2011年11月24日

ワールドワイドウェブ用金銭余剰

 回りくどい題名ですが、要は使っていないWebMoneyが余っているという事なのです。

 なぜWebMoneyを購入したのかといいますと、今春まで777TOWNというオンラインパチンコサイトに出入りしていたからなのですね。オンラインゲームと言ってもこちらの場合は機械任せで打たせておけるので、ながらでプレイできるのです。

 え? 結果だけ知っても面白くないだろうって? そうですねー、ただ、私はパチンコの映像演出を眺めているのが結構好きなんですよね。音楽も映像もなかなか凝っておりますし、色々と勉強にもなるのです。ですから出玉、結果にはそれほど拘りがありませんでした。勿論、出ないよりは出た方が良いに決まっているのですけれど。

 上記に書きました打ち出しを自動化するためのアイテムを「無料で」入手するためには、イベントに参加しある程度の結果を残さなくてはいけません。そのための結果は(必ずしも出玉だけではないです)出したいと通っておりました。

 ですが、今年になってシステムの改変があり、イベント内容なども多少変わってしまいましたり、個人的印象として使い勝手が悪くなったりという事が重なり、ぷっつりと顔を出さなくなってしまいました。

 そこで困ったのがWebMoneyの使い道です。できるだけ無料アイテムでの自動打ち出しを行ってはいたのですが、どうしてもそれだけでは足らず課金アイテムを購入する場合が出てきます。そうした時の決済に使うためにまとめて購入したWebMoneyが、一万円分残ってしまっているのです。

 決済番号が書かれた紙っぺらになってしまったとはいえこれもれっきとしたお金なわけで、無駄遣いは出来ないなあとずっと放置してあったのですが、半年ばかりが経ちそろそろ処分しようという気分になってまいりました。

 そこで、無論777TOWNではなく使い道を調べてみたのですが、あまり良いものがないのですね。一部のサイトでは「WebMoneyは使い道に困るオンラインマネーの代表」というような言われ方もしておりましたが、この状況では確かにと頷かずにはおられません。

 しかし、皆無ではないのですよ。ゲーム機やソフト、テレビなどの家電やDVD、CD、書籍なども購入できたりするのですが、片や一万ではとても足りませんし(買い足せばよいのですが)、片や使いきることはできないでしょう。ちょびっと余るとこれがまた厄介ですからねー。

 そこで目をつけたのがVectorです。こちらのオンラインショップで仕事に使える某ソフトをダウンロード購入しようかと考えたのです。価格は税込みで9800円ですから、ほぼぴったり。今ちょうど、そのソフトの専門分野となる案件がありますので、タイミングとしてもばっちりです。

 領収書かあるいはその代替となる書類が発行されるのなら、それを会社に提出して小口扱いとすることが出来ます。これも大きなメリットですね。

 ただ、そのソフトの専門分野となるとはいえ、その内容が業務使用に耐える水準にあるかという部分が問題で、これがなかなかはっきりと説明されていないのですよね。

 説明しにくいのですが、その案件に必要な機能を持っていることは分かっているにせよ、どこまで高度なことが出来るかという部分が問題になるのです。説明やオンラインカタログ(?)には「*****が可能です」とまでは書いてあるのですが、その詳しい仕様、水準までは触れられておりません。これはメーカーさんに直接問い合わせするのが早いかもしれませんです。ダウンロードしてから「使えませんでした」では、さすがに会社請求もできないですから。

 こうした場合、体験版を入れるのが良いのかもしれないのですが、私は昔から(これまた個人的に)体験版というものに、というよりもそれをインストールしたりアンインストールしたりを繰り返す事に抵抗があるのです。自分のパソコンなら良いのですが、業務用のマシンについては出来るだけ余計な作業を行わせたくないのです。もしも不調になると、すべて私が面倒をみなくてはいけなくなる状況なので。ならば家のパソコンに体験版というお話になるでしょうが、残念ながら我が部屋のパソコンには動作に必要なパーツが実装されておりません (/_<) ナケルネェ


 まあ、こんな感じでちょっと悩んでおります。暫く調査して、できることなら作戦決行といきたいと思います。ではでは~ (⌒∇⌒)ノ""マタネー!! 
ラベル:買物 777town webmoney
posted by omune at 02:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン、インターネット | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック