2012年05月10日

ベイスターズ雑感 5月9日号 ファンクラブ交流デー

 お疲れ様です。本日の仕事も無事終わりました。納期に間に合って良かった良かった。

 さて、昨日観戦したドームでのベイスターズ戦ですが、なかなか欲求不満がたまる様な試合でございました。勝敗だけではなく、試合内容全体が今ひとつぴりっとしない展開でしたからね。

120510_ドーム01.jpg

 1回表にラミレスの2ランで先制したわけですが、良かったのはここまで。その直後にすぐに1点を返されたジオは、ボールカウントの進み方からして序盤からいっぱいいっぱいのよれそれです。まだ代えないのかまだ代えないのかとはらはらしておりましたら案の定、谷選手に被弾してしまいました。その前の阿部選手がストレートのフォアボールで続く高橋選手のヒットとやられるパターンにどっぷりはまり、打たれるオーラ全開だったのですけれどねえ。

 これは決定的な追加点を取られた菊池も同様で、その始まりは藤村選手へのストレートのフォアボールでした。観ていて、私だけかもしれませんが一番しらける失点が連発でした。でも、本当になんでジオを代えなかったのだろう。リリーフ陣への負担を考えての事なのかもしれませんが、今日杉内である事を考えると勝ちに拘って良い試合だったのではないかと思います。

 因みに……、1安打は放ちましたが吉村、どうもおかしな感じです。打てそうな感じがしませんでした。また筒香も妙に力んでいる感じで、下半身が先にどっしりと座ってからのあの回転がずれ、ぎくしゃくしている感じでした。

 それと3点を返した8回の攻撃ですが、開始した時点では6点差でした。そして先頭打者のラミレスがレフトオーバーのシングル(!)で出塁しました。と、代走一輝に交代です。今シーズン、繰り返されている選手起用ですよね。ラミレスに故障の危険があるのか、あるいはシーズンを通して起用するために途中で交代させる事になっているのか、それは分かりません。でも、いつもの事ですしシーズンは長いのですから、それも仕方がないのかなと己を納得させておりました。

 さて、そうこうしているうちに中村が技ありのライト前で続きます。すると、今度は中村に代えて代走を投入、しかも小池です。

「……なんでかなあ?」

 うーん、おそらく私が間違っているに違いないのです。しかし、それでも分からないのです。
「最後まで諦めない」のですよね?

 6点差あって、イニングはもう1回あるのですよね? そして4番打者と5番打者が連続して出塁したと。結果、ここから3点を返していくわけですがそれは結果として、しかし6点差を追いつくためには誰がどう考えてももう一度クリーンアップに回っていく事になるでしょう。

 その時にラミレス、中村が既に退いているというのは、それだけで相手投手とベンチを楽にしてしまうように思えてならないのです。うん、これが1点差や2点差だったのなら分かるのです。しかし「最後まで諦めない」チームが6点差を追いつくつもりで攻撃に臨むのなら、交代の目はないのではないかと。

 たとえどんな展開でも試合の終盤には退かなくてはならないのだとしたら……。うーん、どうなんだろうなあ。

 さて、それはそうと昨日は両球団のファンクラブ交流デーとの事で、スターマンやdianaが参加してのイベントなどがありまして、ベイスターズファンにとってはサービス満点の試合でした。また流石アウェーと言いますか、ベイスターズファンの集団は外野席の一角、全体の1/10くらいかと思うのですが、とても元気が良くて応援だけなら負けていなかったですよ。

 あと、村田選手はやはり一度ブーイングされてましたね。はい、そうする気持ちはよく分かります。で、個人的にはそれでいいのだと思います。彼がどうでも良い存在だったなら、そんな表現をされたりはしないでしょう。それだけベイスターズファンにとって大きな存在だったという事ですし、本人もずっと忘れてはいけないと思います。

 因みに私は「漢(おとこ)村田」なんて最初からいなかったのだと思うようにしておりますので(ずっとジャイアンツに入りたかったらしいですから)、まあこれは良い方向にも悪い方向にも感じなかったといいますか、それよりもビールに夢中でした (;^_^A  だってねえ、よその選手ですからねえ (;^_^A


 あ、こんなくだらない記事を書いているうちに今日の試合も終わりました。追いついたんですね。現状の打線であれば投手が粘れば何とかなるという事でしょう。昨夜、予告先発が発表された時にジャイアンツファンはそりゃもう大喜びでしたが(勝ちを確信して)今頃悔しがっているでしょうねえ。

 いずれにしても欲を言えば引き分け二つのうちどちらか一つは取りたかったところですが、展開からすればすべて負けパターンでしたからそれは欲張りすぎかもしれません。ただ、現在の状況であれば取りあえずは暫くまともに戦えそうではありますよね。筒香、ラミレス、中村の調子がそろって落ちるときついでしょうから、なんとか交流戦終了まで誰かが打っている状態が続いてくれるといいですね。


posted by omune at 22:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック