2011年10月29日

おっかいもの、おっかいもの♪

 これは私が友人と、はじめて親不在でデパートへ行った顛末です。

 週末を前にしたある日、同じ住宅地に住む友人のKS君が、私をこう誘いました。

「なあ、日曜日に伊勢佐木町に行こうぜ。松坂屋に****っていう不思議なのが売ってるんだってさ」
「えっ? ほんと!? 行く行く!」

 二つ返事で誘いに乗った私はその晩両親に願い出て、初めて親不在でのデパートお出かけを許してもらったのでありました。親に連れていってもらったことはそれまで何度もありましたが、友人との買い物はテンション上がりましたねえ。それは玩具売り場に売られている物だったのですが勿論そのまま帰るわけもなく、用もないのにいくつかの売り場を見て回りました。

 補足ですが伊勢佐木町というのは横浜、関内駅近くにある有名な商店街です。横浜スタジアムからは駅を挟んだ反対側になります。

横浜 伊勢佐木町商店街 イセザキモール 3~7St.

 そこにあった老舗の百貨店が横浜松坂屋ですが、今では閉店してしまって存在しておりません。しかし、老舗だけあって建物にも趣があり、いかにも百貨店らしい百貨店でした。ゆずのストリートライブの場だったのは有名なお話です。

街あわせ様 『 第5回 横浜松坂屋閉店

街あわせ様 TOPページ


 さて、伊勢佐木町や松坂屋のお話はここまでにしておきましょう。

 本題に戻りますが、その老舗のデパートで、私とKS君はいったい何を買ってきたのでしょうか?







111028_og.jpg


 はい、どうですか?

 え? なんでいきなり落書きが、ですって? やだなあ、違いますよお。これが答えなんですよお……。

 どうです? 説明不要ですぐになんだか分かるでしょう?



.::・┻┻☆()゚O゚) イタッ!!

 
 そうですかあ、分かりませんかあ。では言葉で……。でも、その前に予告します。お絵かきシリーズ、リベンジとしてまたやります!  (゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/オォー


 さて、これは『 シーモンキー 』ですね。買ってきた商品についての説明をさせていただくと、子供向けにアレンジされた小型甲殻類の飼育セットです。近未来のペットといった演出で、この未来風といえば未来風の姿をした甲殻類を成長させて楽しむというものでした。パッケージや説明書もそういった趣旨でまとめられておりました。

 水槽に、水道水から飼育用水を作るための粉末、乾燥させた卵、えさが、それぞれ1から4まで(だったと思います)番号が付けられた袋に入っておりまして、説明書どおりにそれを開封、進んでいくことで、誰にでも簡単に飼育が楽しめるという触れ込みでした。縦長の平たい小さなプラスチック水槽は一部がレンズになっており、彼らを詳しく観察できるようになっていました (;^_^A

 今でも忘れないのは説明書の内容でして、一尾一尾に個性(性格だったかな)があり、可愛がっていると見分けられるようになるですとか、それぞれに名前を付けてあげようといったような趣旨のことが書いてありました。子ども心に「ほんとか?」と勘ぐりつつ、それでもわくわくしていたのが懐かしいです。

 餌について詳しくは説明されていなかったと思いますが、思い出してみると限りなくきな粉に近かったような気がします、私は社会人にってからまた別の形でシーモンキーを飼育したことがあるのですが、その時の餌は本当にきな粉でしたから。


 それでですね、途中経過を大きくはしょりますと、その時はうまく育たなかったんです。卵からシャーペンの芯先ほどの小さな小さな幼生は生まれたのですが、結局うまく大きくすることができませんでした。シーモンキー子たちは程なくして全滅。私は動くものがいなくなった水槽を水すら抜かぬまま、物置に放置してしまいました。

 いけません! なってません! ほんと駄目な子です ┐( -"-)┌ヤレヤレ...  もしも、時をさかのぼれるなら、飛んでいって小一時間説教ですね  (`×´)丿 こらーっ!



 私が水槽の存在を思い出したのは、数週間してからだったと思います。例によって記憶が定かではありませんので、もっと短かったのかもしれませんし、実はもっと長かったのかもしれません。

 いずれにせよ何かを探していたのか、物置をあちこちひっかきまわしていたんですよね。そうしているうちに、物陰にあったシーモンキーの水槽が目に入ったのです。放置した結果を想像し、やはりこれではいけないと反省したのでしょうか、それとも単なる好奇心からでしょうか、私は水槽を手に取りました。すると――

∑(゚∇゚|||)はぁうっ!

 なんということでしょう。半分ほどになってしまった塩水の中、1センチ弱に成長したシーモンキーが数尾、ゆうゆうと泳ぎ回っていたのです。しかも、一尾は卵まで持っていました。本当にすごい生命力ですよね。

 え? その後ですか? それは……、言いにくいですが……。部屋に持っていきましたら、なぜかまた姿を消してしまいました。ちゃんと世話をしてやろうと思っていたはずなのですが、ひょっとするとそれがいけなかったのかもしれません。

 どうでしょう? 魅惑のシーモンキー、あなたも一度いかがですか?


 最後にシーモンキーについて詳しいページへのリンクを載せておきますね。上に書かせていただきましたパッケージや説明書の体裁や、後に再びシーモンキーを飼う事になった理由なども、これらのページをご覧いただくとご理解いただけるかと存じます。

 それとなにより! 私の絵がいかにリアルシーモンキーそのままかということも納得していただけるのではないでしょうか  (゚ー゚;A ふふーん



ウィキペディア 『 アルテミア 』 甲殻類の写真が掲載されております。苦手な方は注意!


オキラク ショッピング様 『 シーモンキー販売ページ


 ではでは~。また明日お会いしましょう (⌒ー⌒)ノ~~~
posted by omune at 00:07| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 動物、植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
シーモンキーの名前は子供が小学生の頃にやっていた桃鉄ゲームで知った程度なのでよく分かりませんが、不思議な生物ですね。
ある程度、放って置いた方がよく育つ…は子育てに通づるものがあると私は思います。

Posted by balm at 2011年10月29日 01:04
シーモンキーですか~。
昔、その名を聞いたことありますね。
ウーパールーパーやエリマキトカゲなどと同じ、
メディアによって作られたブーム。
くらいの認識しかありませんが。

生物を飼ったことがないんですよね。私。
金魚すらないような。。
女は(以下略
Posted by 誠志朗 at 2011年10月29日 09:36
 お二方、コメントをありがとうございます。

balm様
 桃鉄は未プレイなのですが、シーモンキーが登場するのですか? 初めて知りました。不思議ですよね。そしてなにより、あのしぶとさは尊敬に値します。よし、これからはシーモンキーを師と仰ぐことにします。……嘘です <(_ _)>


誠志朗様
 え? ペット未経験なのですか? そうですかあ……。ふっふっふ……、手始めにシーモンキーなんかどうですか?
Posted by omune at 2011年10月29日 23:51
シーモンキー…初めて知りました!!
wikiで見てみました。
omuneさんのお絵かきのままですね!
こんな生き物がいるんですか。

恐竜の骨みたいですね(^^)
餌がきな粉って…笑
Posted by Erika at 2011年10月31日 17:23
 Erika様、コメントありがとうございます。これを最初にペットとして売り出そうとした人がいるわけで、その発想は凄いと思います。

 この足がですね、泳ぐ時に綺麗に波打つのです。初めて目にした時には、ついつい見とれてしまいました。
Posted by omune at 2011年11月01日 00:51
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック