2012年04月01日

ベイスターズ雑感 4月1日号 あ、めでてえなあぁ!

 ベイスターズ勝ちましたですね。いやあ、実にめでたい!

 昨年、いや正確には一昨年から色々経験してきたベイスターズファンの皆様には一つの区切りとなる日になったのではないでしょうか。また、新生一年目のシーズンを戦っていく上でも大きな一勝だと思います。

オフィシャルページ 『 試合速報
(あう、ページ内の日付が間違っています。3日ではなく1日ですね)

 昨日の敗戦で正直「危ないかもしれない」と考えておりました。様々な変化を見せてくれているにしろ、昨年までのことを考えるとこのままずるずるいってしまうのではないかと。

 しかし、さすがベテランといいますか、三浦がしっかりと仕事をしてくれました。感謝感謝です。

 また、他にも中村、森本、ラミレスといった経験豊富な選手達がまだ勢いが不足気味の若手達を引っ張ってくれておりますね。今日は金城もチーム初本塁打を放ちましたし。

 特に連日の勝負どころでの起用に応えてくれているラミレスの勝負強さには今更ながら驚かされます。中村、森本もいよいよ本領発揮というところでしょうか。このままいってくれれば、やがて公式戦慣れ(?)してきた若手達の調子が上がってきた時、いよいよ念願だった「繋がりとして機能する打線」が実現するかもしれません。それでも破壊力の不足は如何ともしがたいでしょうが、来年再来年と続いていくだろうチーム強化のベースは出来るのではないかと思います。

 それともう一つ。この三連戦、合計で何点取られるかを注目しておりました。結果は5、3、2点で合計10点ですね。

 投手だけの問題ではなく、チームとして失点をどれだけ少なく抑えられるかが今年の勝負どころではないかと私は考えております。これが失敗すると、地道に稼いだ得点を一瞬にして大量失点で失ってしまうというパターンが連発する事になり、せこい野球そのものが成立しなくなってしまうと思うからです。

 それを念頭に於いて、この開幕三連戦での失点数、加えてその仕方はどうでしょう? まずまずだったのではないでしょうか。うまい方向に流れていけば「大」とまではいかなくても交流戦前くらいに「小爆発」くらいはできるかもしれないですね。そのためにもバッテリーの頑張りと守備力の維持、向上に期待したいと思います。


 最後に昨日の負け試合で、こんな報道がありました。

スポーツ報知 『 キヨシ1敗も加賀“再生”

 嬉しい内容ですよね。チームとしてどういう方針で選手を起用しているかよく現れていると思います。篠原の続投についても含め、良い起用選択ではないかと。加賀については結果として成功しましたからこうした論調の報道となるわけで、もしまた打たれていたら一部からは批判されたかもしれません。しかし、たとえそうなったとしても、最後まで続けていって欲しいです。それによって伸びる選手が必ず出てくると思いますので。それはチームにとっては勿論、その選手にとっても大きな財産になるでしょう。


 いやあ、それにしてもほっとしました。良かった良かった ъ( ゚ー^)


posted by omune at 22:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック