2012年05月02日

か~いかいかい、か~いかいかい

 いよいよ奴の季節が近づいてまいりました。はい、そうです、水虫です!

(>_<。)HelpMe!!

 いや、毎年今年こそは根治させるぞと試行錯誤してはいるのですよね。足は出来る限り綺麗にしているつもりですし、できるだけ乾燥させるようにしています。靴下やマットもちゃんと清潔になっていますし、薬を塗ってもいるのですよね。

 その甲斐あってか昨年や一昨年あたりは症状は軽度で、それも秋口からはほぼ消え去っていきました。しかし、やがて春が来て気温と湿度が上がってくると「はい、残念でした」とばかりに再発してしまうのです。今年もやはりそうなってしまったようで、さらに例年より少し時期が早いような気がします。

 完治したように見えても一か月は薬を塗り続けることというのは水虫退治の定石ですが、おそらくはこの部分が不足しているのだろうと思われます。中断してしまうのは大抵、軟膏のチューブを使い切ってしまったタイミングのような気がします。もう一本買ってきて使い切ればよいのかもしれませんが、見た目には良くなっていますし涼しくなると見かけ上快方に向かうという事で、ついそこまでとなってしまうのですね。

 というわけで、今年は常に数本をストックしておく作戦に出ることにしました。今日のところは二本まとめ買いしただけですが、他に比べて若干価格が安い薬をさらに何本か買い足してしまい、秋までの弾薬を確保してしまおうというわけです。途中で薬の種類もいくつか変えてみたりしつつ、完治を目指そうという持久戦ですね。

 それにしてもなんですね、こうした軟膏の他にもっと劇的に効く方法ってのはないものでしょうか。木酢液とか酢、あるいは食塩水とか効きそうなイメージもあります。でも、それで完治するなら薬はいらないですしねえ。晴れた日に裸足で足の裏を日光浴なんてのも効果があるような気がしますが、実際のところはどうなんでしょう。そんなに軟な相手ではないかもしれませんなあ。って、そもそもなかなかそんな時間も取れない状況でございます (;^_^A


ラベル:軟膏 水虫 根治
posted by omune at 23:23| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック