2011年11月28日

血が騒ぐぞなもし

 少し前に、セガサターンのソフト『 ラングリッサー3 』が好きだったというお話を書かせていただきました。ラングリッサーはうるし原智志氏のイラストが売り(?)だった柔らか目のSLGなのですが、個人的にはサターンで最も気に入っていたゲームと言えるかもしれません。

 それでですね、かなり前に実家を出る時サターン本体は実家に置いてきましたのに、どういうわけかこれと他に数種類のお気に入りのゲームディスクは持って出てきたのです。ですから、ソフトはあるけれどプレイできないというサターンソフトが、部屋にいくつかあるわけです。

 肝心の本体はどうなったかと言いますと実家でいつの間にか破棄されておりまして、もはや影も形もありません。本体のないソフトなんて、最早ただのお皿かコースターですよねー。かと言って、今さら中古で本体を買うなんていうのも、馬鹿馬鹿しいお話です。そんな余裕があったら他に欲しいものもありますし。

 で「やっぱりエミュレータでどうかに?」という考えに至ったわけです。実はエミュレータには面倒くさいという印象がありまして、実機のBIOS吸出しですとか厄介だなあと今まで躊躇していたのです。ところが改めて調べてみると、今ではBIOSなしでもそこそこ(?)動くエミュレータがあるのですね。で、疑心暗鬼にインストールしてみましたところ――

ラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ

 動くじゃないですか。ソフトにもよるみたいですし、お目当てのラングリッサーにしても少々問題はあるのですけれど。BGMのですね、音程がとっぱずれる曲があるのです。そうですねー、なのさんのトランペットクラスですな。一部の方以外には意味不明ですね。要は相当に音痴ということです。お涙頂戴のシナリオ中に「てんてろれー」と音を外されると、笑いすら出てきます。それでも、何年かぶりにプレイできるだけでもラッキーとしか言いようがありません。

 まあ、エミュレータを使ってのプレイが好ましいことか好ましくないことかという問題はあるのでしょうが、ソフトはちゃんと購入したものですし、それが本体がないおかげでプレイできないわけですから、ご勘弁くださいませということで。

 取りあえずラングをプレイして、そのうちに他のソフトも動かしてみたいと思います。格闘系とかアクション系は難しいような気もしますけれど、さてさてどうなんでしょうね。
posted by omune at 00:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 各種ゲーム、パズル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エミュレーターでの起動、おめでとうございます。少々難があるようですが…まぁ。エミュはあくまでもエミュですからね、ある程度の不具合は仕方ないと思ってます。

「ラングリッサー」といえば、やはりうるし原智志氏のイラストがイメージできますね。

初めてパッケ絵を見たときに、「エロ絵師の人だ…」と少し驚いた事を思い出しました。
Posted by SNG at 2011年11月28日 08:15
SNG様、コメントありがとうございます。

 そうですね、エミュハエミュですし、インストールする前にこのソフトの場合そうなるという情報も得ておりましたので、まったく支障はございません。

 まあしかし、たまにはこうして昔のソフトをプレイしたくなる時もありますし、いっそ公式の『 ソフトサターン 』みたいなプラットホームでも作ってもらえたら嬉しいなあと、そんな事を思いました。

 うるし原智志氏はやはりそちらのイメージが強いですよね。私も同じイメージでした。

 最近ではこういったゲームイラストや先に書かせていただいた一般向けコミックなどは手がけていらっしゃらないんですかね。
Posted by omune at 2011年11月29日 00:52
ゲームメーカーって資産を有効活用するっていう意識が希薄だと常々思っています。
任天堂が"バーチャルコンソール"という形態でソフトを買えるようにしていますが、エミュが違反であると主張するなら、積極的にこういう事業も展開してもらいたいです(多くの企業があまり乗り気ではなかったと聞いています)。
古いハードだと動作するかどうか、パーツが出るかどうかも不安なところですし、そもそもハードもソフトも手に入らない状況にも関わらず、法律を盾に違反ですと言うだけでは、自転車道の整備もしないのに車道を走れというのと同じですよ。
新作をベスト盤やらインターナショナル盤やらと消費するのも結構ですが、その真髄が詰まった古き良きゲーム、自分たちのルーツをもっと大事にして欲しいです。
Posted by vyrus_empire at 2011年11月29日 01:48
 vyrus_empire様、コメントありがとうございます。

 ゲーム業界のお金の流れは全く分かりませんのでなんとも言えませんが、やはり古いソフトに拘っても儲からないのでしょうね。新しいハードと新しいソフトがあってこその商売なのだろうと思います。

 しかし、お気に入りは新しいソフトばかりではないわけですから、そういった過去の名作をプレイできる環境を整えて欲しいというのは確かにありますよね。
Posted by omune at 2011年11月30日 00:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック