフで勝負できる状況を作りだしてもらいたいと願います。




posted by omune at 17:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする