2013年03月16日

うすーい麦茶

 春が近づき、暖かい日も段々と増えてまいりました。それにともなって、摂取する水分量も増えてきています。そんなわけで、今日は飲み物に関するお話です。

 さて、以前に書かせていただきましたが、私は在宅時、水の代わりに(?)麦茶を愛飲しています。

過去記事 『 麦茶三昧

 麦茶のティーバックを入れた1.5リットルピッチャー三個をローテーションさせて順番に飲んでいくわけですね。真夏でも、三個あれば充分抽出は間に合いますし、麦茶は身体にも良いという事で(ただし体を冷やすそうですが)もう一年以上これを続けています。

 それがですね、昨日はどういうわけか喉が渇く日で、ピッチャーがどんどん空になっていってしまったのです。加えて無精をしてしまい、三個中二個が同時に空になってしまいました。それでもまあ、冷蔵庫の中には抽出済みのピッチャーが一個残っているはずです。(ティーバッグを入れたまま、冷蔵庫に入れておくわけですね)それを飲んでいるうちに、充分再抽出(?)は間に合います。

 それがですね、いざ冷蔵庫を開けてみますと、すっかり仕上がっているはずの麦茶が、全然できていないんですよ。うすーい、うすーい黄色になっているだけで、とても麦茶と呼べる代物ではありません。

 いえいえいえ、そんなわけがないんです。なにしろ、ティーバッグを入れてから半日以上は経っているのですから。

「確か随分前に出しはじめた筈なんだけどなあ。記憶違いかなあ。もしかして、ぼけちゃったかなあ」
 と、取り出したピッチャーを眺めてみます。

「おかしいなあ。ティーバッグは間違いなく入ってるけどなあ。でもあれだな、葉っぱが少し白っ茶けた感じだな。ああ、ひょっとして不良品か?」
 などと色々考えてみた末に、私は恐ろしい結論にたどり着いたのでした。

「ああーっ!」
 すぐさまピッチャーの蓋をはずし、中身を鍋に移します。さあ、もうお分かりになりましたか? 鍋というところがポイントですよ。



 はい、そうです! ピッチャーの中に投入されていたのは麦茶のティーバッグではなく、ティーバッグ式のダシ(出汁)だったのでした。イメージとしてはこういう感じのものですね。(写真はあくまでもイメージです)



 まあ、おかげで良いだし汁が取れまして……。美味しい味噌汁ができそうです。

 うーん、確かに隣り合わせにしまってあるんですけどねえ。間違えますかね、麦茶とダシ。これは、いよいよ頭に来たのかなあ(泣)


posted by omune at 00:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食、食料 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック