2012年03月22日

発掘シリーズ『 A'DASH 1998-5 』(画像多し注意)

 久しぶりの発掘シリーズですが、こちらのコミック雑誌をご紹介させていただきたいと思います。

120322_ADASH01.jpg

 A'DASH(エースダッシュ)Vol.4 1998年5月号です。少年エースの増刊ですね。表紙イラストは江川達也氏ですが、氏のコミックが収録されているかというとそうではありません。確か、表紙は毎回違う作者さんが描かれていたのではなかったかと記憶しております。他にも何冊か実家に残っておりましたので、確認してくれば良かったですね。因みに目次の方はこんな感じです。

120322_ADASH05.jpg

 アニメ化された作品が何作品もありますね。そして、私の好きなあのコミックもその名を連ねております。そのあたりの写真を何枚か掲載したいと思うのですが、うっとおしく感じる方も多いと思いますので、ここから先は追記扱いとさせていただきたく思います。




 追記までご覧いただきありがとうございます。

 まずは「私の好きなあのコミック」です。

120322_ADASH02.jpg

 はい、越智善彦氏の『 ロードス島戦記 灰色の魔女 』でございます。写真のページは最大の見せ場前の名場面ですね。この作品については以前に記事を書かせていただいております。

過去記事 『 発掘シリーズ『 ロードス島戦記 ―灰色の魔女― 』(コミック)


 一方、こちらもアニメ化された作品ですね。一、二回観た記憶はあるのですが、私の場合は録画なり、毎週視聴なりにはいきませんでした。このあたりはもう好みの問題だと思います (;^_^A

120322_ADASH03.jpg

 他にもマクロスやら鋼鉄戦士やら、豪華ですね。さすが当時で600円だけのことはあります(?)

 それとパラパラと再読しているうちに、こちらの作品が目に留まりました。

120322_ADASH04.jpg

 石田敦子氏の『 泣きたりない金魚 』という読みきりなのですが、これが面白かったのです。以前に命を救われた金魚だと名乗る娘と出会った主人公が、やがて重い真実を知りそしてという物語なのですが、少々都合の良い(失礼!)ラストシーンも含めて、良い味を出していると思います。ほっとするというのでしょうか。色々と入り組んだ複雑な物語も読みごたえがありますが、短編らしいこうした物語もたまに読むと心が軽くなりますね。

 改めて調べてみたところ有名な方なのですね。アニメーター、キャラクターデザイナー、漫画家、イラストレーターという事で、数多くの有名作品に関わっていらっしゃるようです。野球に関係がある物語も描かれているようで、機会がありましたら一度読んでみたいと思います。

 上にも書かせていただきましたが、実家にはまだ他の過去コミック誌がありましたので、またいつかご紹介させていただこうと思っております。


posted by omune at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌、書籍、コミック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック