2012年05月16日

ベイスターズ雑感 5月15日号 国吉二軍落ちなり

 交流戦を前に国吉が二軍落ちとなりました。これはまあ仕方がないかもしれませんね。なんでもこのところ疲労の蓄積でイメージと身体の動きが一致していなかったとの事ですが、この記事を読んでいてキャンプ時の友利コーチの言葉を思い出しました。

毎日JP 『 DeNA国吉、出直し

ニッカンヤキウソクホウ 『 横浜・デニーコーチが激怒

 国吉には大きな期待を抱いていたのですが、しかし考えてみればそれも酷な事かもしれません。故障もあって春季キャンプを満足に行えたのは今年が初めてとの事ですし。でも、まあそれを差し引いてもローテーションを任されたピッチャーが開幕からひと月半で疲労してしまうのでは力不足としか言いようがないでしょう。

スポーツ報知 『 国吉1回2/3、6失点で“無期限”2軍降格

 この記事中の友利コーチの言葉がすべてだと思います。ですから、確かに無理して上げてくる必要はないかもしれないですよね。ベイスターズの将来を背負う投手である事は間違いないのですから、じっくりと身体を作り直して、それにフィットさせるべくフォームを調整して、それから再挑戦でも良いのではないでしょうか。コーチの言う通り下半身ができていないのに無理して投げさせ続けたら、故障してしまう可能性も高くなりますものね。なんだったら来年でも良いのではないかと。チームとしては痛いでしょうが、とにかく体作りを優先してもらいたいところです。

 それともう一つ注目のニュースがこちら――

デイリースポーツオンライン 『 DeNA、元楽天・ルイーズ獲得へ

 ふむう、選手枠最後の一つを使ってルイーズを獲りにいきますかー。これ、もう確定なんですかね。よほど状態がいいんでしょうか。

 私は詳しくないのですが、一塁以外は守れるのでしょうか? 中村が好調でチームを支えてくれていますから、これを外すというのは考えにくいでしょう。かと言って代打で使うならその分若手に経験を積ませるべきかもしれないと思いますし。うーん、どういう形で起用していくのかなあ。なんて事を言っている私ですが、もし実際に入団して、本当に活躍してくれたならもう神様扱いですから。ええええ、そうですとも節操がないんです。いいんです  o<-∀->o ビロ~ン

 ところで好調の荒波ですが、規定打席までもう少しですね。ずっと一番を打ち続ければ十試合程度で追いつくのではないでしょうか。その時点で現在の打率をキープしていたとしたら勿論リーグトップですね。まあ、そううまくはいかないのでしょうが、現在セ・リーグの三割打者は三人しかいないわけで、上位十人なら十分狙えそうです。にしても、打撃成績一覧を見るにつけ、中村の得点圏打率は光っておりますね。素晴らしいとしか言いようがありません。


posted by omune at 01:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック