2018年04月30日

ベイスターズ雑感 あらためて『大和が来てくれて良かった』と実感 (20180429)

 昨日は『ぎりぎりの勝利』と表現させていただきましたが、相対的に考えれば今日は『負け試合』だったのではないでしょうか。

日刊スポーツ 『 中日 対 DeNA

 なので、本当によくひっくり返してくれたと思いますし、重みのある勝利になったと思います。

 苦戦となった最大の理由はキーポイントと考えていた『ガルシアを打ち崩せるかどうか』という部分をクリアできなかった事でしょう。

 クロスファイアーがビュンビュン来ますし、スライダーもチェンジアップも良い。おまけにコントロールも良さそう。初見でしたが、これは手ごわい投手っぽいですねえ。実際、7イニング100球で交替するまで、1点も奪えませんでした。6回の梶谷の打球が抜けていればというのはありますけれど、それも含めて攻略に失敗してしまいましたねえ。

 となると、当然こういう展開になるわけで、それでも最終的に勝利できたのは、こちらの先発ウィーランドもまた、きっちりと仕事をしてくれたのが大きかったと思います。

 内容的にはまだベストではない感じで、特にコントロールが『精密』なところまでいっていなかったように感じます。しかし、それでもナックルカーブを軸に、緩急でドラゴンズ打線をかわしていってくれました。


 それと6回、1点を失った後の無死満塁を追加点無しで切り抜けたのも大きかったですね。珍しい6-2-5併殺でアウトカウントを稼いだわけですが、二走アルモンテの緩慢さを見ていた嶺井のファインプレーだったのは間違いありません。なんでも高校時代に同様のプレーをやられて試合に敗れた経験があり、それを記憶していたらしいですね。


 で、この場面なのですが(そんなの守備の名手としては当然と言われてしまうかもしれませんが)大和の完璧な送球もダブルプレー成立に大きく貢献しています。

 前進守備横への強い当たりをさっと捕球してからの流れるようなスロー。毎度のことながら惚れ惚れしますねえ。また、この回の3アウト目はニゴロでしたが、宮本の送球とのタイミングのずれを軽やかなステップで、ごくごく当たり前に合わせてくれました。

 他にも9回裏。亀沢の二盗を阻止した送球捕球とどんぴしゃタッチ。こういうのを見ていると、その守備がチームの大きな戦力になってくれているのを実感します。また、打撃においても率こそ低いですが貴重なところ、勝負どころでの出塁が印象的ですよね。本当に移籍してきてくれて良かった。今日は改めてそう実感させられました。さらには、その存在が柴田や宮本の成長にも良い影響を及ぼしてもられれば。そう心から思います。


 試合の方は8回、ロペスの右中間2BHで追いつき、その裏のピンチを凌いで(相手に助けられた面も大いにありますが)延長戦へ。そして迎えた10回、ついに主砲、筒香の一撃が飛び出して試合を決する事ができました。

 昨日、今日と主軸の活躍で得点を挙げられているのは、このところの攻撃力不足を考えると朗報。宮崎、梶谷にもマルチヒットが出ていますから、このままチーム全体の攻撃力が上昇していってくれれば、貯金も徐々に増えていくでしょう。期待しています。




posted by omune at 02:20| 東京 ☀| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

ベイスターズ雑感 石田の立ち直りで勝機が生まれた (20180428)

 スコア的には5点ありましたが、内容的にはぎりぎり。よく勝ってくれました。

日刊スポーツ 『 中日 対 DeNA

 相手先発、小笠原が良かったですからねえ。立ち上がりをつかまえて先取点こそ取れましたが、3から7回までは全くの音なし。しかも、そこまで21個のアウトのうち9までが三振で奪われたものです。その間にドラゴンズに先へ行かれてしまっていたら、おそらく勝利はおぼつかなかったでしょう。

 なので、今日最大の勝因は、やはり石田が6回までリードを許さなかった事にあると思います。

 と言っても、立ち上がりは(今日も)相当に不安定でした。ほんの僅かずつ甘くいったところをドラゴンズ打者に拾われてリードをあっという間に吐きだし、その後もイニング先頭打者を出し続ける苦しいピッチング。特に2回、嶺井の捕逸もあって無死二、三塁の大ピンチ。ここをなんとか凌いだのが結果的には効きました。

 ところが、です。続く3回、アルモンテ、モヤを連続三振に切ってとったあたりから、球が低めに集まるようになりました。そして次第に直球もコーナーに決まり始め、内容が一気に安定。こちらも4回からの3イニングを完璧に抑え込みます。やはり、この球があってこその石田ですよねえ。

 この石田の立ち直りによって、チームは最後まで試合の主導権を手放さずに済みました。前回登板時もそうでしたが、一回り目がどうも鬼門ですね。立ち上がりさえ粘り切れれば安定したピッチングで長いイニングを投げてくれるわけですから、次回はぜひ早めの援護を攻撃陣にお願いしたいところです。



 で、6点は取りましたが、チームとしての攻撃力はあまり上がってきている気配がありません。今日はドラゴンズの方針、あるいは戦術により、疲れの出始めた小笠原を引っ張ってくれた事で助かった感があります(無論、方針、先述が良い悪いと言っているわけではありません)

 とはいえ、上述させていただいた通り、小笠原の内容が良かったのもまた事実。直球は力感たっぷりですし、チェンジアップも実に嫌らしい。球数が嵩んできて、そこから一段落ちたところできっちりとつかまえられた事を(今は)喜ぶべきなのかもしれません。特に代打神里から桑原、大和といったチャンスメイクが仕事の面々で塁を埋め、筒香、ロペスのポイントゲッターがきっちりと得点を叩きだすという展開は(ある一点を除いて)理想的とも言えるものでした。これが、明日からの戦いに繋がっていく事を切に祈ります。

 明日の相手先発はガルシア。ここまで非常に安定したピッチングを続けてきている相手です。そんな投手を果たして攻略できるかどうか。そこがキーポイントになりそうな気がします。




posted by omune at 02:12| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

ベイスターズ雑感 ディスってから最後にちょっとポジる。だが東は別格! (20180426)

 いや、悔しい負けとなりました。今日はどうしても勝ちたいところでしたしそれが可能な展開となりましたが、これをものにできないのが現在のチーム状況と言えるかもしれません。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 広島

 とはいえ、今日は非常に良いものを見せてもらえました。東のピッチングがそれですね。昨日の京山同様、立ち上がりはコントロールに苦しんでどうなる事かと震えましたが、そこからの立ち直りは驚異的でした。

 その軸となったのはやはり右打者、外角低めへのストレートでした。これが決まりだしてから内容が一転、カープ打線をまったく寄せ付けなくなりました。チェンジアップの存在も大きいと思いますがことごとく打者のバットを振り遅らせ、あるいは見逃させていきます。結果、8回まで投げてカープ打線からなんと11奪三振です。

 確かにチームとして勝てはしませんでした。それを嘆くべきなのは確かなのですが、なんと言うんですかねえ。今日はもう中盤以降「これで負けたら仕方がない」くらいに思えてきてしまいました。それくらい凄いものを見せてもらいました。

 いや、これはいよいよ並みじゃないですねえ。現在の(あくまで現在の、ですよ)投手陣において、頭一つ抜けた存在である事を確信させられました。


 で、問題はそんな東に勝ちをつけてやれないチームにあるわけです。新人投手がこれだけ頑張って投げ、ようやく勝ち展開に持ち込めた試合を抑えのエースが一発食らって失うとは。投手の東が見事な送りバントを何度も決めてみせた(打者としても責任を果たしてみせた)直後に、チャンスに強いと言われている打者がことごとく凡退してしまうとは。新人、宮本が作り上げたチャンスに、全日本の4番が進塁打すら打てないとは。


 で、その宮本ですがなんと今日も、今度は内角の決して易しくはないだろうコースをライトスタンドにホームラン。かと思うと、次打席ではより厳しく胸元に入れてきたカットボールを見事に軸を回転させ、またヘッドをうまく被せてライトにヒットと圧巻のバッティングを披露しました。

 ずっと代走要員として起用されてきた事、また売りは守備と足という情報もあり、宮本の打撃は全く注目していませんでした。が、いやいや、とんでもない。無論このままいくわけもなく壁にはぶつかるでしょうが、数年先を考えれば有望なレギュラー候補であるかもしれません。


 さて、そういう意味では今日の試合、実は惜しくもなかったのかも。新戦力である選手たちが奮闘してくれているから形になったのであって、昨年まで蓄積してきたベイスターズらしさ、エネルギーは正直感じられなかったのは確かです。

 うーん……、ここがファンとしてもやもやするところ。

 正直、これでは苦しい。まずはそうした部分が土台としてありそこに新戦力たちの力が載っていく形にならなければ、なかなか昨年のエネルギー量を超えていくのは難しいでしょう。そして今日の試合に限って言えば大切に育てるためか、或は守備の面で鉄壁を期したのか、あるいは故障が出たのかは分かりませんが、そのラッキーボーイ的な宮本を(打順が回ってくるのは確実な状況下で)下げましたから。

 なんと言うんでしょうね。これは単なる思い過ごしであって欲しいのですが、チームとして強い野球をやろうとしていて(後半メンバーを交替させていくなんてのも含めて)しかし現実的にはまだそれを実践できる状況、レベルになっていない。その乖離が障害の一つになっている。そんな嫌な印象を(今日は)覚えてしまいました。ひょっとしてひょっとすると、ちょっと長引くかもしれないなあ、とか。

↑まあ、いつものやつです。敢えてのディスリだと思ってください(横目)



 とは言えです。下では濱口も好投を見せ一軍復帰が近づいてきている気配。今永、濱口、石田、東、ウィーランド、飯塚、バリオス、京山と揃った先発陣は言うまでもなく強力このうえないものです。また、リリーフ陣も砂田、エスコバー、井納、パットン、山崎康、三嶋、平田、須田と豪華な顔触れが揃っています。何シーズンにもわたって積み上げてきたメンバーと実績、これは長いシーズンに於いて必ず効いてくると思います。

 それと8連勝こそあったもののそれは本来の、当初想定されていた形での快進撃ではなかったのもまた事実。予想以上の活躍を見せてくれた若い力達、新戦力の選手達に支えられたものでした。

 主力選手たちの復帰によるメンバーの入れ替え直後であり(自ら流れを手放さざるを得なかったとも言える)またここまでチームを引っ張って来たメンバーの調子が少々落ちてきている現在、チームの勢いもまた失われてしまうのはある程度仕方がありません。そして例年、ベイスターズというチームはエンジンがかかるまでにかなりの時間を要しています。ましてや今年はオーダーががらりと変わっているわけですし。

 なので、そうですね。5月下旬あたりのチーム状況を見て我々ファンは今シーズンの先行きを(それぞれに)憂うなり夢見るなりすればよいのではないでしょうか。


 特効薬はやはり筒香ですかね。彼が爆発してくれると一気にチームの雰囲気が変わってくると思います。




posted by omune at 23:18| 東京 ☀| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

ベイスターズ雑感 風邪回復しての観戦再開初戦がこれかあ (201801425)

 風邪もようやく回復してきて、今日は3試合ぶりの観戦(♪) それがこの惨敗ですもんねえ。いや、さすがにちょっと引きました(真顔)


日刊スポーツ 『 DeNA 対 広島


 京山、苦しいピッチングでしたね。初回の死球でリズムを崩したのもあるでしょうか。とにかく変化球がまったくいいところにいきません。ストレートはまだ通用している様に見えましたけれども。そして、そんな事態への対応がバッテリーとしてできなかった。そういう印象です。調子が良くない、だから点を取られるというのは仕方がないと思うのですが、怪我をもう少し小さくして欲しかったのは確か。


 とにかくカウントを悪くし過ぎましたね。2回、安部に対して(思う所に行かない)変化球で3つコーナーを狙って全てボール、そこから直球に切り替えてファール、ファールで3-2、しかし最後はまた変化球に逃げざるを得なくなって結局四球にしてしまう。今日の内容を象徴する展開でした。後はチェンジアップの抜けが悪かったせいもあるでしょうが、いつもの手前奥の揺さぶりが出来なかった事。これもまたきつかったように思います。


 ただ、これまでが出来過ぎであったというのもまた事実。本来の投球ができれば抑えられるのは分かっているのですから、次回の捲土重来に期待しましょう。


 もう今日の試合はここで、京山のKOまでで決まったと言って良いでしょう。チーム全体の集中力が切れたというか、3回以降は重苦しい雰囲気そのままの守備が連発。どんどん追加点を加えられてしまいました。ロペスのものも倉本のものも、大和のものもすべてエラーではないでしょうが、少なくとも投手を盛り上げてやれるプレーではありませんでした。1、2回であれだけ長々と守らされるとリズムも狂うでしょうが、これだけたくさん出るのが良い事であるわけはないですね。筒香ファンのチコちゃんに叱られますよ――


「ボーっと野球やってんじゃねえよ!」ってね。無論、本当に『ボーっとしている』わけなどないでしょうが。


 そんななか救いだったのがロペスの一発。あの時は「よし、今日は勝てる!」と思いましたけどね(遠い目) 得意なコースとはいえ、実に見事な当たり。このところクリーンナップに当たりが出ていませんでしたから、筒香、宮崎の活躍と合わせて明日へ期待をつなぎたいと思います。


 それと梶谷にも見事な一撃が出ました。あの時点でも「まだまだ。ここから追いつけるかも」なんて思ってましたけどねえ(さらに遠い目)

 低めの球をすくい上げるようにつかまえると、打球はライトスタンド中段まで一直線。実に梶谷らしい当たりでしたし、下で無双してきたというのも納得です。また、続く打席でインコース胸元をうまく合わせてセンター前へ落としてみせたのもお見事。梶谷が数字を残し始めたのは、明日の戦いに向けて大きなポジティブ要素の一つでしょう。


 あとは宮本ですか。普段は代走任務が主でなかなか打席に恵まれませんが、いやなんとも素晴らしいバッティングでした。外角球を左に持っていっての一撃はプロ入り初ヒット=初ホームランとなりました。チームでは守備と足だけでなく、打撃でもかなりの評価を得ているのだとか。今後の活躍が大いに期待できそうです。


 投げる方では三嶋がひときわ光っていました。球速表示でも152まで出ていましたし、それ以上に力感が素晴らしい。打者は直球と分かっていても振り遅れている印象で、文字通り『力で相手をねじ伏せるピッチング』を見せてもらいました。試合展開が展開だっただけに、その爽快感は大きな救いになりました。



 というわけで数日ぶりに試合をじっくり見させていただきましたが、チームの雰囲気が先日までとあまりに違っているのに驚きました。


 無論、どんなチームでも調子の波はありますし、あれだけの好調期後ですから揺り戻しが大きいのも分かります。が、あまりに今日の内容は酷すぎましたね。それとこれは昨日(今永が打たれた)の試合後の話らしいですが、上がってきたばかりの梶谷の目には『チームが非常に沈んでいるように見えた』(だから声がけをした)そうです。昨年まではこういう後でも『さあ明日、明日』という雰囲気が強かったそうで、まさしく監督が良く口にする「トゥモアナ」そのものですが、昨日はどうも違っていたそう。このあたりが気になります。


 先日書かせていただきましたが、ベイスターズはまだ『勝って当然』のチームではないでしょう。無論、監督には勝算があるのでしょうし、世間的な評価も上がってきています。しかし、まだ放っておいてもAクラスというチームではない。そう思います。今日の試合内容を見ても分かりますが、これくらいで沈んでいたらそれこそ底が見えなくなってしまう所(過程)にいるチームでしょう。「こんなはずでは」と落ち込んでいるほど成熟してはいないはずです。

「しょぼんと下向いてんじゃねーよ!」ってとこですな。



 さて、そんななか明日は東が先発です。現在において最も安定した投球を続けている投手ですから、なんとかカープを抑え込んでほしいところ。それ以上に、チームをもう一度勢いづかせる試合展開を期待したいところです。





posted by omune at 22:02| 東京 ☁| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

ベイスターズ雑感 今永のボール自体はどうだったのだろう (20180424)未観戦更新

 いやあ、負けましたか。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 広島

 と言っても、今日も見てません。このところお伝えさせていただいている通り、風邪がきつくて(泣) 今日こそはと意気込んでいたのですが、体調と相談の結果諦める事にした次第。明日は仕事を休みにしてもらいましたので昼間たっぷり休養し、一気に快方へもっていきたいところ。


 で、見ていないだけに色々と気になることがありますね。

 たとえば今永。先日のウィーランドは敗れたとはいえ6回4安打2失点。それも100球を投げられています。スコアを見ても内容の(程度は別として)良さが分かりますね。なので、おそらくは問題なくローテーションに復帰となるでしょう。

 一方、今日の今永は7失点。数字上はかなり悪いものになっています。それも、なかなかに苦しいピッチングだったのがスコアに出ています。で、問題はその投げていたボールの出来なわけですよ。このあたりはもう、通しで見ていない限りは分かるわけがありません。そう、通しで見られるかどうかが重要なんですよね。スポーツニュースは見ましたけれど、やはりそれじゃ何もわからない。それを改めて実感しました。

 という事で、今永どうだったんでしょうか? 今日は打たれたけれども、次回はいけそうな球を投げてくれていたのでしょうか? うーん、ちょっと心配です。


 では、明日の体調完全復活を願って今日は早めに床に入ろうと思います。




posted by omune at 23:14| 東京 🌁| Comment(2) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする