2012年05月21日

雲間に見えた金環食

 皆様、金環日食はご覧になれましたか? 恨めしや梅雨前線となってしまった地方もあるのではないでしょうか。
 
 その影響で関東地方では南部に行くほど雲が厚くなる状況だったようで、日食の中心線に近づくべく実家へと赴いたのが裏目となってしまいました。そのまま埼玉にいれば、じっくりと観察できたのかもしれません。

 さて、朝食の後片付けを終えて空を見ると太陽がある筈の場所には黒い雲底が陣取っております。「あー、こりゃあ駄目だ」と相当に落胆いたしました。本当にお貴重な機会であることに加え、せっかく日食観察グラスも買ってあったのになあ、と。

 ところが、です。部屋からちらちらと空を眺めておりましたら、まさしく金環食の最中に雲が薄くなったのですよ。その瞬間、住宅地のあちこちから大きな歓声が上がりました。その後も数十秒ずつ断続的に日食を観察する事が出来ました。ただ、雲間から見えている時間がそれぞれ短かったため、とても写真を撮るどころの騒ぎではありませんでした。

 実家のある地域に梅雨前線がかかってしまったのは不運としか言いようがありませんが、そんな状況でも、しかも金環食の最中に雲が薄くなってくれたのは逆に幸運と言えば幸運かもしれませんね。

 ちなみに雲の薄くなり具合が絶妙と言いますか、日食観察グラスは全く必要ありませんでした。かけてしまうと逆に確認不可能な程度の透け具合だったのですよね。実に勿体ない話ですが、まあなんとかにでも日食が観察できてなによりでした。それなりに満足しておりますが、正直言えばもっと長くじっくりと見ていたかったです (〃´o`)=3 フゥ

ラベル:金環日食 天候
posted by omune at 22:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック