2012年08月30日

SSDに換装しまひた

 今年の頭からノートパソコンをメインマシンとして使うようになりました。それまでは一時ノートを使った事はあったものの、基本的にずっとデスクトップでやっていたんですよね。数年前までは自作が好きでしたから、その影響がとにかく大きかったです。

 で、色々ありまして現在のノートに乗り換えたわけですが、ここ最近「開けたい病」が発症しておりました。要はたまに蓋を開けて中をいじりたくなるという事なのですが、自作機でしたらこれは簡単にできるわけです。勿論、パーツ代はかかりますけれど。ただ、ノートとなるとそうはいきません。いじれるのはメモリ、ストレージ、光学ドライブくらいでしょうか。それ以上踏み込めるほど知識ありませんから、仕方ありません  (;-_-) =3

 メモリは数か月前位に手を付けました。中古のメモリを買ってまいりまして増量したのです。で、今回はストレージを取り換える事に。これまで内蔵のHDDとUSBの外付けHDDで運用していたのですが、内蔵HDDをSSDに交換しました。

 価格も随分と下がりましたし、なにより機械部分がない事、それによる耐衝撃性能は魅力です。速度の事もありますが、それはまあ体感で速くなっていると感じられれば嬉しいかなという程度。そして、それよりも、今回導入を決めた大きな理由がありました。

 現在、システムドライブの復元用イメージを外付けHDDに保存しているのですが、そちらには他にも自分的には大切なデータや仕事の書類なども入っております。で、それらをバックアップしておく先が無かったのです。

 もう一台外付けHDDを増やす選択肢もありますが、128GのSSDでしたら値段差もそう大きくはなくなってきています。それならいっそ内蔵HDDを換装してしまい、USB接続のケースに入れてバックアップ先として運用してしまおうというわけです。容量は現在の外付けより小さくなってしまいますが、必要最低限のバックアップならそれでもいけるでしょう。

 思い立ったが吉日。最近はあんまり拘りはありませんので、ネットで価格や情報を漁って機種をCrucial m4の128GBに決めました。

 肝心の移行作業ですが、私の場合は特に難儀する事もなく、時間もさほどかからないで終わりました。この商品にはデータ転送ソフト(EZ GIG4)とケーブル(SATAをUSBに変換するもの)が付属しておりまして、そちらに任せっきりで全く問題なくシステム、リカバリー領域、データを移行できました。ドライブ全体のサイズはSSDの方が遥かに小さいわけですが(大抵の場合、そうなると思います)実際のデータ総量がSSDのサイズより小さければ、パーティションの切り分けなどはソフトが勝手に処理をしてくれるようです。

 移行が済んだSSDを実際にHDDと交換する時、筐体の蓋を開けますけれども、その時に蓋の爪が折れてしまうのではないかという点が一番怖かったです。勿論、開こうとした先は全て自己責任ですから、メーカーのせいなどではありませんが、正直「もう少し開けやすく(力が要らないように)してくれたらいいのに」とは思います。

 蓋をあけ → HDDのマウンタを固定しているネジを外し → マウンタごとHDDを取り出し → マウンタをSSDに付け替え → 元の場所に組み込み → 蓋を閉める

 これで作業は終わりです。電源を入れましたら「SSDにしては時間がかかるな」という位の時間でウィンドウズ(7)が立ち上がりました。ドライバが勝手に組み込まれ再起動を促されますので指示に従います。以降は本来の(?)速度で立ち上がってくるようになりました。

 体感速度ですが、確かにOSの立ち上がりや、ソフトの立ち上がり、キャッシュの読み込みなどは相当に速くなっています。ベンチマーク計測などはしていませんが、実際に体感速度が上がっていますからまあ問題なしでしょう。

 取り外したHDDですが、外付けケースに組み込み認識テストまではしたものの、まだバックアップ用としての運用はしておりません。もう少し様子を見て安定動作を確認したところで、フォーマットをかけようと思っております。

 そんなわけで「いじりたい病」の禁断症状は取りあえず治まりました。なにより、これがSSD換装の最も大きな効用かもしれませんね  (;^_^A


posted by omune at 22:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン、インターネット | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック