2011年07月25日

アナログ停波。でも……

 アナログ放送、一応終了しましたね。昨日書かせていただきましたが、実家でアナログ放送を見ながら正午を迎えました。1分ほど前から「ご覧のアナログ放送はまもなく終了いたします」のアナウンス。その後はどうなるのだろうと待っていましたら、正午を過ぎても何事もなかったかのように放送は映り続けたのでありました。

「げ! 親父にテレビ買い替えさせたのに」 ∑(゚◇゚;)

 考えてみればそれもそのはず。映る映らないで言えば、今までのアナログテレビを使い続けても良かったわけです。実家はケーブルテレビに加入しておりまして、ちゃんとデジタル→アナログ変換された信号を送ってくれているんですね。ただ、やはり画質は圧倒的に違いますし、父も大型の美しい画面を気に入っているので丁度良い機会だったと思ってもらうことにしましょう。

 埼玉南部の我が家もケーブルテレビでして、元々U局だったチャンネルを除いて、やはりデジアナ変換をされた信号が送られてきているようです。そういう点で言えばケーブルテレビってのは良いシステムですね。屋根のアンテナも不要で景観も良くなりますし。もしも局側のシステムに問題が生じた場合地域全滅となるわけでしょうから、そこが怖いと言えば怖いところですが、今は衛星放送もありますから大きな問題にはならないでしょう。

 問題は好きなTVKが見られなくなってしまったことだなあ……。これだけはもうどうしようもないです。ただ、スタジアムでのベイスターズの試合はネット配信があるから大丈夫。いやあ、いい時代になったものです。
posted by omune at 00:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ、映画、ビデオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック