2011年07月05日

松本復興相辞任

 松本復興相、世論に(いや、マスコミにでしょうか)瞬殺されてしまいましたね。まったく格好悪いったら。確率なんて言っている場合ではありませんでした。

 この時期に辞任するのはという意見もあるようですが、仕方ないんじゃないでしょうか。昨日の恫喝は、こういうタイミングでも許されてはいけないでしょう。あれが良いのだったら、もうなんでもありですわな。

 それと個人的には……

「九州の人間ですけん語気が荒い」そうで……


 ふうん………………、九州………………、出身………………、ですけん、か………………、………………、うちの親父に謝れよ(笑) 本当に穏やかな人ですよ、とても強い人ですけれどね!


 これも、あの方の自分ルールですよねえ。自分に課するのであれば一向に構いませんけれど、九州出身者を巻き込むなよ。まあ、一例ですけれど。人を待たすな発言ですとか、知恵を出せ発言ですとか、あの(笑)へたくそなボールパスですとか、自分の価値観をなんであれほど公の場で出す必要があるのでしょう。

「俺は漢(おとこ)だぜ」ってのをアピールしたかったんですかね、ほら、九州出身だからね。九州人に漢がたくさんいるのはよく知っているけれど、今回のはあまりに格好悪かった。

 そもそも、あの人がどんな性格だろうが、私には関係ないわけで。「一生懸命やっている」なんてことも、あまり拘りません。友人でも知人でもないですからね。私にとってのあの人は、映像や音声、活字を通して伝わってくる復興相というキャラクターに過ぎないと言っても良いでしょう。ええ、他人で、とっても偉い方の様ですから特にね。

 極論を言ってしまえば、個人的には政治家なんて悪人だっていいですよ。善人、正直であれば、良い政治が行えるってものでもないでしょうしね。ただ、その人間が政治の場にいることによって、国民がメリットと満足感を感じられなくてはいけない。これは絶対でしょう。どんな商売にだってマージンや利ざやってのがあるわけで、10の満足を政治から与えられたとしたら、そのうちの幾分かを多く持っていってもらっても構わない。そう思います。もちろん(?)法律に違反したら駄目ですけれど。うん……、うん、やっぱり駄目ですけれども。

 だから、松本元復興相には、まずやるべきことをやって、結果が出てから高い高いところから物を言ってほしかったですね。飛込競技の台の上にマイクでも立ててさ、なんなら格好良く飛び込んでくれれば大拍手だったのになあ。
posted by omune at 23:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック