2012年01月02日

尻切れとんぼだよお!

 11月19日に発掘シリーズとしてコミック『 うしおととら 』についてご紹介させていただきました。

過去記事『 発掘シリーズ『 うしおととら 』 』

 その時にも書かせていただきましたが、古い作品とはいえこれが非常に面白かったのです。記事の時点では3巻までを読んでいたのですが、その後も実家から少しずつ持ち帰っては読み進めておりました。で、いよいよラスボスの存在が大きくなってまいりまして、物語もクライマックスに突入しようというところまできております。

120102_うしおととら01.jpg

 27巻ですね。いやあ、面白いですよお。盛り上がっておりますよお。で、この正月休みをいい機会として、実家で最後まで読み切ってしまうつもりでおりました。そうしましたら――

「ない! ない!! ないよおおお!」

∑(゚□゚;)ガーン(。□。;)ガーン(;゚□゚)ガーン!

 そうなのです。いくら探しても28巻から先がないのです。ここまでの27冊は戸棚の一か所にまとめておいておりましたので、どうもここから先は当時購入しなかったようなのですね。

 調べてみましたところ、この作品は全33巻となっております。という事はあと6冊ですね。しかし、私、ここから最終回までの展開は覚えているのです。間違いなく当時読んではいるのですね。つまり、おそらくサンデー誌上での連載を読んでコミックスは買わなかったという事なのだと思われます。おかしいですねえ、なんで買わなかったのでしょうねえ。残念です (ノ_-。)

 そんな事を考えても仕方がありませんので、とにかく先を読むために機会を見つけて古本屋を調べて回ろうと思います。在庫があるとは思うのですが、ラスト6巻がずぼっと抜けているわけで揃えるのに多少かかるかもしれないですね。

 いや、『 ソク読み 』様ででしたら読めるのですよ。でも、やはり印刷物の形で読みたいなあと思いますので、そちらは最後の手段にしようと考えております。また最後まで読み切りましたら、感想でも書いてみたいと思います (*^-^)
posted by omune at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌、書籍、コミック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック