2019年05月25日

2019年05月24日のツイート












posted by omune at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | Twitterまとめ | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

ベイスターズ雑感 500円玉貯金の妄想話 (20190524)

 500円玉貯金を始めると仮定しましょう。

 狸でもハムスターでも星形(?)でもいいので500円玉が200枚入る貯金箱を買ってきて、先刻最初の一枚を投入した、と。

 現時点で中に入っているのは500円玉が一枚だけ。さて、500円で何が買えますかね。いつも利用している販売機で最近流行りつつあるブラックコーヒーのペットボトル(私の周りだけ?)を買うとして4本で480円。スーパーのお刺身盛り合わせは安いやつでもちょっと難しいですかねえ。あ、アイスのまとめ買いコーナーに行けば5個買えたりしますね。

 まあそんな感じの500円玉。良くも悪くも相応の価値でございます。箱の価値は省略するとして、今その貯金箱の価値もそれくらいという事になります。

 ここから毎日、財布から500円玉を投入していきましょう(例えですよ)そうすると10日で10枚、20日で20枚、200日で満杯になります。叩き割るのは心が痛むので、そっと底蓋を開けて、広げた新聞紙の上で集計してみますか。

「おー! えらいぞ俺! ちゃんと200枚、10万円あるじゃないか!」

 はい、おめでとうございますありがとうございます。今すぐに使う当てはないので、ひとまずビニール袋にまとめて移しておきましょう。で、また明日から「1日1枚」を始める、と。

 で、このビニール袋に入っているものは500円玉の群れ。それぞれは500円の価値しかありません。えっと500円玉の価値は――(以下省略!)

 でもですね、このビニール袋全体ではなんと10万円にもなるわけですよ。10万円あったら家賃は払えるし、季節を選んで下取りサービス使えばエアコンだって買えるかもしれません。自分へのご褒美に一泊温泉旅行でもします?


 ……失笑。はい、もう察しの良い方にばれてるでしょうけど、こういうのがワンプレー、攻守における1点の価値観だと思ったりするのです。野球で例えればの話ですが、基本どんな仕事でも同じではないでしょうか。この『一日一枚』が出来なくても誰にも怒られやしません。なんだったら辞めてしまっても大丈夫です。でも、その差は200日後に覿面に現れます、と。まあそれならそれでも良いのかなあ。

 だって、こういうのって面倒臭いじゃないですか。極端な面倒くさがり屋、加えて家計に余裕がない我が身としては辛いですよ。おそらく無理な気がしますねえ。うーん、なにか目標、それも明確、具体的なものがあればできるかもしれません。広義においてこういう事が出来るかできないかの差は大きいと思います。それも年月を重ねるごとに差がついていくでしょう。逆に言えば、いざその差を埋めようとした時、余程の覚悟をもつか、或いは時をかけなければ無理だという事です。積み重ねとはそういう事だと思います。


 で、先刻のTwitter投稿に繋がります。ああいう時、どうしても戦犯探しっぽくなっていくのは仕方がありませんが、それはあくまでも表に現れている部分のみの話。根はおそらく、もっと深く広い所にあるのだと思います。長打が打てる、強力であるからこそ、さらにその上に積み重ねたものを持つ、目指していてくれれば。そう感じるのは私だけでしょうか。



posted by omune at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2019年05月23日のツイート






posted by omune at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | Twitterまとめ | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

ベイスターズ雑感 ようやく打線がつながりはじめたか (20190519)

 いい感じになってきましたかね。

 こういう状況での同一カード3連勝の持つ意味は非常に大きいでしょう。また昨日は遂に上茶谷がプロ入り初勝利。これまで好投してもなかなか援護がなかったり、そうこうしているうちに調子を落としてしまったりと大変だったでしょうが、プロ入り早々に立ちはだかった壁を乗り越えるきっかけになってくれればと願います。

 また今日は濱口が待ちに待った一軍復帰。そして失礼ながら期待していた以上のピッチングを見せてくれました。なんとなんと、強力スワローズ打線を相手に完封勝利とは。それも2回から8回まで一人のランナーも出さずにですものね。本当に恐れ入りました。

 さあ、これでさらにローテーションが形になってまいりました。今の投球順番通りに書けば今永、上茶谷、濱口、坂口(?)、東、大貫となり、飯塚、平良の復帰時期もそろそろ噂されるようになってきました。また、打線もようやく得点パターンを確立しつつあります。

 これは無論、単純に宮崎の復調、またロペスやソトの調子が上がりつつある事に起因しています。しかしそれと同じくらい、いやもしかしたらそれ以上に、攻撃、個々の打撃結果が繋がりつつあるのが大きいように思います。

 先日『彼ら中軸の調子が上がってくると、それなりに点を取れる雰囲気は出てきたかな』という記事を書かせていただきました。このスワローズ戦ではまさにそんな攻撃を見せてくれ、一ファンとして本当に嬉しかったです。


 昨日の試合では神里が出塁しすかさず盗塁。続く宮崎のタイムリーであっという間に得点という場面がありました。そして、今日はさらにその上を行く様な攻撃がありましたね。

 5回、神里がライト前安打で出塁、宮崎の二球目に見事盗塁を決めます。相手先発、高梨にどうもタイミングが上がっていなかったように見えた宮崎は追い込まれてしまいながらも、最後は明らかに右を狙った打撃で神里を3塁に進めました。

 宮崎という打者からすると『最低限の仕事』だったかもしれません。しかし、そんな『チームバッティング』が非常に大きな意味を持つ事になりました。なによりも大きかったのが、ランナー3塁という状況を作る事で相手の内野手を前方に引きずり出した事ではないでしょうか。これによりソトが放った詰まり気味のゴロが、サードのグラブの僅か先を抜けていくタイムリーとなりました。

 宮崎を2番に置く事が良いのか悪いのか、私にはわかりません。しかし1番神里(いや、神里でなく、梶谷でも良いですし、桑原でも良いのですが)が出塁できる状況にあり、宮崎の調子がやはり標準以上にあるならばある意味面白いかも。昨日、今日の試合を見ていてそんなこと思いました。


 それと最近、注目しているのが伊藤光の打撃です。数字だけ見てもベイスターズで最も打てる捕手なのは間違いないですし、実際そういう活躍をしてくれてもいるのですが、なによりも拍手を送りたいのはその打席での振る舞いです。

 相手投手、特に先発を攻めあぐねている様な状況、或いはまだ試合の大勢が見えてこない状況に於いてとにかく球数を投げさせよう、ファールで粘ろうという意志が見える打撃をしてくれているように(私には)見えます。こういうの(粘るというだけでなく『意思が見える』という意味で)実はとても大切な事ではないかと。彼と大和が下位打線にいる事で打線が打線として機能し始めている。そんな風にも見えるのです。



posted by omune at 01:03| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

2019年05月17日のツイート




posted by omune at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | Twitterまとめ | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

ベイスターズ雑感 『今日は』ポイントゲッター達が期待に応えられなかった事に尽きる (20190516)

 大貫がねえ、可哀想でしたよねえ。あれだけの投球をして勝たせてやれませんか、そうですか。

 コントロールが不安定なロメロに対してファールで粘り、序盤でかなりの球数を強いる事が出来ました。また。四球絡みで複数回のチャンスをつかむこともできました。今日はそこまでは出来ていたと思います。しかし、肝心なところで中軸に一打が出なかった。結局、それに尽きるのではないでしょうか。わずか5安打ではありましたがそれなりに攻撃を組み立てられたという点で、少し前よりは遥かにましだった。それが個人的な印象でした。

 まあ、あれですね、いくら中軸と言えどもいつも打てるわけではないですし、ましてやソトもロペスは調子が上がってきていません。また宮崎も復調しつつあるとはいえまだまだ天井には遠い状態でしょう。これは筒香も然りだと思います。

 それでも、です。ここでこそ、中軸だからこそ、打たなければいけない場面ではあったでしょう。ただ、彼ら中軸の調子が上がってくると、それなりに点を取れる雰囲気は出てきたかな。そんな感じです。ファン一同も頼りにしてますから次は是非ともお願いします、という事で(懇願!)

 とにかく周囲の打者達には中軸達が『責任感で潰れそうになるほど』に、塁上を賑わす事に注力し続けてもらいたいもの。そういう意味で、今日の序盤の打席での粘り強さを大切にしてもらいたいと願います。

 それとこれも個人的な印象、感想なのですが、筒香とロペス、宮崎、ソトはどうしても打順をくっつけなきゃいけないのですかね? ソトにしても足の調子が万全ではないとの事。それをああいう中途半端というか、どっちつかずの使い方をする意味あるんでしょうか。そういう使い方をしなければならないほどポイントゲッターとして働いているのなら別なのですが、それよりも思い切ってレギュラーから外し、その間に足を治し、同時に調子を上げてきてもらうという考え方もあるのではないかと。

 いや、使うなら使うで良いと思います。実際、私、宮崎の時にはそんな事を書きました。その考えは今でも変わっていません(ソトと宮崎が同じ立ち位置かというとそうではないと思いますが)ただ中途半端、どっちつかずな使い方はおそらく誰のためにもならないのはないか。そう引っかかってしまうのです。



posted by omune at 00:06| 東京 ☀| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

ベイスターズ雑感 ようやく打線がつながりました (20190515)

 伊藤光のヒロインはあれですね、実に大人の雰囲気ですね。非常に好印象でございます。

 さて、8得点中7点までがホームランによるもの。ベイスターズらしいと言えばその通りですが、今日は結果としてホームランが大量点に繋がったという形で、そこに至るまでに出塁、安打が繋がったのが大きいでしょう。これが今後のチーム、その攻撃に良いきっかけを与えてくれる事を祈ります。

 それともう一つ。東が遂に初勝利、昨年の新人王がようやく今シーズンのスタートを切ってくれました。これも朗報中の朗報です。これで濱口、飯塚が帰ってきてくれると先発ローテーションもようやく形が整ってくるでしょう。

 また、三嶋、パットンといったところがしっかりと求められている仕事をしてくれたのもなによりです。特に三嶋のストレート、今日は凄かったですねえ。こんな仕事を二人揃って、僅少差の試合でも見せてくれるようになると、リリーフ陣にとっては救いとなります。大いに期待したいと思います。


 さて、このところ更新が出来ていない間に、三上の肘クリーニング手術について報道されました。あの暗黒末期からリリーフ陣の柱的存在として投げ続けてくれた投手です。その負担のほどは我々の想像をはるかに越えていたはず。

 この離脱がチームにとって痛いのは今さら語るまでもありません。ですが今はそんな事を気にせず、リハビリに専念してもらえれば。そして来シーズン、またその飄々たる表情からの威力ある投球を見せてもらえれば。そう思います。待っています。



posted by omune at 21:09| 東京 ☁| Comment(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする