2012年03月23日

発掘シリーズ 『 CASIOPEA 』

 発掘シリーズと申しましても、本日の記事は具体的なブツがあるわけではありません。

 実はこのブログには珍しく(?)昔聴いていた音楽のお話なのです。具体的にはご存知の方も多いであろうCASIOPEAについてですね。

 昨日、高中正義氏についての記事でしたが、その中で当時フュージョン系の音楽が好きだったという話を書かせていただきました。一時はそちら系ばかりという時期もありまして実に偏っておりましたです。今はそうでもないのですけれどね。

 で、最も好きだったのがT-SQUAREでした。過去記事でちょろっと触れさせていただいた事があると思います。

過去記事 『 発掘シリーズ 電子楽器2

 そしてSQUAREと並ぶ頻度で聴いておりましたのがCASIOPEAなのです。私は音作りや演奏のテクニックなどはについては全くの素人ですので全く信憑性のない話になりますが、SQUAREはパワー、CASIOPEAは切れという印象を持っておりました。スピード感、疾走感と言っても良いかもしれません。

 昨日、ハードディスクに高中正義氏の曲が入っているという話を書いていて、久しぶりにじっくり聴いてみたくなりました。で、高中氏に限らず好きだったフュージョンの曲たちを久しぶりに堪能しました。さらにYoutubeで検索してみると出るわ出るわ。いやあいい時代ですねえ。同じ曲でもライブごとに、あるいは演じるごとにアレンジや演奏が微妙に違っているわけでして、そこでまた暫く聴きまくっておりました。

 やっぱりCASIOPEAは格好良かったです。

 ところで……、そんな有名バンドのメンバーですけれど向谷実氏について、タモリ倶楽部などに出演している鉄道専門家だと思っている方、ひょっとしたらいらっしゃるかもしれないですよね。いや、もちろんあの『Train Simulator』を制作したわけですからそちらも一流なのでしょうが、それだけではないのですよお。



 そんなわけで今日もYoutubeリンクを。個人的にこのバンドの曲で最も好きな曲と次点の曲です。

Youtube 『 Casiopea - Asayake *Live in London 1983
 音が割れているんですけれどね。それもライブ感があっていいかと。ASAYAKEは溜めの曲だと個人的には思っています。このライブでも溜めが爆裂しています。いやあ、格好良い。

Youtube 『 SPACE ROAD
 やはり代表曲のSPACE ROADです。こちらは疾走感に引っ張られるような気分になってくるような曲。それでいてゆったりした気分になってくるから不思議です。

 いやあ、久しぶりに聞いてみましたフュージョン、やはり良かったです。久しぶりに曲集めを再開してみてもいいかもしれないですね。

 詳しくもない音楽の話で読んでくださっている方は辟易ですかね (;^_^A

 まあこういうのも、このブログではあまりないことだと思いますので何卒ご容赦を。色々と探していましたら昔好きだったバンドが他にもいくつか発掘されたのですけれどね。

 それで思ったのですが、私の世代はレコードからCDへの変化をもろに体験した世代でして、なにより悔やまれるのは昔のレコード、カセットテープ、MDを捨てて、あるいは人に譲ってしまったことですね。これにより、昔の音楽ライブラリの半分以上は消失してしまっています。皆さんはどうでしょう? 大切に保存している方ってどれくらいいらっしゃるんだろうなあ……。


posted by omune at 20:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽、楽器 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック