2012年05月19日

水道水汚染 徹底的な解明を!

 いや、これは洒落になりませんね。そうです、利根川水系のホルムアルデヒド汚染です。

 ダムから膨大な量の放水を行った結果、ひとまず埼玉県、行田浄水場の取水制限は解除となったようですが、千葉県柏市や野田市の断水の方はどうなっているのでしょうか。徐々に気温も上がりつつあるこの頃、断水はきついですね。マンションの高層階にお住いの方々など、給水場所から水を持ち帰るだけでも一苦労でしょう。スーパーからも地域によってはミネラルウォーターが姿を消しているようですし、この騒動しばらくは尾を引きそうです。我が家は荒川水系なので今回は難を逃れておりますが、本当に他人事ではありません。

MSN 産経ニュース 『 埼玉の浄水場の取水制限解除、千葉は新たに1カ所で停止

MSN 産経ニュース 『 住民、給水求め列

 これについてですが、徹底的に原因究明を行って欲しいですね。質の低下や味の良悪は別としても、安全な(?)水道水というのはこの国の財産だと思いますし、大げさではなく絶対に守らなければいけないものでしょう。



 取りあえず健康に対する過度の心配は必要ないということです。が、そもそも水が出ないのでは話になりません。

 記事にもありますが、これだけ広範囲に汚染されたという事は原因もそれだけ大規模なものだと考えられます。過失によるものなのか、まさか故意という事はないと思いますが、流出元の関係者は(あるいは個人は)それを分かっているのか、知らず知らずのうちなのか。前者であるならば徹底した洗い出しと処罰をお願いしたいものです。絶対にあやふやに、また中途半端に終わらせてはいけない事件でしょう。

東京新聞 『 ホルムアルデヒド 利根川支流域 汚染源か

 段々と汚染源の絞り込みが進んでいるようですね。しかし、汚染源が二つ??? どういうことなのでしょうね……。


posted by omune at 23:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食、食料 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック