2013年04月28日

ベイスターズ雑感 4月28日号 追いつけても追いこせない

 皆様、ごおるでんういいくは如何お過ごしですか? 実にいい天気ですよねえ(白目)

 私はほぼ毎日仕事でございます。せつねえ~。まあ、この仕事も長いですから慣れっこと言えば慣れっこですけれど。こういう時は何も考えないようにして、目の前の仕事を堅実にやっつけていくに限りますな。ところが今年は半端に頑張っているせいで(ゲス顔)どうもベイスターズのことが気になってしまいます。

 勝ってくれればそれはそれは仕事の励みになるんですよ。「よおしっ、俺もがむばる!」ってなもんですわ。でもですねえ、やっぱり今日みたいな結果を聞くと疲れが倍増する気がします。

SANSPO.COM 『 DeNA-阪 神 6回戦

 そうですか、また藤浪にやられましたか。こうして印象に残る時、注目が集まっている試合、お客様がたくさん入った試合でやられてしまうというのは、相変わらずというしかありません。ホームゲームでいつもいつも相手ファンを大喜びさせてどうすんのという感じですね。100万円チケットで監督と食事をされた方々は「勝つところ見せてください」ってちゃんと伝えてくれたかなあ(あ、もちろん冗談ですよ、念のため)

 そんななか、松本のホームランは光っていました。甘く入った球ではありましたが、それを逃さず長打としたのはお見事です。これはいよいよ、本物っぽくなってきましたね。荒波が帰ってきても、当面はレギュラー出場を続けられるのではないでしょうか。(そのまま定着する可能性もあるかも?)

 ただ、試合運びとしては、追いつくところまでで攻撃が止まってしまうというやはりいつものパターンでした。こういうところが投打の噛みあわせというものだと思いますし、強くなっていくためにはチームとして身に着けていかなければいけない部分だと思います。今年言われている「ベイスターズは空砲が多い」というのも、つまりはそういう事でしょう。

 今日の結果で五位転落となりましたが、三位から六位まではまだ1.5ゲーム差の中にあります。大切なのは取りあえず交流戦が終わるまで(勿論最終的にはシーズン終了まで)三位争いを続けていく事でしょうから、まだまだ意気消沈する必要はありません。(個人的には今年は最下位できれば御の字だと思っていたので、そういう意味ではこれでも上出来なのでしょうが)チームもファンも粘り強く、ですね。

 さて、明日の予告先発は土屋と松岡です。ソトの二軍落ちによって穴となった日なのですが、一体誰が投げるのだろうと注目しておりました。名前だけで予想すれば乱打戦になる可能性が高そうですが、どういう形にせよ中盤までリードを保てれば勝機は充分にあるでしょう。このところの苛々を吹き飛ばすような、気持ちの良い勝利を期待します。


posted by omune at 23:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック