2011年09月14日

発掘シリーズ 『 パソトラ 』

 久しぶりの発掘シリーズです。こちらの作者様はばりばり活躍していらっしゃるとの事ですので、発掘シリーズにくくってしまうのは失礼ですね。ただ、今回ご紹介する二冊が発行されてから八年と十年それぞれ経っていますので、何卒お許しを。

 で、こちらが大好きであった瑠沢るか氏のパソコントラブル奮闘記『 パソトラ 』と『 パソトラ SP』(SP=サービスパック)でございます。

110913_pasotora.jpg

 題名の由来はもうお分かりかと思います。作者様がパソコンの自作に目覚め、愛機やパーツ、ソフトなどの様々なトラブルに旦那様や編集者さんと共に立ち向かっていくという、自作派には堪らなく楽しいコミックでした。

 いや、もう本当に「え? こんなこと起こるのか?」ですとか「ああ、あるある。似たようなこと経験したなあ」など、笑えるアクシデントがてんこ盛りなんですよ。いや、「笑える」というのは作者様に失礼かもしれないのですが。予想外のトラブルに直面した時、当事者はもうパニックですものね。

 この作品は、当時刊行されていたパソコン自作雑誌『 PC-DIY 』に連載されておりました。私自信も自作にのめり込んでいた時期でありまして、毎号必ず購入しておりました。で、まずはこの作品を読ませていただいてひと笑いしてから、他の濃い記事に読み進んでいくというのが常でした。

 以前にも書かせていただきましたが、最近になりまた自作を再開したくなってまいりました。そのための時間や資金が確保できるようになりそうな事が最大の理由ですが、たまにメーカーパソコンの蓋を開けた時などに、自作マシンの自由さが味わいたくなるというか。

 で、こちらの作品を思い出したわけですね。この二冊は今の部屋でしっかり本棚にしまってありましたので、そういう意味でも厳密には発掘シリーズに入れるべきではないかもしれません。

 当時とはもうマシンスペック、構成が別物とも言える現在ですので、内容は異次元となってしまいますが、それでも読んでいて笑えます。

 『 PC-DIY 』はとっくの昔に休刊となっております。私自身ももう何年も自作から遠ざかっておりまして、作者様はどうされているのかなあと何年かぶりに検索をしてみました。そうしましたら、バリバリと活躍されているご様子。しかも、同人で(?)パソコントラブルまんがを発売されているではないですか!

 買ってしまうとますます自作がしたくなるでしょうし、しかし読んでみたいしで、現在かなり悩んでおります (・へ・;;)うーむ・・・・


 しかも秋には「書き下ろし家電エッセイマンガ」が飛鳥新社より発売予定との事。こちらも是非読んでみたいです。


 るかぽん様=瑠沢るか様のWEBサイトはこちらです。

"Rukapon"'s Website PON'様
 http://www.rukapon.com/
posted by omune at 00:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌、書籍、コミック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック