2012年04月03日

地下鉄でネット接続

 さて下記の記事の通り、今日は駒込から地下鉄南北線で赤羽岩淵、そこから直通で埼玉高速鉄道と乗り継いで帰宅してまいりました。

 地下鉄に乗った時点で帰宅できることはほぼ確定となりまして、ほっとしながらスマホで交通情報やニュースを閲覧しておりました。で、ふと気が付いたのです。

「あれ? 駅間でもネットちゃんと繋ってるよ」 (・oノ)ノ

 たいていの地下鉄はそうだと思うのですが、南北線も駅に停車中はネット接続可能なのですが走行中、駅間においては切断されてしまっておりました。それが何度やってみても停車中と同じ状態で接続が可能なのですよね。これは地下鉄利用が多い私にとって、非常にありがたい事であります。お気に入りのブログ様にもお邪魔しやすくなりますしね。

 で、ふと思いました。

「埼玉高速鉄道に入っても繋がらのかしらん?」 「(゚~゚o)ウゥーン

 まあ、当たり前と言えば当たり前の事なのですが、赤羽岩淵を発車するとすぐ電波強度表示が減りはじめ、ほどなく接続不可能となってしまいました。

 で、帰宅して検索してみましたら、走行中のネット接続が可能になったのはまだ南北線の本駒込、赤羽岩淵間だけのようですね。ただし、2012年中には全線にサービスを広げるとか。都営地下鉄でも同様のサービスを開始しておりますので、今年中にはほぼ全線でネット接続が可能になる見込みだそうです。

日本経済新聞 『 地下鉄走行中も携帯接続

 いや、しかしこの件について、今日までまったく知りませんでした。勉強不足でお恥ずかしい限りです。
記事中にもある車内での通話に関してですが、これはきっと問題になるでしょうね。走行中は騒音につられて声も大きくなりますし。騒音の上がり方も地上の電車に比べると大きいですしね。

 加えて、私だけかもしれませんが窓外の風景が存在しない分、地下鉄利用時に受ける圧迫感はやはり大きいと思います。混雑時にトラブルが起こったりするのではないでしょうか。技術的に可能なら、ネット接続はできるけれど通話は不可能といった仕組みがあっても良いかもしれないですね。


posted by omune at 23:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン、インターネット | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック