2018年06月13日

ベイスターズ雑感 大和のアクシデントが大事に至らなくてひと安心 (20180612)

 やられました。石川にすっかり翻弄されてしまいましたねえ。

日刊スポーツ 『 ロッテ 対 DeNA

 直球は走ってましたし、変化球も切れ切れ。この出来の投手が相手では、なかなか連打は生まれないでしょう。そうなるとホームランが欲しいところですが、これがまた。遠くへ飛ばせそうな球がほとんど来ないんですものねえ。流石としか言いようがありません。


 それでも4回、6回、7回と3度のチャンスがありました。そのうちの2回は打者が宮崎でしたから、どちらかをものにできていればという悔しさはあります。

 しかし実際のところ、4回の打席に於いて宮崎は外角直球を完璧につかまえているんですよね。打球は右方向への強烈なライナーとなりましたが、残念ながらファースト正面。上述させていただいた通り、石川の出来が出来でしたから、そう何度も、しかもチャンスであんな打球を飛ばすのは難しいでしょう。なので、ここが今日の分水嶺になった様な気がしてなりません。


 一方、こちらの先発、ウィーランドもよく投げてくれたのではないでしょうか。立ち上がり、コントロールが不安定な間に痛打を食らい、2点を失ってしまいましたが、それ以降は球を散らし、走者は出すものの粘り強くアウトを稼いでいきました。内容的には決して好調ではなかったかもしれませんが、それでも7回を3失点にまとめてくれたのはこちらもやはり流石です。


 その他、大和の代役として出場した柴田がファインプレーを見せたり、3番に入った楠本がマルチ安打を放ったりと、決して見どころのない試合ではありませんでした。惜しむらくは1番神里、2番桑原に当たりが出ず、攻撃が切れてしまっていた事でしょうか。



 その大和ですが、後頚部に打撃練習の打球が直撃と聞いてぞっとしました。後方のフライ捕球で背走していた時に、後ろからボールが来たみたいですね。避けるのはもちろん、防御態勢も取りようがないですから、おそらく『もろに』だったのでしょう。

 ただ、病院へのタクシーに乗る時は自分で歩き、また試合中に球場に戻って来たとの事。チームメイトと笑顔で会話もできていたらしいですので、ひとまず大事にはならず済んだ様です。いやあ、心からほっとしました。本当に良かった。

 それでも場所が場所と言う事で明日、もう一度診察をしてもらうとの事。いずれにしても無理だけはしないでもらいたいものです。脳震盪登録抹消特例措置が使えるかもしれませんし、とにかく万全を期して欲しいところです。



 それとエスコバーですが、監督語録によればやはり登板過多を考慮しての『休養』の様です。昨日の更新で書かせていただきました通り、交流戦明けのタイミングで戻ってきてもらえればという事たらいしいですね。そして、明日先発のバリオスには2回のチャンスがありそうな感じ。

 最後にロペスについて、やはり監督語録による情報ですが、今日からマシン打撃を再開したのだとか。走る方の回復度は40%との事ですので、交流戦明け早々の復帰は微妙なところでしょうか。無論、彼の不在は非常に痛いですがこちらも大和同様、とにかく万全を期しての復活を願います。




posted by omune at 00:53| 東京 🌁| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする