2011年10月21日

桜木町の駅蕎麦屋さん

 うーん、お酒を飲んで帰宅すると寝てしまいます…… o( _ _ )o...zzzzzZZ

 そんなわけで、今日は朝の更新となりました。


 さて、最近どうも気になっている事があります。しかも、自分ではなかなか確かめる機会と時間がないので、人を頼ってしまおうという、omune的自分勝手な、ご都合記事でございます。

 渋谷駅の山手線ホームに気になる店があるんですよ。電車の窓から観察するだけなので詳しいことは存じ上げないのですが、見た限りではどうもカップ麺のメジャーどころ、あの『 どん兵衛 』専門店のようなのです。

 見た目は完全に立ち食い蕎麦屋なのですが、もしどん兵衛専門店だとしたら、まさかお湯を入れたカップがそのまま出てくるのでしょうか? 値段はいくらなんでしょうね。
 と、興味津々ではあるのですが、もしそうだとしたら私は遠慮しておくかもです。  (゚ー゚;A

 カップ麺はやはり仕事の合間や自分の部屋で味わうのがしっくりきますし、駅そばとは違う土俵にあるものだと思うのですよね。

 ……とか言いながら、そのうち「興味妖怪」に支配されて入ってしまったりして σ(^_^;)
 実際に味わった方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてやってくださいませ。



 駅蕎麦と言えば昨日は現場帰りに横浜、桜木町駅内の『 川村屋 』様に立ち寄りました。改札外にありますが、見た目も中身も純然たる駅蕎麦屋さんです。

 こちらのお店、すっかり当たり前となった食券システムを導入しておりません。店員さんに直接注文しお金を手渡すという、昔ながらのやり方です。

 こういう駅蕎麦屋さんは久しぶりでしたが、いやあなんとなくほっとしますね。

 創業111年を迎えたという『 川村屋 』さんは、汁に拘っているのが売りだそうです。ちゃんと鰹でしっかり作っているとか。味わってみると、確かに 醤油に頼らなくても汁を味わえる風味が存在しています。おいしいお汁です。

 値段も安いですね。おいなりさんを付けたかき揚げ天玉蕎麦が550円ですので、立ち食い蕎麦の相場で考えたとしても、なかなかにお得なのではないでしょうか?

 ただ、麺(私が食べたのは蕎麦です)については残念ながら典型的な駅蕎麦のものいう印象です。しかし、それを求めるのは贅沢というものでしょう。お汁の美味しさだけでも食べる価値はあるのではないでしょうか。ただし、ご想像は付くと思いますが、女性が入りやすい雰囲気ではありません。


 もう一つ、赤羽にも美味しい駅蕎麦屋さんがあるのですが、それについてはま改めて書かせていただこうと思います。では、これより出社いたします ε=ε=ヽ*^∇^)ノ イッテキマース♪
posted by omune at 08:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 飲食、食料 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Omuneさんが気になっております、
渋谷駅の「どん兵衛」の立ち寄り屋は、
イートインで、カップうどんが出てくるお店ですよ!確か、1つ200円だった気がします。
全国の限定の味(?)も買うことができるらしいですよ~。
行ったことはないのですが、以前テレビで拝見しましたので、コメントさせて頂きました。
Posted by Erika at 2011年10月23日 20:55
 おお、情報ありがとうございます。やはりそうなのですねえ。

 200円ですか。普通の駅ソバと比較したら、激安ではありますね。

 いやあ調査不足でした。食べログにも掲載されていますね。お湯を入れて、砂時計と一緒に渡してくれるのだとか。日清様の直営なのでしょうからそうはいかないでしょうが、ありとあらゆるカップ麺が食べられる店だったら面白いですね。

 あ、でもそんな店がどこかにあるという情報を以前テレビでやっていたような……。例によって記憶が朧です (;^_^A
Posted by omune at 2011年10月24日 01:43
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック