2018年06月01日

ベイスターズ雑感 もらい泣き不可避 (20180531)

 いやあ、ダメですよこんなの。もらい泣き不可避じゃないですか。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 楽天

 山下、良かったですねえ。ああいう風に泣けるってのは、それだけ必死に戦ってきた証拠だと思いますよ。それが見事報われましたね。いや、良かった良かった。本当に良かった。

 以前、山崎康が不調だった時、打ちこまれベンチでうなだれる彼の前に立ち、壁となってくれていた姿を私は忘れません。そういう選手が活躍してくれるというのは、一ファンとしても嬉しいものです。

 今年はここまでなかなかチャンスに恵まれませんでしたが、これをきっかけにしてさらなる活躍をしてくれる事を祈ります。


 この試合、そこに至るまで色々な事がありました。一時は負けを覚悟する展開になりましたが、それをよく追い付き、ひっくり返してくれました。

 なにしろ岸がとんでもなく良かったですものね。変化球も切れていましたが、なによりもコーナーぎりぎりへの直球のコントロールが抜群。9回27個のアウトのうち12個が三振という数字もそれを物語っていると思います。

 だからこそ宮崎、筒香の一撃は価値あるものとなりました。宮崎は真ん中高めに浮いてきた直球、筒香は外角を狙ったチェンジアップが内角へ来たもの。岸の数少ない失投をいずれも見事につかまえてくれました。

 また、9回表に楽天の追加点を阻止した神里の背走キャッチ、10回表に銀次のボテボテショートゴロを見事捌いた柴田、そしてショートバウンド送球を見事キャッチしたソトと守備でも見事なプレーがありました。


 そして東です。上述させていただいた通りとんでもない内容の岸を相手に、一歩も退かないピッチング。内容自体も素晴らしかったですし、打球を二度も受けながら本当によく踏ん張ってくれました。とても新人とは思えない闘志を前面に出した投球ぶりで、残念ながらマウンドを降りた後の眼光が非常に印象的でした。

 惜しくも岸に投げ勝つ事は出来ませんでしたが、それでも彼の好投がなければ試合は早々に壊れてしまっていたかもしれません(岸がそれだけ良かったので)


 さて、明日からは福岡でのホークス戦。先発は石田ではなく今永です。今日の東に負けない闘志あふれるピッチング、そして完全復活を期待します。




posted by omune at 03:04| 東京 ☁| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする