2018年06月10日

ベイスターズ雑感 打撃だけでなく足でも大きな貢献をした神里 (20180609)

 昨日は東、今日は神里。ルーキーの連日にわたる活躍で、ファイターズ戦11年ぶりの勝ち越しが決まりました。

日刊スポーツ 『 DeNA 対 日本ハム

 神里はなんと4安打。真ん中から外は逆らわずに左へ、内角に入ってきた球は引っ張ってライトオーバーと見事に打ち分けてみせました。確かに甘い球ではあるのですが、その『獲物』を確実にとらえてみせるあたり、復調もいよいよ本格的。さらに調子を上げてきてくれた感じです。

 そして、なによりも5回の走塁でしょう。二死、二三塁の二塁走者としてセカンドにいた神里は、筒香の打球を処理した相手セカンド横尾がファースト送球にもたつく間に、三塁走者大和に続いて一気に本塁突入。タッチをかいくぐって見事、2点差とする得点をもぎ取りました。最終的に1点差の試合となった事を考えれば、ファインプレー中のファインプレーだったと思います。


 テーブルスコアで打線全体を眺めると、今日もまんべんなくヒットのマークが散らばりました。今日は残念ながら試合のバランスを大きくこちらに傾けられる場面であと一本が出ませんでしたが、徐々に全体としての調子も上がりつつあるように感じます。


 そうなってくるとやはり投手、それも先発投手頑張りが重要でしょう。今日の先発、濱口はしかしリードした直後の6回、立て続けに2本のホームランを浴びて勝利投手の権利を失い、そのまま降板となりました。

 今日の濱口は変化球が甘い所に抜ける場合が多く、打たれた3本のホームランは全てそれをつかまえられたものでした。試合展開上だけでなく、そういう意味でも惜しかったですし、勿体なかったですね。

 それでも5回、ピンチを迎えてからの投球は鬼気迫るものがありました。西川と太田から奪った三振は、おそらく取りに行って取ったものでしょう。完全にギアを上げ、球の威力、変化球の切れが一気に増したように感じました。それを見ていて、やはりその調子、ボールはどんどん好調時に近づいている事を実感させられました。次回はきっと、今シーズン初勝利をつかみ取る事ができるのではないでしょうか。


 そんな濱口の後を受けたリリーフ陣が、今日も力投を見せてくれました。特に同点にされたところで登板した三嶋が、見事な火消しぶりを見せてくれました。前回、ライオンズ戦での登板では二本放り込まれた故、次回登板(つまり今日)での振る舞いを心配していたのですが、そんな必要はまったくなかったみたいです。威力ある直球と切れのあるスライダーを駆使し、危なげないピッチングを披露してくれました。


 それとエスコバーですよねえ。今シーズンはこれでもう30試合目の登板。チーム試合数が53である事を考えれば、普通に考えて登板過多です。

 そんな投手が154キロを連発。さらには最後、大田を空振りさせた内角高めは、なんと156キロです。そのタフネスぶりには本当に頭が下がります。先発ローテーションの構想が大幅に狂っている今シーズン、彼がいなかったらリリーフ陣は今頃どうなっていた事か。

 そう考えると昨シーズン、あの時期のトレードは結果的に大成功だったと言えるでしょう(黒羽根もファイターズ内でそこそこ存在感があるみたいですし)そして古巣相手に素晴らしいピッチングを見せられた事で、エスコバーも恩返しができたのではないでしょうか。

 ただ、上述させていただいた通り、登板過多なのは間違いありません。今日の放送では「エスコバーを休ませるプランもあるらしい」(意訳)という話題も出ていました。

 無論「どうなるかは分かりませんが」の注釈付きでしたけれども、状況が許せばその方が良いかもしれませんね。最後の最後に勝負どころが来ると仮定すると(あくまでも仮定です)その時に絶対に必要であり、また好調であってくれなければ困る投手ですから。


 もしもそれが現実になるとして、タイミングの一つとしてはロペス復帰時が考えられます。その話題も放送中に出ていましたが、なんでも「交流戦明けのナゴヤドームを目標に治療、調整中」なのだとか。つまり、交流戦は彼無しで戦い切らなくてはならないという事ですね。ただ、ソトは今日もタイムリーを打ってくれましたし、冒頭に書かせていただいた通り打線全体の調子もは上向きの様に感じられます。

 今日の勝利で交流戦勝敗(4勝5敗)、シーズン勝敗(25勝26敗2分)双方に於いて、借金を1とする事が出来ました。なんとか交流戦終了時にこれを完済、贅沢を言えば一つでも二つでも貯金を作った形で、復帰のロペスを迎え入れたいところです。




posted by omune at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする