2013年04月07日

ベイスターズ雑感 4月7日号 風が凄かったようですね

 いやあ、凄い試合でしたねえ。勝ち負けはともかくとして八本のホームランが乱れ飛び、どちらのファンも大いに楽しめたのではないでしょうか。

SANSPO.COM 『 ヤクルト-DeNA 3回戦

 それにしても、まさか三連発を浴びるとは。しかし、あれだけの風が吹いていると、三浦の様なコントロールで勝負する投手は苦しいでしょうね。しかも打者にとって完全な追い風ですし。運がなかったとしか言いようがありません。

 で、ベイスターズの方は、ブランコが来日初めてだという一試合三本塁打の大爆発。特に三本目は凄かったですねえ。神宮の左翼席上段まで行ってるじゃないですか。中村のホームランも見事でしたし、やはり今年の打線は相当の破壊力を持っています。ただ、怪我や故障もありますから、ブランコ抜きでもそこそこ点が取れる野球を研究、実行していく必要はあるでしょう。現状でできていないというつもりはありませんが、これで頭打ちだとも思えないので。

 で、今日は投手陣を責めるのは酷な天候だったとはいえ、ベイスターズの場合、問題となるのはやはり投手陣という事になると思います。特にリリーフ陣の弱さは監督や友利コーチも再三コメントしていますよね。

 ただ、特定の誰かが足を引っ張っているのかというと、決してそうでもないような気がするのですよね。調子が良い時はしっかり抑えてくれている印象もありますし。そこで、ここまでの投手の成績を簡単にまとめてみました。おそらくは各項目の表示位置が揃わないと思いますが、何卒お許しを。




3月29日 ナゴヤ 対ドラゴンズ1回戦  ○4-3

 藤井 6回    6安打 0本塁打 4三振 4四死球 失点2 自責点2

○吉川 1回    0安打 0本塁打 1三振 2四死球 失点0 自責点0

Hソーサ1回    3安打 0本塁打 1三振 4四死球 失点1 自責点1

S山口 1回    0安打 0本塁打 0三振 0四死球 失点0 自責点0




3月30日 ナゴヤ 対ドラゴンズ2回線  ○4-2

○三浦 7回0/3 5安打 0本塁打 4三振 2四死球 失点2 自責点2

Hソーサ1回    0安打 0本塁打 0三振 0四死球 失点0 自責点0

S山口 1回    1安打 0本塁打 0三振 0四死球 失点0 自責点0




3月31日 ナゴヤ 対ドラゴンズ3回線  ×3-8

×鄭  2回0/3 7安打 0本塁打 1三振 1四死球 失点4 自責点4

 三嶋 2回    2安打 0本塁打 0三振 1四死球 失点1 自責点1

 神内 2回    2安打 0本塁打 2三振 1四死球 失点1 自責点1

 加賀 1回    2安打 0本塁打 0三振 1四死球 失点2 自責点1

 佐藤 1回    0安打 0本塁打 0三振 0四死球 失点0 自責点0




4月3日 横浜 対ジャイアンツ1回線  ×8-10

 ソト 4回1/3 9安打 0本塁打 3三振 4四死球 失点6 自責点6

×加賀 0回1/3 0安打 0本塁打 1三振 2四死球 失点2 自責点2

 佐藤 0回1/3 2安打 0本塁打 0三振 0四死球 失点1 自責点1

 三嶋 1回    0安打 0本塁打 2三振 0四死球 失点0 自責点0

 吉川 2回    2安打 0本塁打 1三振 2四死球 失点1 自責点1

 ソーサ1回    0安打 0本塁打 1三振 0四死球 失点0 自責点0




4月4日 横浜 対ジャイアンツ2回線  ×4-7

×井納 5回    6安打 1本塁打 3三振 3四死球 失点5 自責点3

 三嶋 1回    2安打 1本塁打 2三振 0四死球 失点2 自責点2

 神内 2回    0安打 0本塁打 3三振 1四死球 失点0 自責点0

 山口 1回    0安打 0本塁打 0三振 1四死球 失点0 自責点0




4月5日 神宮 対スワローズ1回線  ○2-1

○高崎 7回    4安打 1本塁打 5三振 2四死球 失点1 自責点1

H吉川 1回    0安打 0本塁打 1三振 0四死球 失点0 自責点0

S山口 1回    0安打 0本塁打 1三振 1四死球 失点0 自責点0




4月6日 神宮 対スワローズ2回線  ○6-3

 藤井 4回    6安打 1本塁打 0三振 2四死球 失点3 自責点1

○土屋 1回    1安打 0本塁打 1三振 0四死球 失点0 自責点0

H神内 1回    0安打 0本塁打 0三振 0四死球 失点0 自責点0

H吉川 1回    1安打 0本塁打 0三振 0四死球 失点0 自責点0

Hソーサ1回    0安打 0本塁打 1三振 0四死球 失点0 自責点0

S山口 1回    0安打 0本塁打 0三振 1四死球 失点0 自責点0




4月7日 神宮 対スワローズ3回線  ×6-10

 三浦 3回    7安打 4本塁打 2三振 0四死球 失点4 自責点4

 三嶋 1回    0安打 0本塁打 2三振 0四死球 失点0 自責点0

 土屋 1回    0安打 0本塁打 1三振 0四死球 失点0 自責点0

 佐藤 1回    1安打 0本塁打 0三振 0四死球 失点0 自責点0

×吉川 1回    4安打 0本塁打 0三振 0四死球 失点3 自責点3

 神内 1回    1安打 0本塁打 0三振 4四死球 失点3 自責点3




 どうでしょう? どの投手も良かったり悪かったりという印象を受けませんでしょうか。(ソーサ、山口を除く)要は、リリーバーとして安定している投手がいないという事のような気がします。とすると、一試合にこれだけの人数が出てきた場合、そのなかの誰かが不調である可能性は非常に高くなりますよね。ここまでのベイスターズの試合展開もそうした流れになっているように思うのですが、いかがでしょうか。

 これから長いシーズンを戦っていく事を考えると、この中から中継ぎとして成長していく選手が出てくるか、あるいはファームにいる投手たちが復帰してくれる事が必要でしょう。で、ファームの成績表を見てみたのですが、今さらながら藤江も菊池も大原も牛田もいるじゃないですか。このあたりの選手たちも加わって一軍の座を争うようになっていってくれると、中継ぎもかなり楽になってきそうです。実際、彼らの現状はどんな感じなのでしょうね。ファームの情報はなかなか入ってこないので、よく分かりません。

 それと、意外だったのは被本塁打の少なさです。勿論、チームとして打たれていないわけではありませんが、リリーフ陣でホームランを打たれたのは4月4日に三嶋が打たれた一本だけです。(もしも集計が間違っていたらごめんなさい)これは少し意外でした。

 さて、次は9日、火曜日から横浜スタジアムでのカープ戦となります。取りあえず前田健は今日投げてますから出てこないですね。そうなると大竹、野村、バリントンあたりでしょうか。こちらのローテーションは裏になりますから苦しくなるでしょうが、なんとか打線爆発で勝ち越してほしいものです。


posted by omune at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック