2011年10月07日

キンモクセイ

 昨日書かせていただきました通り、実家に宿泊してまいりました。久しぶりにゆっくり睡眠をとりまして、体力もかなり回復した気がします。本来の目的である書類作りも、順調に終わらせることが出来ました。

 その作業の合間にふと庭に出てみると、満開の金木犀(キンモクセイ)が心地よい香りを漂わせておりました。

111007_キンモクセイ01.jpg  111007_キンモクセイ02.jpg

 ご承知の通り金木犀の花はとても小粒ですが、こうして満開になりますと葉の緑とのコントラストが美しいですね。

 実家の庭には以前から金木犀がありまして、私はその香りが大好きです。近付いた時の強いそれも、風に流れてくる微かなそれも、なんだかほっとするんですよね。芳香剤などでも金木犀の香りというのがありますが、やはり本物とは何かが違います。近いとは思いますけれど、それでもやはり違うんですよね。好きな香りだけに、余計にそう感じるのかもしれません。

 金木犀の花が満開でいる期間は短いですから、今回の実家宿泊は実に良いタイミングでした。

 他に香りの強い花というとどんなものがあるでしょうか。ジャスミンなどそうですね。改めて考えてみるとなかなか思いつきません。

 検索してみるとランやユリ(ユリは花粉も凄いですよね)ラベンダー、ライラックやスイートピー、ヒヤシンスといった花々が表示されました。なるほど、ラベンダーなどメジャーどころですね。ヒヤシンスって香りましたっけ? うーん、よく思い出せないなあ。育てたことはあるのですけれども (^▽^;)
posted by omune at 00:04| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物、植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、初めまして。
blogramから失礼します(^^)
いつも投票下さり、ありがとうございます!

私も金木犀の香りが大好きで思わず、書き込みさせて頂きました。
この香りを一年中、嗅いでいたくて「練り香水」を購入してみたのですが、
やはり本物には敵いませんでした。
秋の訪れを感じることができ、清々しい気分にさせてくれますよね。

ご実家に、このように立派な金木犀の木があって、
とても羨ましいです(*^_^*)
Posted by Erika at 2011年10月07日 20:38
 Erika様、初めまして。コメントをいただきまして、まことにありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 すみません。無知なもので「練り香水」という物をまったく知りませんでした (;^_^A

 さっそく検索してみましたが、いやあ勉強になりました。夏など汗臭さの防止などにも良さそうですね。

 金木犀が花を咲かせると、いよいよ秋も深まってきたなと感じます。街を歩いていて香りを感じると、ついどこで咲いているかを探してしまったりして。

 普段は比較的目立たない木ですが、花が咲いて「ああ、こんなところにもあったのか」と気が付かされる事がよくあります。実は意外とあちこちに植えられている木ですよね。
Posted by omune at 2011年10月08日 00:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック