2011年10月23日

コメントありがとうございます

 うおお、まさか感情にまかせた野球愚痴にコメントが付くとは! Σ(T□T)


 この展開は予想外でした。というのも、野球に対する想いというのは本当に人それぞれで、なかなか立ち入りにくいと思うからです。しかも愚痴だし  ┐( ̄ヘ ̄)┌


 そんな記事にコメントをいただきましたお二方、ありがとうございます。知人にもですねえ、「野球の話題の時はスルー!」と宣告されているんですよねえ。色々な意味で感謝でございます。


 そ、それであのお……、「しゃあ」もスルーなのね???  ・゚・(ノД`;)・゚・



 それを受けてのこの記事は、またひどい長文になっているわけですよ。しかも、コメントへのレスとしては形を成しておりません。なんともはや、酷い話ですみません。野球のことはねえ、なにか駄目なんですよ。想いの方が先にたってしまうというか。そんなことで、いつもの通り雑文として考えていただけると助かります。はい、とても助かるのですが……、駄目でしょうか?


駄目に決まってんだろ! (ノ-o-)ノ ⌒┫    キャー(/o\) やめてー!





 あ、開いてしまいましたね。うっふっふっふ (;^_^A   ごめんなさいねえ、こんなブログで。おほっ! おほほほほほ!




 ……気を取り直して。

 はい、SNG様のおっしゃることは正しいと思います。そのうえで私は、広義で考えればやはり監督や選手達もNPBの将来(広義で、ですよ)を考えていくべきだと思うのです。それが結局は将来、自分達に帰ってくるのだと。


 さて、人気がないから落合監督を解任するなど、野球ファンは皆おかしいと感じていると思います。私もそう思います。ただ、勝手ながら新生ベイスターズに来てくれないかなあとか、ちょっとだけ思います。あ、ちょっとだけ、ちょっとだけです! ドラゴンズファンの方お怒りになりませんように。

図々しいベイファンめ! (ノ-o-)ノ ⌒┫    キャー(/o\)二度目よー! 

 これはドラゴンズの経営陣が日本球界の宝をないがしろにしたということで、彼らの経営陣としてのミスですよね。これが現場組の心理に影響しないわけがありません。おそらくは来年、再来年と色々な影響が出てくることでしょう。

 まあ、それはそれとして、「将来を考える」と一口に言いましても、それはスポンサーならスポンサーの、経営陣なら経営陣の、監督を含む指導者たちには指導者たちの、そして選手たちには選手たちの、裏方さんたちには裏方さんたちの、そしてマスコミにはマスコミの、ファンにはファンの、考えるべきこと、するべきことがあるのだと、私は思うのです。

 映像や演劇などの製作者たちの構図にも似ているところがあるように思います。スポンサーがいて、プロデューサーがいて、ディレクターがいて、数々の専門職のスタッフさん達がいて、役者さんがいて、ファンがいるわけです。監督や役者は自分の好きな通りやっていればいいのかと言えば決してそんなことはありません。それぞれの関係者がそれぞれの立場で、それぞれの仕事をして一つの作品が出来上がり、それがヒットすれば取りあえず目標は達成です。でもそれは、長い目で見れば一作品の成功というだけでは終わりません。

 商売ということでいえば会社や業界の発展に繋がるわけですし、スタッフやキャストの生活も潤うでしょう。受け手側には、その作品から影響を受ける人もいるかもしれません。その者の人生に、影響を与える場合すらあるでしょう。

 映像や演劇に限らず、物づくりにしても、各種のソフト制作にしても、電車の運転士さんや教員などもそうかもしれません。プロや職人の仕事というのは、大きな力やエネルギーを受け手に与えうるものだと思います。


 選手はやはり自らのプレーで、そして余計なことを言えば「プロ」である以上は考え方や生き様でもファンを喜ばせたり、力を与えたりする事が仕事でしょうし、「NPBの将来」についてもそうした部分において関わっていくべきでしょう。また、そういう関わり方しか出来ないはずです。

 しかし、実際に受け手側の心に届かなければ、それを受け渡す事はできません。伝わらなくてはその先はありません。プロ野球選手の凄さは、数字に出てくるところだけではないですし、瞬間報道(造語)で伝わるものでもないと思います。

 それを考えるとですね、その選手の結果だけが伝わってくるような異国のリーグに移籍するのとは別の、おそらくは大多数の選手が選ぶことになるだろう「プロとしての人生」もあるでしょうし、「行ける選手」が「敢えて行かない」事への評価ももっと高くて良いと思います。


 その一方で、メジャーに行ってなお、NPBにまで影響を与え続ける選手への評価ももっと高くあるべきですよね。

 誠志朗様がおっしゃる「ダルビッシュには日本は狭すぎるのでは」という考えにも賛成でございます。ダルビッシュがメジャーに行くなら誰も、どんな視点からも文句はつけられないでしょう。私もNPBファンの一人として誇らしく、期待を持っています。いったい何勝くらいするんだろうねえ、と。

 佐々木(大魔神ですよ。埼玉県民で鬼嫁持ちの健介さんじゃありませんよ)の時は、同じような感情でしたね。それまでに充分すぎるほどの希望を与えてもらえましたし、夢を実現してみせてもくれました。そんな我らの佐々木が、メジャーバッターをきりきり舞いさせる光景を見たいというのもありました。本当に拍手を持って送り出したい気持ちでしたよ。


 そんなわけで、私はメジャーに行くということ自体を否定しているわけではありません。が、FA移籍の件も含め、世間の評価や判断が一様になりすぎている気はしています。

「FAなんかするかっ!」という選手がもっとたくさんいたっていいですし、「海外に行ったら、横浜(一例として)のファンに俺のプレーが見てもらえなくなっちゃうじゃん」という選手がいたっていいでしょう。また、ファン達からそういった声が上がっても、不思議ではないと思います。

 同様にですね――


「うっへっへ! 俺は金が好きだぜ! 金だけのために野球をやるぜっ!」ですとか、


「金は安くてもいい。その代わり三年後にはアメリカに行かせて欲しい。いいだろ、みんな?」(親指を立ててみせる向こうで、前歯がきらりんと光る)ですとか


「指名打者しかやるもんか! 守備なんてどぅわいきらいなんどぅわわわわ!」なんて奴や


「守備だけで三億とってやっからよ。俺の技なら可能だろー。え? 打撃の話? あははは、知ってんだろ? 打つの嫌いなんだよ。だって当たったらあぶねーじゃん」みたいなことを言いつつ守備範囲面積四倍(当社比)の男ですとか


「三振だけは…、三振だけは…、三振だけはぜーったいしねえ」と言って、ファールで粘りまくる迷惑な選手ですとか、そういった連中がいても面白くないですか?


 うーん、もはや漫画ですね。でも、ここまではいかないにしても色々な選手がいて、色々な価値や評価があって良いのだと思います。プロですからね。お金の話なんか、最初からそう言っているのなら逆に応援するかもしれないですよ。悪いことをしているわけではないですから。個性であり考え方ですから。

 その邪魔をしている最大の犯人は、実はマスコミではないかと思います。え? そんな事は知ってるって? し、失礼いたしました <(_ _)> 


 評価が一元的であるという件(くだり)ですが、これってマスコミの姿そのものだと思いませんか? 食いつき方も、持ち上げ方も、落とし方も、各社ほとんど同じですよね。そして、いったん攻撃対象が決まれば、恐ろしいほど徹底的に叩きまくる。結果、姿を見なくなればその後のことはしらんぷり。それを疑問とする声は、彼ら自身からはあまり聞こえてこない気がします。


 どんなものにも表と裏があります。情報伝達を担っている以上、その両面をきちんと伝えて欲しいですし、そうであるとしたら同じネタでももっと色々な報道姿勢があって然るべきでしょう。これはこの話題やプロ野球に限らず、マスコミ全般に言えることだと思います。


 ほうらね、なにがなんだか分かりません。駄文書きの本領発揮です。最後まで読んでくださった方がいらっしゃったとしたら、心より御礼申し上げます。もっと下らない系の話で攻めていかないといけないですねえ。少し前に知ったのですが、「野球の話題はメジャーなブログではタブー」なのだそうです。あ、メジャーなブログでは、ですよ。なんでも必ず炎上するからだそうなのですが、2ちゃんねるなど見ていると分かる気がしますよね。


 で、お詫びにもならないのですが、最後までお付き合いいただいた御礼に「しゃあ」の出典をここで――


これは『 きかんしゃやえもん 』の主人公、「やえもん」の語尾ですね。

有限会社カシオペイア様 『 きかんしゃやえもん 』紹介ページ

 つまり、イカ娘でいう「ナいか?」みたいなものでゲソ!



 あ、いつもながら目が恐いですよ。ほら、笑って笑って……


そんなのが御礼になるかっ! (ノ-o-)ノ ⌒┫    キャー(/o\)三度目なんて酷いいい





 ほんと、ごめんなさい。

反省隊\(_ _*)m(_ _)m(*_ _)/ \(_ _*)m(_ _)m(*_ _)/ダブル
posted by omune at 00:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック