2018年06月30日

ベイスターズ雑感 伏兵たちの連打が炸裂。これがチームに勢いを呼び込むか? (20180629)

 良かった良かった。ようやく連敗が止まりました。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 広島

 その立役者となったのが1993年度生まれの同級生、乙坂、柴田、神里とその1学年後輩、佐野でした。

 8回は8番乙坂、9番柴田の連続ヒットで作ったチャンスで、神里が打席に。ジャクソンの初球は外角高くにすっぽ抜けたスライダー、そして続く2球目、同じくスライダーが今度は真ん中に入って来たのを見逃さずライトスタンド中段へ見事なホームラン。終始劣勢だった試合を一気に立て直してくれました。

 9回はやはり乙坂が今度は四球で出塁。柴田が送ると先刻の一撃も効いたのでしょう、神里が歩かされます。ここで代打に出た佐野が、初球の甘い球を見逃さずライトオーバーのツーベース。値千金のサヨナラ打となりました。


 先日もありましたが、このところこうした伏兵たちの活躍が目立つようになってきています。これ、チームにとって非常に粉ましいことなのではないでしょうか。


 クリーンアップの強力さが高く評価されているベイスターズ。そのチーム本塁打は81本でリーグトップです。その反面、総得点数は263で、リーグ5位。各チームにおける試合数相違を考慮しても決して多い数字ではありません。

 これを改善するためには『ここ一番での一打』という意味を含め、やはり連打が必要です。そして連打を続けるためには、クリーンアップだけ強力でも駄目なんですよね。

 実際、今日もそういう場面がありました。このところの『3塁にランナーがいるとヒット出ない病』がまたも、しかも2度に渡って発病してしまいました。

 相手が両リーグ通じての勝ち頭である大瀬良であったにせよ、というかだからこそ、この2度のチャンスはどうしてもものにしなくてはなりませんでした。1回目は初球、難しい球に手を出しての浅い外野フライ、2回目はやはり初球、今度は甘い球が来たのを打ち損じての内野ゴロ。内容的には違いますが、実に勿体ないという印象を受けました。


 さて、そんなサヨナラ劇を呼び込めたのも、石田がなんとか試合を作ってくれたからでしょう。4点は取られはしたものの、中盤以降は安定した投球で7回までしっかり投げ切ってくれました。

 また、内容的にもそれほど悪くなかったのではないでしょうか。内角、外角を、球種を投げ分けながらきっちりついていく(つこうとする)投球は、今シーズンで最も石田らしい内容だったのではないか、個人的にはそんな印象を受けました。

 ただ、だからこそ、大瀬良に打たれたタイムリーは痛かったですね。打たれたのが緩い変化球(スライダー?)だったというのが、印象的に勿体なさを増大させます。

 強力なカープ打線が相手故、あれさえなければ充分と言える結果になったのに。そう感じられてなりません。


 最後に今日、復帰してきたロペスと倉本について。二人ともしっかり結果を残し、打線の巡りを活発化させてくれました。特に復帰早々、この結果を残すロペスは流石としか言いようがありません。本当によく戻ってきてくれました。まだ動きに不安げなところが有り、見ているこちらも冷や冷やしてしまいますが、このまま何事もなく調子を上げていって欲しいと願います。


 という事で、ようやく勢いの付きそうな勝ち方をしてくれました。これが明日以の戦いに繋がり、チームの勢いが増していく事を心より祈ります。




posted by omune at 01:03| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

ベイスターズ雑感 なかなかうまくいかない。ロペスの実戦復帰が救いか (20180627)

 昨日、ファンとしても前を向こうというつもりでこんな締めをさせていただきました。

『明日はきっと、今日のストレスまで吹き飛ばすような試合を見せてくれますよ』

日刊スポーツ 『 DeNA 対 阪神

 ……はい! 見せてくれませんでした(呆然)


 ここまでなかなか援護に恵まれてこなかった飯塚ですが、今日はこれ以上ない展開を作ってもらえたんですけどねえ。いとも簡単にそれをふいにしてしまいました。

 ただ、リードを守ろうというプレッシャーからそうなったというわけでなく、今日は立ち上がりから制球が乱れに乱れてしまっていました。常にボール先行でしたし、せっかく追い込めた場合もそこからいいところに球がいきません。加えて大切なところで勝負球が中に入っていってしまいます。1回の陽川に対しても4回の福留に対してもそうでしたね。そして制球が悪かったせいもあったでしょう、いずれも楽々と弾き返されてしまいました。

 とくに逆転した直後、4回の3点は強烈に効きました。『いける』と思った途端のカウンターパンチでしたものね。そこに扇の要となるべき嶺井のミスが絡んでしまったのも痛かった。嶺井はこの直後、盗塁に対しての送球もなんだかおかしかったですが、ひょっとして肩かどこか痛めているのでしょうか。春先はリードにしろ守備にしろもっと活き活きとしていた印象がありますが、このところちょっと元気がありませんね(監督も懲罰と言う意味ではなく、腕に何かあったかと危惧して交代させたそうです)

 いずれにしても、こうして昨日、今日と守りのミスが失点に絡んでしまっているのも、現在のチーム状態の悪さを現しているのかもしれません。それと昨日のメッセンジャー、2戦連続で痛打を浴びた陽川。こうして同じ相手に繰り返しやられる理由、原因を突き止め、改善を図るのは急務です(と言っても、こういうのはシーズン中にどうにかなるものでもないでしょうが)


 一方、攻撃においては3回、見事な5連打が飛び出しました。8回にも3連打が出ていますし、攻撃力上昇の兆しが現れつつありますかね。ただ、試合展開上では5回、無死満塁という大チャンスを(このところの典型的なパターンとして?)逃してしまったのが痛かった。バッターは奇しくも昨日痛いミスを犯してしまった中川でした。

 ああして守備の不安を露呈してしまいながら、しかし今日も同じポジションで出場機会をもらえた中川。ここで打てば本人にとってもチームにとっても、今後につながる大きな一打になったでしょう。そういう意味では、中途半端に見えたスイングを非常に勿体なく感じました。


 後半戦の苦しい戦いについて、監督は「ロペスがいないのが大きい」とコメントしています。正直、彼が帰ってくれば全てがうまく行くとは思えませんし、もしもそれが真実なら逆説的にはこうなります。「将来的にロペスが現役を退く、或いは退団となった時、ベイスターズは終わる」

 ロペスがいないならいないなりの戦い方ができるチームにならなければ。

 まあそれは半分冗談です(真顔) 昨日も書かせていただきましたが、その復帰がチームの雰囲気を変える可能性は高いでしょう。一日も早い一軍登録が待たれますが、いよいよ今日からイースタンで出場再開。指名打者として延長11回をフル出場したようです。まだ守備にはついていませんから即復帰とはいかないでしょうが、どうでしょう? あと一週間、長くて二週間くらいですかね? その日が本当に待ち遠しいです。

 明日は夜間業務のため、更新は難しいかもしれません。が、可能であれば帰宅後、観戦だけはしたいと考えております。「チェンジアップを見直してきた」という今永の好投を期待します。




posted by omune at 01:21| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

ベイスターズ雑感 中川に名誉挽回のチャンスを与えて欲しかった (20180626)

 天敵メッセンジャー相手ですから、一試合に何度もチャンスがあるとは考えにくい。今日は二度でしたかね。その何れもをむざむざ逃してしまったのが最大の敗因でしょう。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 阪神

 特に4回、一死一,三塁の逸機が痛手となりました。このあたりの勝負弱さがこのところ顕著であるような気がします。(昨日は違いましたけれど)言葉を変えれば『ホームランでしか点が取れない』となるでしょうか。

 これはもうずいぶんと長いことベイスターズの課題であり続けている様に思います。そして、いつも書かせていただいている通り、これを改善できないと常時優勝争いをするようなチームにはなかなかならないだろうと思うのですね。

 今永、濱口、ウィーランドの離脱、石田の不調と、こと投手陣の誤算に目が行きがちな今シーズン。加えてリリーフ陣の弱さなども指摘されていましたが、いえいえ、それでも全体で見れば投手陣はよくやってくれているように感じます。

 それよりもどちらかというと、強力と目されていた攻撃陣が期待に応えられていない面が目立っているのではないでしょうか。確かにロペス、梶谷らが戻れば強力な打線にはなるでしょう。しかし、このところの得点力不足は果たしてそれだけが理由なのでしょうか。


 さて、そんな援護のない(ね? 実際今シーズンはこればっかりでしょ? 野球は一人でやるものじゃないですから)状況のなか、バリオスは目の覚めるようなピッチングを披露してくれました。

 とにかくストライク先行。さらにはベース上を通るほぼすべての球が何らかの動きを伴うという、おそらく打者としては非常に打ちにくい投球だったのではないでしょうか。

 それを証明するかの様に5回1死までパーフェクトピッチング。7回先頭の植田を出して代わった時点で被安打2、奪三振6の無四死球とほぼ完璧な内容でした。間違いなく、ベイスターズ入団以来のベストピッチでしょう。そして相手のエースを向こうに回しそんな奮闘を見せた投手を勝たせてあげられないところに、繰り返しになりますが現在のチーム状態の悪さを感じます。

 それにしてもこのところ、バリオスの存在感が徐々に増しつつありますね。こうなってくると外国人枠が本当に悩ましいですが、しかしこうして代替となる選手がしっかりと揃えられているという意味では、これがベストな状態と言えるのかもしれません。


 で、中川ですよね。うーん、かなり風が強かったですし、相当ボールが戻ったんでしょう。

 このミス、確かにタイミング的には最悪でした。しかし、俯瞰で見れば結局最後まで1点も取れなかったわけで、それならどっちにしろ勝てません(暴論承知)

 なので、必要以上に気に病む事なく、持ち前の打撃力で明日、あるいは明後日に挽回して見せて欲しいものです。そしてだからこそ、その直後の打席には立たせてあげて欲しかった。個人的にはそう思います。監督コメントによれば直後の代打はプラン通りだったそうですが、この場合『プラン通り』かどうかは別問題の様な気がするんですよね。結果的に早すぎると感じられる見切りは自信喪失や失敗恐怖症に繋がってしまうのではないか。一ファンとしてそんな危惧を持っています。特に昨年の起用法との差異が大きいだけに。


 という事で、どうもチーム状態が思わしくありませんね。とにかくラミレス監督の構想、思惑が次から次へと外れている様に見えるのが気になります。はい、無論、そう見えているだけであることを祈りますが。

 上述させていただいた内容と矛盾しているかもしれませんが、こういう状態だからこそ、まずはロペス、梶谷の復活が待たれます。

 なかなかつながらない打線だからこそとにかく長打を増やす必要があると思いますし、強力なクリーンアップが揃い踏みとなる事で、チームの雰囲気も変わる事でしょう。そのうえで野球の質がさらに(さらに、ですよ。念のため)良いものになっていってくれれば、若手がこれだけ経験をつめている事と併せ、きっと来シーズンに繋がっていく事でしょう。でも、二人ともまだイースタンにすら出場してないんですよねえ(ため息)

 まあ、忘れましょう。明日、明日! 明日はきっと、今日のストレスまで吹き飛ばすような試合を見せてくれますよ(祈願)
 



posted by omune at 00:03| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

ベイスターズ雑感 伏兵がチャンスメイクからタイムリーまでの全てをやってのける (20180624)

 日曜は12時間、普及の連続勤務(怒ってるぞおおおお! 労基に訴えてやろうかあああ)昨日は通常業務だったのですが、今日やる予定だった案件にまで手を出した結果、深夜25時までのロングランとなってしまい、いずれも試合観戦ができませんでした。その分、次の案件に手を出せれば良かったのですが、結局疲労でダウン。なら、最初から予定通り進めればよかったって話ですね、ほんと。

 で、昨日の試合を先刻、遅ればせながら観戦させていただきました。

日刊スポーツ 『 中日 対 DeNA

 濱口、よく投げてくれましたねえ。1回、2回の無死二塁というチャンスを逃し、すっかり山井を調子づかせてしまっただけに、彼の粘投がなければ勝利はおぼつかなかったでしょう。

 『粘投』という表現が当たっているかは分かりません。しかし、昨日の濱口はバッタバッタと三振を取る、力でねじ伏せるという投球ではなく。チェンジアップをはじめとする変化球を軸に緩急をつけていました。それとて直球なくしてはなりたたないわけですが、その球速はおおむね140キロ台前半。とにかく早めに打者に手を出させ、球数の節約に努めていたという印象です。

 それと6回、一死一、二塁で二塁走者、アルモンテを牽制で刺したのが大きかったですね。直後、モヤに二塁打を打たれているだけに、このアウトは非常に重みのあるものとなりました。映像を見ると高城から合図が出ていますが、ショート柴田のベース入り、濱口の牽制、りょうほうがばっちりはまりましたね。さすがずっとコンビを組んでいるバッテリーだと感嘆させられた次第です。

 上述させていただいたような拙攻もあり、またも今シーズン初勝利は逃してしまいましたが無論、勝利投手同等の価値がある投球だったと思います。その防御率は2.65まで良化、このと事櫓の投球内容、結果からして『復活』と言ってよい状態になってきてくれたのではないでしょうか。


 攻撃においては同点に追いつかれた直後、9回表に伏兵たちがチャンスメイクからタイムリーまで、その全てを見事に果たしてみせてくれました。

 それにしても関根のバッティングフォームは大きく変わりましたねえ。その前の打席でも凡打には終わったもののセンターに良い当たりを飛ばしていますし、値千金の三塁打は強烈なゴロとなり一塁線を抜けていきました。如何に強いスイングをするか試行錯誤した結果行きついたフォームとの事ですが、それが一軍の舞台で結果に繋がりましたね。

 他にも柴田が3安打の猛打賞。いずれも投手のコントロールミスだったとはいえ、それを尽くヒットにして見せてくれたのは流石です。グリップエンドを半握りほど余したスタイル通りカットで粘る打撃もまた見せてくれましたし、左、右、中央とシャープなヒットを打ち分けて見せてくれました。


 そして神里です。彼らに共通するのはその『何らかの意志を感じさせる』打撃ではないでしょうか。特に神里はとても新人とは思えません。一時は調子を崩したか、あるいは相手にマークされた結果か、おそらくはその両方でしょうが、大きく数字を落とし出場機会も減らしましたが、そこから再びここまで復調してきたのは大したものではないでしょうか。そしてこの短期間で壁を一つ越えてみせた(色々な意味での)その実力には驚かされるばかりです。

 こうなってくると走塁の面で完全復調、あるいは大きな進歩が期待されるばかり。将来はどうですかね、大きいのも打てる一番として君臨するのか、あるいは3番打や6番あたりでその打撃力を活かしていくのか、数年後が本当に楽しみです。東といい神里といい、今シーズンもまた良い新人選手が加入してきてくれたものです。



 さて、話は変わりますが、今日はオールスターのファン投票選出選手が発表されました。我がベイスターズからは山崎康、筒香、宮崎の3人が当選。特に山崎康は476,185というセントラルトップの票数を集めました。

 以前にも少し書かせていただきましたが、オールスターのファン投票は実力だけでなくなによりも『ファンが見たい選手』を選出するものだと私は考えています。だからこそ、ベイスターズから3人(セントラルでは2番目に多い)が選ばれる現状をファンとして誇らしく感じます。




posted by omune at 02:30| 東京 ☁| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

ベイスターズ雑感 試合を作ったからこそ2回が実に勿体なかった (20180622)

 うーん、最初から最後まで四球絡みの失点が響いた試合でした。

日刊スポーツ 『 中日 対 DeNA

 まあ、現在の打線から筒香、宮崎が抜けた時点で、パワーバランスが向こうに行ってしまったのは仕方がないところかもしれません。

 ただ、勝てない試合だったかというと決してそうではなかった気がします。まずは石田の2回、唯一失点したイニングが勿体なかったですねえ。二死一塁から連打を食らったのは仕方がないと思うのですが、投手の吉見への四球が致命傷になりました。この回は対吉見に限らず、まだ不安定だった変化球を多投しカウントを悪くしてしまったのが実に勿体なく感じました。先取点を奪った直後だっただけに、守りに入ってしまいましたかね。

 ところがです。そこからは完全に立ち直り、7回までまるで別人の様なピッチングを見せてくれました。私が強くイメージしていた、両コーナー低目隅、特に右打者の内角にストレートを突っ込んでいく感じではなかったものの、切れを増してきた変化球を駆使し、緩急を活かしてドラゴンズ打者を打ち取っていきました。さらには5回、ビシエドの打席では本来の(?)切れの良いストレートを内角に押し込むピッチングも見せてくれました。

 結果的に2回の失点が響いた形になりましたが、それでも7回まで3失点でまとめてくれたのは今後に向けて希望を持てる結果だったと言えるでしょう。その復活は今後の戦いに向け、大きな意味を持つと思います。ただ、もはや今シーズン恒例となってしまったかのような、序盤の失点はなんとかしなくてはなりません。


 それと今日から戻って来たエスコバーは圧巻のピッチングでした。休養の甲斐があってか、球威が増しているように見えました。パットンも好調ですし、ソトは今日から二軍戦に出場、いきなりホームランを放ったそうです。バリオスもそこそこ投げてくれていますし、今シーズンのベイスターズ外国人選手枠は非常に充実していますね。


 打つ方ではいよいよ筒香が復帰。それだけでもかなり見られる打線になりました。しかし、肝心なところでその筒香、そしてなにより5番宮崎に当たりが出ない。それが最終的なチーム勝敗に直結する事になってしまったのは、ファンとしても残念無念です。うーん、なかなかうまくいきませんなあ。


 そんな連打、ここぞという場面でのあと一本が出ない状況下において、今日は山下と中川に一発が飛びだしました。どちらも甘い球だったとはいえ、強烈なスイングで完璧につかまえましたね。

 特に山下はこれがプロ第1号です。いや、よく飛びましたねえ。打球もそうですが、それ以上にバットが(笑) 台湾ウィンターリーグ(だったでしょうか?)で活躍している時、そのバット投げが非常に印象的でしたが、遂にそれを一軍の舞台で見せてもらう事が出来ました。これをきっかけに、さらにその存在感を増していけるでしょうか。チーム状況的に、今は山下にとって大きなチャンスだと思います。これを掴んでもらえると、チームとしても非常に大きいでしょう。ますますの奮闘、活躍を心から祈ります。


 ところで! ここから先は追記となるのですが、どうも宮崎はふくらはぎが攣っての交代だったようです。監督は「大きな問題ではない」と言っていますが、まあこれはいつもながら言葉半分にとらえなくてはならないでしょう。とにもかくにも、明日のスタメンにその名前がある事を祈るばかりです。




posted by omune at 22:29| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする