2013年04月15日

ベイスターズ雑感 4月14日号 藤浪プロ初勝利

 やられてしまいましたなあ。藤浪にほぼ完ぺきに抑えられ、プロ入り初勝利を献上してしまいました。開幕してからここまで、律儀に毎週二勝ずつのペースを続けるベイスターズであります。

SANSPO.COM 『 阪 神-DeNA 3回戦

 三浦も七回を四失点ですから悪くはなかったと思うのですが、藤浪にこてんぱんにやられましたね。観戦したわけではないので判断しかねますが、藤浪の投球はどうだったのでしょう。本人コメントによれば「調子は良くなかった。悪いなりにまとめることができた」のだそうですが、それが本当なら調子が良かったら一体どうなるんだという話になります。

 安打は藤浪からは五本、以降も四本出ていますが、文字通り散発になってしまったのと、長い当たりが一本も出ていないのが効いたようですね。タイガース投手陣の好調さもあるのでしょうが、やはりこちらの打線の調子が下降気味というのもあると思います。明日の移動日で心機一転、火曜日からの復調を願いたいところです。

 それにしてもタイガースは凄いですなあ。三試合でベイスターズの攻撃は27イニングあったわけですが、そのなかで得点が入ったのは二試合目の一回表だけですものね。直前のジャイアンツ戦を含めれば57イニングで、失点したのは1イニングだけという事になります。これが続けられたら……、優勝しちゃうじゃないですか。強力ジャイアンツ打線(ベイも仲間に入れてもらえるかな?)VS好調タイガース投手陣というのは、今後も見ものになってきそうですね。

 と、よそのチームの事ばかり書いてますが……。今日はまあ仕方がないでしょう。ベイスターズとしては昨日に続き、三嶋がリリーフとして結果を残したというあたりでしょうか。鳥谷に三塁打を打たれてますが、直後のマートンから三振を奪い、結局ホームに帰させなかったのは収穫なのではないでしょうか。

 火曜日からはまたカープとの対戦が待っています。あっという間の再戦ですが、投げる投手もほぼ前回の三連戦と同じになるはずです。という事は、初戦はソトという事になりそう。また早い回に攻略されてしまったとすると、当面はローテーション投手としては使えなくなるでしょう。二軍では加賀美が好投も脇腹の肉離れで離脱、国吉は四球連発で六回四失点と良くないニュースが続いています。ソトにはなんとか復調してもらわないと困りますね。


posted by omune at 00:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック