2011年11月10日

上野、ガラスケースの動物たち5

 いつもご紹介させていただいております上野駅歩行者用デッキでの動物オブジェ展示ですが、今月も新作に入れ替えられておりました。先月の記事では触れるのを忘れてしまったのですが、これらの作品群は東京藝術大学、デザイン科の学生様が2年次の授業で制作された作品の一部という事です。

 毎月作品が入れ替わり、私はそれを楽しみにしているのですが、道行くサラリーマンたちはあまり注目してはいないようです。うーん、楽しい作品ばかりなのに勿体ないなあ。

 まあ、通勤時は皆さん急いでいますからね。昼食時など通りかかると、時おり観光や買い物の方々などがご覧になっているのを目にすることがあります。

 因みにこの歩行者用デッキには他にもいくつかのウィンドウがあり、地元の会社の商品や美術作品など様々な展示がされております。花壇の花も定期的に植え替えられ、やはり東京の自治体はお金も持っているなあと実感いたします (;^_^A
 え? いえいえ、それだけよく整備されているということですよ、念のため。


 ということで、今回の展示作品をさっそく撮ってまいりました。

111109_鳩01.jpg  111109_鳩02.jpg

 作品名は『 鳩 』、今回も作者様名は一応ぼかさせていただいております。材料やなぜ本が置いてあるのかなどは、右写真のプレートにて作者様が説明されております。興味のある方は拡大してみてくださいませ。先月は可愛い路線の作品でしたが今月は一転して渋いといいますか、色々なことを感じさせる作品ですねえ。人の想いというか思念が感じられるような気がして、今月もいいなあと立ち止まって三方から眺めてしまいました。ただ、そうした部分が魅力であると同時に、苦手な方は苦手かもしれません。


 最後にこの展示がされている場所の地図を、追記の方で掲載させていただこうと思います。興味がおありの方は是非ご参照くださいませ~。





 毎月入れ替わる動物オブジェ、その展示場所はこちらです。







 で、全然違うお話なのですが、まあ隠し要素みたいな感じでここに……

 今日、上野のカレー屋さんでらっきょうおばさんを見ました。はい、らっきょうおばさんです。隣に座っていて気分が相当に悪くなり、すぐに席を立ったのですがそのあたりの話はまた後日に~。
posted by omune at 01:07| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 創作、制作 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

先月、アルパカさんに会いに行こうと思っていたのですが
ちょこちょこと忙しく行けずじまいで残念でした。
今月は鳩さんなのですね。
うーん、見た感じ斬新?中々面白そう。

らっきょうおばさんって何者でしょうか?
気になります。

Posted by balm at 2011年11月10日 12:04
balm様

 コメントありがとうございます (^_^)

 この展示は歴代作品がいつまでも見られるわけではないので、残念ではありますよね。それと感想の投稿システムなどあると、学生さんも励みになるのではないでしょうか。

 らっきょうおばさんは、カレーにずっと文句を言いながらつけあわせのらっきょうを食べ続けておりました。高級なお店ならともかく、大盛りで1000円しないカレーですから……。はじめから別のお店に行けば良いのにと、かなりいらいらしました。
Posted by omune at 2011年11月11日 00:54
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック