2018年03月31日

ベイスターズ雑感 スコア的には惜しかったが内容的には惨敗 (20180331)

 今日は珍しく土曜日の休業日。テレビにてゆっくり観戦させていただきました。が、よりにもよってというかベイスターズは敗北。残念な休日午後となりました。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 ヤクルト

 バリオスは粘り切ることが出来ませんでしたねえ。って、元々そういうタイプの投手ではないのかもしれないですが。

 直球がスルスル動き、特に山田あたりは完全に翻弄していました。ただ、全般的にはやたらとカウントを悪くしてしまったのが一点、勝負球を振ってもらえなかった、あるいは良い所にいかなかったのが一点。そんなところで非常に球数を要する投球になってしまいました。

 このあたりは、昨日の石田の印象に通じるものがあります。ちょっと慎重すぎる気もするんですよねえ。そして、こういう投球をしていると、やはりどこかで捕まってしまうのは道理です。

 さて、今後はどうですかね。初登板という事で力みや慎重すぎる面もあったのかもしれませんが、次回は実力発揮といきますかどうか。もう少しストライクを先行させて自らを楽にしていかないと難しい気もします。

 主軸投手達の復帰後における一軍での居場所を確保できるかどうか。彼にとっては毎回が勝負のピッチングになるでしょう。捲土重来に期待します。


 一方、ソトの(1試合も出ずに故障とは(泣))代わりに一軍登録となったエスコバーは、150超えの直球を連発。好調のスワローズ打線を力で見事に封じ込んでみせました。バリオス、ソト次第となるでしょうが、やはり頼もしいリリーバーとして、一軍にいて欲しい投手ですよねえ。

 そして、その後を繋いだ砂田が実に素晴らしい投球を披露してくれました。コース、特に内角への変化球の出し入れが素晴らしい。昨日、今日投げた中で、文句なくトップの内容だったのではないでしょうか。



 そんな投手陣を援護すべき攻撃の方は、完全に石川の術中にはまってしまいました。印象としてはバリオスの完全対極にある様な、見事な投球でした。7回にようやくつかまえて降板させましたが、少し仕掛けが遅かった。

 それと最終回のバント失敗ですかねえ。失敗そのものも痛かったですが、それよりもコントロールで四苦八苦している相手に、みすみすストライクカウントを与えてしまったのが勿体ない。このあたり、進塁打を苦も無く連発してみせたスワローズとの差が歴然でした。このあたりが『惨敗』と表現させていただいた理由です。


 先発投手陣の状況が状況です。やはり打線が助けてあげないと(今後も)苦しい試合展開になるでしょう。今日の終盤の反撃が、上昇のきっかけになると良いのですが。


 そんななか躍動したのが新人、神里です。強烈に引っ張っての2塁打も見事でしたが、7回のタイムリーはチームにとって大きな救いとなる一本でした。いや、シャープなバッティングをしますねえ。2試合だけですからまだまだこれからですが、充分にレギュラー候補の資格がある活躍でした。



 最後になりますが昨秋より、いただきましたコメントへのレスが滞ってしまい、大変に申し訳ありませんでした。書き込みくださいました皆様へ心よりお詫びと御礼を申しあげます。

 なお、明日は仕事のため、ひょっとすると更新が難しくなるかもしれません(静岡出張です)というよりも、今シーズンの更新回数は例年と比較して少し(かなり?)少なくなるかもしれず、また無理はしない範囲でと考えております。そんなダメダメブログではありますが、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。




posted by omune at 17:21| 東京 ☀| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

ベイスターズ雑感 勝負所で結果を出せなかった開幕戦 (20180330)

 うはあああああ! 負けたはああああああ!

日刊スポーツ 『 DeNA 対 ヤクルト

 いきなりの大和エラーで出鼻をくじかれた部分もあったのでしょうか。石田は、勝負所で球が甘く行ったのが痛かったですねえ。1回2死からの坂口への一球然り、3回2死からの川端への一球然り。特に後者が試合の結果に大きな影響を与えたという印象です。

 球自体は直球、変化球ともに行っていたのは間違いありません。ストレートは140キロ台後半がポンポン出てましたし。ですから尚更、細かいところへあまり決まらなかったのと上述させていただいた勝負所でのコントロールミスが痛かった。開幕投手というところで、セルフコントロールが難しかったのかもしれないですね。しかし、あの球を見れば、次回はきっとやってくれるでしょう。

 そういう意味で言えば、1回の大和のエラーもそうだったのかもしれません。結果として早々の失点につながってしまいましたが、これも良い禊となったのではないでしょうか。ヒットも出ましたし、明日からはその実力を遺憾なく発揮してくれるでしょう。

 「ヒットが出た」と言えば、クリーンアップにそれぞれヒットが出たのも、明日以降へ向けて弾みとなりそうです。ロペスの宮崎の一発は何れも『らしい』一撃でした。特に宮崎のライト内には惚れ惚れですねえ。少し甘く入った球でしょうが、それを差し引いてもあのコンタクト力は素晴らしい。今年も、というよりも去年以上にやってくれそうな気がしてきました。

 また、筒香にもファールにはなりましたが凄まじい飛球がありました。ほんの僅か内側に入っていれば今季第1号でしたね。昨シーズンのそれは開幕22試合目、92打席目でしたが、今年ははるかに早く我々を喜ばせてくれそうです。明日は昨年、あまり打てていない石川が相手ですが、もしかしたらもしかするかも??????

 他に目を引いたのは三嶋です。いやあ、とんでもなく良いボール放ってましたねえ。150超えの直球もありましたし、なによりボールの力感が少し前とは段違いに見えます。きっちり1イニング1個の四球を出すあたり、らしいと言えばらしいですが、今日投げた中で最も躍動した投手なのではないでしょうか。


 最後になりますが『目を引いた』と言えばオープニングセレモニーです。いやいや、ドローンの編隊飛行、そしてマウンド上での選手紹介、抜群の演出、抜群の格好良さ。さすがですねえ。そして何より格好良かったのが、最後に流された筒香の主将訓示(?)。その意識、その言葉選び、その雰囲気、本当に格好良いと思います。

 弱く、負け続け、毎日悲しかったあの頃、出現を待ち続けたミスター、ベイスターズ(当時、こちらのブログにも書かせていただいた記憶がありますが)そんな出現を待ち続けた『格好良いプロ野球選手』が現実にそこにいる事、それを実感させられる映像でした。ファンとして本当にうれしい限りです。

 その言葉を思い出すと今日、チーム全体として堅さが感じられたのはある意味仕方がないことだったのかも知れません。何事もそうだと思いますが『目標』を真剣に、現実として考え取り組もうとすればするほど、緊張もしますし、その達成は逆に困難なものに見えてきます。それを乗り越えるためにも、まずは1勝ですね。明日の今シーズン初勝利を大いに期待します。




posted by omune at 00:24| 東京 ☀| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

ベイスターズ雑感 今年は何位ですかねえ2018 (20180329)

 皆様、お久しぶりです。そう書かせていただいた前回の書き込みから、またかなりの日数が経ってしまいました。公私ともに色々と忙しく、なかなか思うように更新ができない今日この頃、それでもシーズン前の素人展望は書き残しておきたいところです。

 キャンプ、オープン戦前半までは非常に順調と伝えられたベイスイターズの調整ですが、ここに来て必須戦力である今永、濱口、ウィーランドの三人が離脱状態となり、暗雲が垂れ込めてまいりました。

 実際、彼らがいつ頃復帰して来るのか、そしてそれ以降、どの程度の活躍を見せてくれるのかで、今シーズンの結末が大きく変わってくるのは間違いないのではないでしょうか。

 ただ、それですべてが決まるわけでもないですし、またそれだけでシーズンを諦めなければいけないのであれば、まだまだ『Aクラス確定』と言えるチーム、戦力に達していないとも言えそうです。

 逆に考えれば、これはチームとしてさらに足場を固める、戦力値をアップさせるチャンスかもしれません。なるほど、主力3投手の離脱により開幕時のローテーションには実績のない選手たちを並べざるを得ない状況となりました。状況に大きな変化がなければおそらくは――

3/30(金)横浜 対S 石田
3/31(土)横浜 対S バリオス
4/01(日)横浜 対S 京山
4/02(月)
4/03(火)
4/04(水)横浜 対T 飯塚
4/05(木)横浜 対T 東

 こういう順番になりそうとの事。熊原は惜しかったですけどねえ……。一番大切な登板でやらかしちゃったのは勿体ない限り。

 まあ、それはそれとして、井納が中継ぎに回ったこともあり、5人中4人が昨年のローテーション外の選手であり、その出来がこの一週間のチーム勝敗に大きく影響してきそうです。

 ただ、当初よりローテーション入りが期待されていた東、なによりオープン戦で実績を積み重ねてきた飯塚が期待に応えてくれると、チーム先発陣の層はさらに一段と厚くなります。

 今日の報道によればウィーランドと今永は4月中の復帰が見込まれるとの事。また、横須賀では濱口もブルペンに入っていたとか。朗報! これは朗報です!

 でもですねえ、こればかりは実際に復帰の時が来てくれるまではぬか喜びできませんし、今、無理をすべきでもないでしょう。それでも多少長引いたとしても、飯塚や東がその穴を埋める働きをして見せる事(そのうえで主力投手たちが万全の状態で復帰してくる事)来年以降を考えれば、実はそれこそが理想的な展開と言えそうな気もしています。その時は、いよいよもって盤石な投手陣が構成される事になりますものね。


 一方、攻撃陣ではやはり大和の加入によって、どの程度の変化があるかに注目しています。倉本も併せた二遊間守備力の向上は勿論、攻撃においてもベイスターズの課題であった『欲しい時の1点』『地味ながら効果的な1点』を取るという点で、大きく貢献してくれるのではないかと期待しています。

 破壊力自体で言えば、ベイスターズの打線はセントラル有数だと思います。ただ、上述させていただいた課題(あくまでも個人的見解)部分もクリアできれば、さらに強力差を増すのは間違いないでしょう。特にその部分に於いて彼がどの程度のプラス効果をもたらしてくれるか。一ファンとして大きな期待を持っています。

 そしてそうした彼の力を活かすためにも、1番を打つ桑原の活躍が必要となるでしょう。また試合中盤以降における彼らへのつなぎ役として、9番倉本の打撃もまた大きく影響してくるに違いありません。

 それと、なんと開幕レギュラーを勝ち取った神里、まずは1軍に勝ち残ったソトの活躍にも期待したいところ。特に神里ですかね。大和と共に、ベイスターズ打線の潤滑油(?)としての活躍を求められますね。


 というところで、肝心の順位予想なのですが、まあ今年はいつも以上に悩ましいとところ。『故障者の復帰時期』『復帰以降の状態』という、一ファンには分かるわけもない要素が絡んでますものねえ。

 個人的にはベイスターズに今シーズン最も求められるのは、来シーズン以降、常にAクラス球団であり続けるための戦力固め(『作り』ではなく『固め』)かもしれないと思っています。ただ、ここまで挙げさせていただいた、或はそれ以外の選手たちの活躍次第では、それが今シーズン後半に繰り上がる可能性も無きにしも非ず、その場合は一部で予想されている『優勝』(シーズン1位)もあるかもしれない。そんな期待も持っています。

 ただ、実際のところはどうでしょう。正直、まだ少し尚早かもとも感じるのです。なので、梶谷を含めた故障者達が順調に回復、復帰してくれれば2位、逆にたとえば、揃って秋まで長引くような事態になれば4位、平均的に進捗して3位そんな感じなのではないかと予想します。

 え? はっきりしろ? うーん、うーん、じゃあ間を取って3位(でも正直なところは2位から4位)というところでどうでしょう。無論、私なんぞの予想のはるか上をいってくれるのを望んでいるのは言うまでもありません。

 さあ、いずれにしろ明日、いよいよ2018年のシーズンが始まります。昨年まで以上に、我々ファンを熱くさせる(決して勝ち負けだけではなく)素晴らしい戦いを見せてくれる事を心より祈っています。




posted by omune at 17:47| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする