2018年06月08日

ベイスターズ雑感 東好投のおかげでようやく連敗止まる (20180608)

 連敗が止まりました! いやあ、良かった良かった。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 日本ハム

 なんと言っても東でしょう。立ち上がりこそコントロールに苦しむ場面も見られましたが、イニングが進むにしたがってどんどんギアが上がっていった印象で、結局ヒットを打たれたのは失点した3回だけでした。

 いつもながら直球の切れ、力感は抜群。それを内角、外角の低目に散らし、スライダー、カーブで次々と空振りを奪っていくピッチングは打者を圧倒。なんと毎回の9三振を奪って4勝目を挙げるとともに、チームの連敗に見事終止符を打ってくれました。



 その東を強力に援護したのが宮崎です。やはり素晴らしいピッチングをされていた高梨に待ったをかける、価値ある一発でした。緩いカーブを待って待って、態勢が全く崩されないままのスイングでスタンドまで放り込む。これぞ宮崎という、対応力抜群の一撃でした。


 そして中川。やってくれましたねえ。あの状況、あの場面での東の代打となるととんでもなく責任重大ですし、試合展開上も非常に重要な勝負だったと思います。采配的には『賭け』と言っても良いでしょう。

 そんな打席に立った中川は初球、臆する事のないフルスイングで三塁線を抜いてくれました。結果として入った2点が、この試合の行方を事実上決定づけるものとなりました。

 『パ・リーグのピッチャーに慣れている』(意訳)部分もまた期待されての昇格だったようですが、その期待に見事応えてくれています。長打が期待できる右の代打として、このままその存在感を大きくしていけるでしょうか。


 もう一人は佐野。最終回、ダメ押しとなる一発は、実に強烈なライナーでした。春先、打席に立っても立ってもヒットが出ませんでしたが、それがまるで嘘の様ですね。こちらは左の代打、その切り札としてさらなる活躍が期待されます。



 明日は濱口が登場します。予報によれば天気も試合中はもってくれそう(デーゲームなので)今日の勢いにのって、できればもう一つ借金を返してしまいたいところです。それが実現できれば、濱口にもようやく勝ち星がつく事になるでしょう。私は夜まで仕事となりますが、帰途に速報で大喜びできるのを期待しています。




posted by omune at 21:29| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

ベイスターズ雑感 ソトの二発がせめてもの救い (20180607)

 終盤、ようやく打線に繋がりが生まれましたが、残念ながら少し遅すぎました。願わくばあと打順一回り早く、この攻撃が出来ていれば……。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 西武

 まあ、そんな事を言っても所詮は負け惜しみ。言葉を変えれば負け犬の遠吠えです。現時点では走攻守、全てに於いて相手の方が上にいる。それを思い知らされる一戦となりました。


 京山のピッチングは想定の範囲内ではあったかと。ただ、できる事なら失点から四球の走者を排除して、あと1点、できれば2点、怪我を小さくしてくれていれば。なにしろ長打をぼんぼん打ってくる相手ですから、四球で出したランナーがこうしてホームに還ってくる可能性は相当に高くなります。


 その京山を早めに諦めてリリーフ賞美に持ち込んだベイスターズベンチですが、この後出てくるリリーフ陣が悉く打たれて失点を重ねてしまいました。これが非常に効きましたね。


 ただ、そんな試合でも良いプレーは幾つもありました。例えば2回表、2イニング連続の失点を阻止した深い位置からの大和のバックホーム。あるいは4回、外崎の猛烈なライナーをつかまえた宮崎のダイビングキャッチ。それが勝ちにつながらなかったのがまた、悔しさを一段と増大させますねえ。


 今日一番の朗報は、ソトの二発でしょうか。試合前に小川コーチが「ようやく打球が上がるようになってきた」(突っ込まない様になってきた?)とコメントしていたそうですが、まるでそれを証明するかのような、見事な打撃を見せてくれました。

 無論、これで完全復調と喜ぶのは早計でしょう。しかし、明日、続けて当たりが出るようですと、どん底だったその打撃がいよいよ上昇ラインに乗ってくるかもしれません。


 ただ、今日はその打撃と、後ろを打つ筒香、宮崎の結果がうまく絡んでくれませんでした。なにしろ二人とも四球による出塁だけでしたからね。このあたりも明日の試合の注目ポイントだと思います。この部分がうまく行けば、そこそこの得点は奪い取ることができると思いますので。


 その一方、今日は梶谷がまたも抹消という凶報がありました。なんでも腰痛らしいですが、その程度、状態はまだはっきりしないのだとか? 監督コメントによれば「プレーはできないとの事なので」だそう。

 うーん、素晴らしいポテンシャルを持つ選手だけに、この怪我の多さが(ファンとして)本当に恨めしい。


 その穴を今日は神里がしっかり埋めてくれました。一時はまったくヒットが出ずスタメン落ち、すっかり壁に当たっているという印象でしたが、このところの復調ぶりは目覚ましいものがあります。

 後は(これは今年でなくても構わないので)より出塁技術、加えて盗塁技術と仕掛け(相手へのアピール技術)に磨きをかけ、とにかく嫌がられる打者、走者になっていって欲しいものです。


 さて、明日は東が先発します。相手も変わりますし、ここでなんとか連敗を止めたいところですね。久しぶりに投打の噛み合った試合展開を期待します。




posted by omune at 00:51| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする