2017年06月29日

ベイスターズ雑感 猛打爆発でカープに雪辱を果たす (20170628)

 いや、もうあれですもん。ヒーローインタビューがもはや脱力喜劇ですもん(笑)

サンスポ 『 DeNA、お立ち台で“ムチャブリ合戦”

日刊スポーツ 『 DeNA 対 広島

 でも、こういうベイスターズが私は大好きです、ほんと。良いチーム、というのは外から見ているだけでは分からないでしょうが(それでも感じるものはたくさんありますけれど)ファン冥利に尽きるチームになってきてくれたのは確かだと思います。

 無論、順位を争っているわけで一試合一試合においてもシーズンの結果においても『勝利』は重要な要素です。この点においては暗黒期と比較すれば見違えるものの、カープの様に圧倒的な強さを身につけるという部分ではまだまだ発展途上にあります。昨日今日と、改めてそれを思い知らされる2連戦だったのではないでしょうか。

 それでも、です。対戦成績(勝敗)においては言うに及ばず、内容面においてもカープを走らせているのはうちではないと胸を張って言える、同時にカープの足元をすくえるチームになってくれつつある事もまた実感する事が出来ました。昨日は敗れたもののがっぷり四つの接戦(それこそ力の差であるのでしょうが)、今日は3回表終了時で0-4の劣勢をひっくり返しての勝利。二つとも非常に見応えのある試合でした。



 今日は石川と倉本が見事な働きを見せてくれました。石川は3回、外角速球に力負けせず逆らわず、7勝をあげている岡田攻略の口火となるセンター前ヒット、5回には戸柱の犠打で作った1死2、3塁のチャンスに見事一二塁間を抜くタイムリーと、下位打線の軸となる働きをみせてくれました。



 また、倉本も3週間ぶりの猛打賞。3回のタイムリー、4回の二死からのチャンスメイク、5回の追い打ちタイムリーと、安打の全てが大きな価値のあるものでした。なにより1、2本目のそれは昨年、安打を量産していた時期を彷彿とさせるバッティングで、明らかに春先とは打球の質が違うものでした。

 無論、このまま調子が上がっていくかどうかは分かりません。しかし、この調子で倉本が出塁率を上げてきてくれると、ラミレス監督が拘りに拘る『9番倉本』という打順がより機能する様になるでしょう。それは今日の試合が証明してくれていると思います。今後、倉本の調子がどう推移していくかは、案外オールスター以降のチーム勝敗に大きく効いてくるかもしれません。



 そして筒香ですねえ。今日のは明らかに狙って打った一発でした。その前の球のフルスイングを見た時は『三振』を予感しましたが、とんでもない。高めに浮いてきた球を『軸をぶらさないまま』に強振すると、打球は『これぞ筒香』という打球速度でライトスタンド場外(最上段?)に吹っ飛んでいきました。

 解説の衣笠氏は「これで本人の気持ち的にも随分と楽になるだろう」とコメントされていましたが、いよいよ筒香火山の大爆発期が到来するかもしれません。次のジャイアンツ戦が楽しみですね。ここで結果が続くようですと、その後も一気に行ってくれそうな気がします。

スポーツ報知 『 筒香、今季初の3戦連発!10号ソロで4年連続2ケタ弾「素直にバットが出ました」


 ところで次のジャイアンツ戦からは(本人納得の上で)筒香3番、ロペス4番という並びに組み替えるのだとか。正直、ちょっと意外でしたが、それでも調子を上げつつある筒香に一度でも多くの打席を回し、加えて相手バッテリーに勝負を避けさせないためには有益な方法かもしれません。その結果がどうなるかにも注目です。

日刊スポーツ 『 ラミレス監督、筒香3番に 巨人戦から打線変更示唆



 続いては宮崎です。いやあ、右に左にと実に宮崎らしいバッティングでしたねえ。5回の先行させた肘でヘッドを引っ張るようにつかまえたセンター前、そして6回の真ん中低めの変化球を完璧につかまえてのレフトスタンドへのホームラン。これを続けざまに見せてくれるのが宮崎というバッター。お見事としか言いようがありません。



 今日はさらに、梶谷にも値千金の逆転3ランが出ました。2死無走者からの3点でしたから、試合展開上これ以上ないほどの価値を持つ一打となりました。落ちる球をすくい上げるようにして左中間スタンドへという、これまた梶谷らしい当たりだったのではないでしょうか。

 このところ、チャンスでの凡退が目立ってしまって(私感です)いましたが、本人コメントによれば「調子は悪くないので、きっかけ、結果が欲しい」(意訳)との事。望んでいた結果が出ましたねえ。これが良いきっかけになってくれればと願います。



 最後は久保。確かに5回5失点というのはいただけませんが、それでも逆に考えると『5回5失点で踏ん張ってくれた』のが最終的な勝利につながったとも言えそうです。特に1回、下手をすると3点どころか4点、5点と失っていく可能性がある流れでしたものね。勝負球が吸い寄せられるように真ん中に行ってしまう状態のなか、よく踏みとどまってくれたのではないでしょうか。

 またその後は徐々に態勢を立て直し(さらに2点を失ったものの)大怪我をせずにイニングを食っていってくれた事も大きかったように思います。このあたりはベテランの味と言えるのではないでしょうか。

 ただ、まあ……、いつもいつもこうして大量点が奪えるわけでもないですし、次はなんとかQS達成を果たしてもらいたいところ。久保に限らず、先発があと1回でも2回でも多く投げるというのは、これから先の戦いを勝ち抜くためには必要な条件だと思います。



 ちなみに今日の勝利で6月の勝率5割以上が確定しました。これもまた朗報ですね。明後日、今月最後のゲームとなるジャイアンツ戦に勝利して是非月間の貯金、そして借金完済を達成してもらいましょう。




posted by omune at 00:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

ベイスターズ雑感 悪いなりに試合を作った濱口 (20170627)

 いやあ、惜しい試合でした。まあ、でも負けは負けです(泣)

日刊スポーツ 『 DeNA 対 広島

 どちらのチームにおいても『あと1点多く取る』『1点でも失点を減らす』事がキーになる展開となりましたが、中盤以降に一度ずつあったチャンスに決定打が出たか出なかったかが勝負の分かれ目となりました。さすが首位を走るカープの『チームとしての勝負強さ』は並ではありません。

 そんな相手に対し、濱口はよく投げてくれたと思います。ただ、調子自体はこのところでは最も悪かったのではないでしょうか。

 直球がいつもよりは球速数値的に振るわず、力感も少々落ちて感じました。変化球も抜ける球が多く、なにより序盤、あまりにもカウントを悪くしすぎました。篠原コーチのコメントによれば「バランスとタイミングが悪い」との事。

 そのためにコントロールがままならなかったのか、それとも調子が悪い故に大切にいこうとしてなのかは分かりません。いずれにしても4回までに7つの四球を出す結果となり、2回は押し出し、3回も四球でランナーを進塁させた結果の失点となりました。

 ただ、そんな状態にあっても6回を2失点にまとめてみせるあたりは大したもの。いつもながら本当に粘り強い投球を見せてくれました。5回、6回あたりになると段々と直球、変化球とも落ち着きを見せはじめ、エルドレッドや田中から膝元直球を見逃させて三振を奪うなど、攻めの投球が蘇ってきました。

 さすが、ここまでチームトップの5勝をあげているのは伊達ではありません。次回もまた、活きの良いピッチングを披露してくれるのを期待したいと思います。

サンスポ 『 浜口「調子はあまりよくなかった」 救援が打たれ6勝目ならず



 攻撃に於いて目立ったのは筒香。2試合連続のホームランを、今日もまたバックスクリーンに叩き込みました。

 外角の変化球(チェンジアップだそうです)を上手くつかまえた打撃でしたが、少し前までの様に回転軸がボールに引っ張りまわされなくなった感じです。また、このところの3本すべてがバックスクリーンというのもこれからさらに調子を上げてきてくれる予兆になりそう。身体の向きはライトスタンド上段という様な、強引なスイングからは決して出ない打球ですものね。明日からのさらなる活躍に期待大です。

スポーツ報知 『 筒香、今季初の2試合連続弾!バックスクリーンへ勝ち越し9号ソロ



 で、パットンですが……。うーん、またハマスタでやられましたか。(と言っても無論、打たれまくったわけではありませんが)

横浜スタジアム:20試合 失点試合6 被複数安打試合5

他球場:13登板 失点試合2(ただし有自責点試合は1)被複数安打試合2

 こんな感じになっていて、3本浴びているホームランも全てハマスタでのもの。だからと言って『ハマスタでは使えない』様な数字ではもちろんないのですが、『もしも失敗するならハマスタ』という可能性が高いのもまた事実です。球場補正という要素もありますから一概には言えませんが。


 このところ、こうしてリリーフが打たれるケースが目立ってきていますが、これまで酷使に耐えてきた彼らを責めるわけにはいきますまい。チーム総合力で一つ一つ、勝ちを拾っていってもらいたいと願います。なにしろほら、後ろからドラゴンズがぐいぐい来てますからねえ(汗)




posted by omune at 01:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

ベイスターズ雑感 オールスターファン投票で山崎康と筒香が選出 (20170626)

 今日は皆様お待ちかねだった(?)オールスターファン投票の結果発表がありました。詳細につきましては以下のリンク記事をどうぞ。

マイナビオールスターゲーム2017 『 ファン投票結果発表

 我がベイスターズからはまず、ストッパー部門で山崎康が選出されました。春先こそ苦しんだ山崎康ですが、中継ぎへの配置転換をきっかけに一気に調子を上げ、再び抑えに復帰。22試合連続で無失点投球を重ねました。

 中継ぎへの配置転換時、個人的には首脳陣に対して「もう今シーズンはずっとこの場所で投げさせるくらいのつもりでいて欲しい」と願っていました。ベイスターズはまだまだ、これから強くなっていかなくてはいけないチームです。そのためには山崎康の『絶対的ストッパーへの成長』が不可欠であり、そのための良い機会にしてもらいたいと考えたからでした。正直、今でもそれは(個人的な考えとして)変わっていません。が、その後の復調ぶりを見せられると、これはもう黙るしかないです。

 なにより感服したのはピッチングスタイルを大きく変化させた事です。不調時に目立った変化球に頼りきる(失礼を承知のうえ個人的印象として)組み立てから、切れの良いストレートを軸にどんどん向かっていくスタイルへ変身。いや、変身というよりも『回帰』でしょうか。それによって、変化球の効力も明らかに上昇しました。そしてなにより見ていて非常に心地良い、気持ち良いピッチングを披露してくれるようになりました。オールスターでも是非、その持ち味を存分に発揮してもらいたいと願います。

デイリー 『 山崎康が3年連続で球宴ファン投票選出 「3者三振狙う」


 もう一人は筒香ですね。今シーズンは長らく不調に苦しんできましたが、それでもこうしてファン投票で選出される選手になったのだという事でしょう。バッティングも段々と復調しつつあるように感じますし、オールスターが大爆発の良いきっかけになってくれると良いですね。

サンスポ 『 筒香が“全球フルスイング”宣言!「オールスターなので」



 さて、ファン投票では残念ながら選出されなかったものの、選手間投票、監督推薦での出場が期待される選手はまだまだいます。その一番手はなんと言ってもロペスでしょう。

 現時点においてその打率は.321(リーグ5位)、ホームラン15(リーグ3位タイ)、打点56(リーグトップタイ)と文句のつけようのない打撃成績を残していますし、ファーストの守備も一級品。前半戦のベイスターズ野手陣を支えた一人です。これで選ばれなければ嘘でしょう。2015年以来、2度目の(大リーグ時代は除く)オールスター出場の可能性は限りなく高そうです。


 2番手は戸柱。昨シーズンも新人ながら選出されましたが、2年連続の晴れ舞台出場を果たせそうです。

 とにかく捕手として(しかも全試合出場ではないなかで)リーグ6位の打点40は驚異的な数字。無走者時の打率が.099に対して有走者時は.365、さらに得点圏打率となると.377、3塁にランナーがいると.406、極め付きの満塁時打率が驚愕の.600(!)と『アピールポイント』が明確で『キャラがしっかりと立って』います。リーグ全体の捕手成績、状況を考えてもまず間違いないのでは? ひょっとすると、その可能性はロペス以上に高いかもしれません。


 3番手は宮崎です。その打率.333は現在リーグ3位。出塁率.402はリーグ2位、飛躍のシーズンとなってマスコミにも取り上げらえておりますし、選出の可能性はあると思います。その暁には、その素晴らしい打撃センス、技術を晴れ舞台で存分に披露してみせて欲しいところ。


 投手の方はどうでしょうね。他に可能性があるとすれば濱口でしょうか。新人ながら5勝はリーグ7位タイ、奪三振数70はリーグ4位、奪三振率も10を越えます。ただし、規定投球回数に(現段階では)約8イニング不足しておりますので、そのあたりがどう判断されますか。

 他は残念ながら(?)今永くらいでしょう。勝敗こそ4勝4敗ながら、2度の完封勝利は田口と並びリーグ2位タイです。そのあたりが評価されれば可能性があるかもしれません。


 ちなみに、皆様とうにご承知かと存じますがファン投票選出選手とそれ以外での出場選手との違いについては以下の通りです。

『ファン投票により選出された選手は、投手を除き2試合とも9回終了までに必ず出場させなければならない。また、ファン投票で選出された投手およびファン投票以外で選出された選手は、2試合を通し必ず出場させなければならない。』

 今年は第1戦が7月14日(金)、ナゴヤドーム、第2戦が15日(土)のZOZOマリンスタジアムとなりますので、山崎康の出番は2戦目という事になりますかね。野手である筒香は2戦ともにどこかで出番がある、と。そういう事になります。


 今後ですが、選手間投票選出選手の発表は6月29日、監督選抜選手の発表が7月3日となっています。果たしてどの様な選手構成となるのか、来週の月曜日が楽しみです。




posted by omune at 01:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

ベイスターズ雑感 今永の投球に頼もしさを感じる (20170625)

 今永、やってくれましたねえ。

日刊スポーツ 『 ヤクルト 対 DeNA

 9回を僅か4安打で、見事に今季2度目の完封劇を見せてくれました。それは結果ですが、大きかったのは打線が爆発した7回まで粘り強くスコアボードに0を並べていった事だと思います。

 実際、途中までは決して楽勝ペースの流れではなかったこの試合。1回、2回とチャンスに得点が奪えず、この間に先発が崩れてしまうと、勝敗が逆になっていた可能性もあったでしょう。コントロールが安定せず嶺井の要求と逆に、あるいは大きくずれてベースの中に行ってしまう球も数多くあった今永ですが、その中で大崩れしない投球をしてくれた事でチームは試合の主導権を握り、そして7回の決定機をものにする事が出来ました。

 以前にも書かせていただきましたが、とある解説者の方が「コントロールミスは誰にでもある。それでも良い投手と悪い投手には差があって、それはミスした球が何処に行くかだ」(意訳)という事をおっしゃられていました。今日の今永のピッチングを見て、その言葉をまた思い出した次第です。

 そう、確かに要求通りではないのですが、それがまた嫌らしいところに行ったり、直球であれば低目ぎりぎりの範囲で左右にずれるんですよね。加えてその直球に(数字上は140キロ台半ばなのですが)非常に力感、切れがある様に見えました。バットのヘッドを押し込んでいる様な感じを受けるのです。

 また、7回に点差が開いて以降は明らかに完投を意識した、良い意味でギアを落とした投球に切り替え、見事9イニングを一人でまかなってくれました。明日は無試合日ですし、リリーフ陣の疲労を考えるとこの働きはチームにとって非常に大きいでしょう。

 こういうピッチングと、そして仕事をしてみせてくれるあたり、やはり今永は並の投手ではなさそうです。この先ずっと、それも長年にわたってベイスターズのローテーの一角を守っていってくれるのではないか。今日の投球を見ていて、ふとそんな事を思いました。

サンスポ 『 今永が今季2度目の完封 「めちゃくちゃ疲れました」

日刊スポーツ 『 ラミレス監督、完封今永を称賛「すごくいい投球」


 攻撃の方は石川のベテランらしい、粘り強い投球にてこずりましたが、それでも中盤までにリードを奪い、今永を援護する事ができました。なかでも嶺井の一発は見事でしたねえ。外角高めに浮いてきた球を見事とらえ、左中間中段に叩き込んでみせました。

デイリー 『 嶺井が2年ぶり本塁打 左腕・石川対策期待に応える「守備も頑張ります!」


 3人が一軍登録されているベイスターズの捕手事情。総合力としては戸柱が頭一つ(いや、二つくらいかも?)抜き出ている状況でしょうが、嶺井や高城も数年前が嘘のような頼もしさを身につけてくれつつあると感じます。

 他球団のレギュラーと比べてそん色ない、あるいは上を行く選手をレギュラーに揃える事はむろん重要ですが、代打を含めて、彼らをカバーする選手がどれほどの実力を持っているか。その部分は長いシーズンの最終結果に必ず反映してきます。そしてベイスターズはこの点において、まだまだ充実をはかっていかなければいけない段階にあるチームです。

 そんななか、しかも非常に重要な捕手というポジションにおいて、こうして有望な選手たちがどんどん伸びてきてくれている事は数年後のチーム状況に大きな希望が持てる要素だと思います。そしてこの3人、戸柱が27歳、嶺井26歳、高城24歳と揃って若いんですよね。

 こうして考えると戸柱の獲得がもたらした戦力上昇効果がいかに大きいものだったか、改めて実感します。彼と共に、嶺井や高城がどこまで伸びていってくれるのか、一ファンとしても非常に楽しみです。


 そして筒香です。7回に飛び出した勝負を決める3ラン。実に見事な一発でした。外角低目、ボールのコース画を狙った球がストライクゾーン、しかも高めに浮いてきたのですがそれをどんぴしゃのタイミング、そして強烈な軸回転の打撃力でセンターバックスクリーンに叩き込みました。

 一昨日に出たホームランもセンターでしたし、少なくとも絶不調期に目立っていた力みに支配された状況は脱してくれた感じです。これで次のカードでも結果が出るようですと、いよいよ上昇気流に乗っていってくれるのではないでしょうか。

サンスポ 『 筒香が8号3ラン「感覚はだいぶ良くなってきている」


 ちょっと心配なのは宮崎。7回の打席で空振りした時に、ちょっと背中の筋やりましたかね? 直後の守備からすぐ山下に代わったので個人的にちょっと心配しています。

 ただ、ずっとベンチにはいたようですし、試合終了後のハイタッチの時も出てきてましたから大丈夫なのでしょう。おそらくは私個人の杞憂に終わると思いますが、それでもほら、決して怪我の少ない選手ではないですし、なにより絶対に必要な戦力ですから。

…o(;-_-;)oドキドキ

 とにかくしっかりとケアをして、明後日にはまた大暴れを見せて欲しいと願っています。




posted by omune at 01:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

ベイスターズ雑感 ただ勝利を喜ぶだけの更新 (20170624)

 タイトルの通り、これはただ今日の勝利を喜ぶだけの更新です。何故なら私はまだ、出張先で新幹線のホームにいるからです。今から30分待ちで暇なんですよ~。まったく時間が勿体ないったらありゃしません(泣)

 そんなわけで試合は一秒たりとも見られていないわけですが石田、良かったみたいですね。エースの復活、本当になによりです。

 明日も仕事なのですが帰宅後、就寝前に良いところをつまみ見だけでもしたいところ。ああ~、早く家に着きたいです。




posted by omune at 21:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする