2012年09月19日

USBキーボードの反乱!?

 今日は愛用のノートパソコンで、なんだか不思議な現象が起きました。

 先刻、電源を入れましたところ、パスワードの入力画面で特定のアルファベット一文字が入力できなかったのです。他は問題なく入力できるのですが、その文字だけ何故か反応してくれないのですよね。他の文字が入力されてしまうとかではなく、まったくうんともすんともいわないわけです。

 ところがです。Caps Lockで大文字にするとキーが効くようになるんですよね。ですから、Caps Lockをかけ、さらにShiftキーを使用することでパスワード入力はクリアできました。しかし、立ち上がりこそしたもの、問題のキー異常は継続しておりましたので、文章入力がまともにできません。

 因みに、私はノート本体のキーボードはあまり使わずUSBキーボードを手元に引いてきて使っているのですが、そのいずれでも同じキーが効かない状態となっておりました。Caps Lockで大文字設定にしてしまえばキーが効く点でも両者同様です。どうでしょう、こうした場合、どちらかのキーボードに不具合があり、それがもう一方のキー入力にも影響していると考えるのが普通だと思いませんか?

 そこで、取りあえず電源を落とし、USBのキーボードを外して再び起動してみたのです。ところが、それでも本体のキーボードは生き返ってくれませんでした。

Σ(T□T)

 つまりは本体のキーボードが逝った? 現在、私はサブマシンを所有しておりませんので、もしそうなるとかなりの痛手です。
「修理して戻ってくるまでにどれくらいかかるだろうなあ」
 と、かなりへこみました。それでもまあ、ダメもとでやってみようとバッテリーを外します。そして、そのまま数分放置して電源を入れ直すと(USBキーボードは外したまま)あら不思議、問題なく入力ができるではないですか。

「うーん……」
 そういう事もあるのかと、今度はUSBキーボードを接続してみます。と、その時点から先刻と同じ現象が再現しました。そして、一度そうなるとUSBキーボードを取り外しても、それだけでは回復しません。そのためには何故かまたバッテリーを外さなければならなかったのです。

「ぬあんでじゃ!?」 (-゛-メ)
 いずれにせよ、原因がUSBキーボード側にあるのは間違いなさそうです。そこで、取りあえず問題となっている文字のキートップを外してみました。が、キーの本体となるスイッチ部分は内部に埃や汚れが入らないように(?)シリコンのカバーで覆われているんですよね。念のために綿棒で軽くふき、キーを元に戻しました。そして、キーボードを立てて、机に何度かとんとんと当てて(ぶつけて?)みました。いや、何かが引っかかったりしているのだとすれば、効果があるかと思いまして。まるで大昔ですね、実に原始的です。

 ところが、ですね。それで直ってしまうから機械は面白い  (;^_^A

 いや、ほんとです。その後何度か再起動、シャットダウンなどしてみましたが、現在の所全く問題なく動いております。いったい、なんだったんですかね? USBキーボード側で何かが引っかかったり、接触不良などの問題があり、それが本体側にも影響を及ぼしていたというのが妥当なところでしょうか。とにもかくにも、このまま無事に動いてくれる事を祈ります。


posted by omune at 19:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン、インターネット | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック