2011年07月11日

発掘シリーズ 天邪鬼でしょうか

 またコミックネタですみません。発掘シリーズの一貫なのですが、ゆうきまさみ氏のコミックが好きでした。

あーる01.jpg バーディー01.jpg じゃじゃ馬01.jpg

 この三作品、大好きです。『 あ~る 』は本当に別格。毎週楽しみで仕方がありませんでした。『 バーディー 』は今のやつと違いますね。これも大好きでした。ところが、急に打ち切りになってしまい、アンケート葉書かなにかで小学館に抗議した記憶が (^^;;;)  少し前でしたっけ? 深夜にアニメでやっていたのを発見した時はびっくりしましたねえ。驚いただけで見なかったけど。

 で、やっぱり世間的にはゆうき氏と言えば『 パトレイバー 』なのかと思うわけです。でも、これは私はあまり好きになれなかった。ので、読んでいませんでしたし単行本も一冊もありません。こういうのが結構多くて、鳥山氏の場合は『 ドクタースランプ 』>『 ドラゴンボール 』ですし、北条氏の場合は『 キャッツアイ 』>『 シティーハンター 』ですし、あだち氏の場合は『 みゆき 』>『 タッチ 』ですしって、ただ単に先行作品が好きなだけか!? 今気がつきました。飽きっぽいんですかね?

 ところで『 あ~る 』と言えば光画部(写真部)の話ですが、今の中高校の写真部ってのは、やはりすっかりデジタル化されてるんでしょうか? となると、暗室も必要なく、あの口が「*」となる臭いも絶滅しているんですかねえ? どうなんだろう……。
posted by omune at 02:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌、書籍、コミック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック