2013年09月14日

omune自転車に突っ込んで怪我をする

 あー、いたたた。怪我しちゃいましたよ。

 なんというか納得がいかないんで、ついつい愚痴を書き込むことにしてしまった次第です。

 実は今日は朝から体調がいまいちだったのに加え、仕事で色々と大きな問題が起きまして、帰り道ではもうグロッキーでした。でも、買い物行かないと夕食の材料はないですし(というか、もう今日は惣菜にしようと)スーパーに立ち寄り、ついでにクリーニングに出していたスーツも受け取って我が家のあるマンションへたどり着きました。

 で、マンションの入り口(マンション全体の玄関)に向かう通路で事故は起きました。通路は人がようやくすれ違える程度の幅しかないのですが、その終点の部分、マンションの建物に入るドアの前に自転車が数台止めてあったんですよ。で、私は両手に荷物をいっぱいにぶら下げたまま、その自転車群に突っ込んでしまったのです。

 実は通路に入った時点で、そこに自転車が止まっている事は気が付いていました。ですが、その時は上記の様な状態でして、なんだかぼうっとしてしまっていたんです。集中したり考え事をしている時、見ているようで見ていない時ってありませんか? ちょうどそういう感じになって、はっと気が付いた時には自転車がもう目の前にあったわけですよ。で、「あ、これ、もう間に合わない」と、咄嗟に自転車の脇を通り抜けようとしましたが、壁と自転車の間は今考えるとほとんど空いていなくて(つまり通路に隙間なく停めてある)そのまま減速することなく衝突、私はバランスを崩し倒れた自転車の上に両膝から落下、車輪が回ってバランスを崩し今度は後ろ向きに左ひじから地面に倒れ込むと、そんな感じだったと思います。よく覚えていないのですが、ひょっとするとぶつかる直前に足が上がっていたかも(衝突を避けるつもりで、自転車を蹴っていたかも)しれません。

 後ろからついてきていたお子様(もちろん余所の子)が呆然としていたのが印象的でした。はい、引っくり返ったまま舌打ちしたと思います、たぶん。駄目ですねえ、子どもの前で大人げない。でも、膝は痛いわ、肘は痛いわで。取りあえず自転車を起こして、横にずらすのが精いっぱいでした。足を引きずって帰宅しましたが、服を脱いでみると両膝は打ち身で真っ赤、肘からはぽたぽた出血してました。怪我の治療をしながら思ったのは「ひょっとして自転車壊しちゃったかもなあ」という事でした。上にボコッと落ちましたからねえ。だとしたらそのまま帰ってきてしまったのは、まずかったんじゃないか自分と。

 ただ、さらに考えているうちに段々と納得できなくなってきました。玄関前通路は普段から自転車が管理規約無視でよく停めてある場所で(おそらくは来客でしょう)、これまで何度も組合から警告が出ていたはず。ましてや既に日はとっぷりと暮れていましたが、本来はついているはずの照明が(節電のため?)消されていてちょうど暗がりになっています。

 で、結局は「まあ、いいや」と。まあ痛み分け(?)って事で許してもらいましょう。下手すればこちらももっとひどいけがを負っていたんですし、管理規約違反ですし、こちらは歩行者ですし、まだ膝と肘がじんじんしますし。自転車が壊れてたとしてもお互い様という事でご勘弁を、とそういうわけですが、私は間違ってますかね? なんだか今になって腹が立ってきたのですが。

 でも、あれだなあ。あの子には私が自転車に突っ込んでいった(まあ実際そうなのですが)ように見えたんだろうなあ。きっと怯えさせてしまったと思います。次にあった時が気まずいよ、ほんとに。という事で、遠くに停まっている自転車が見えたら、早めに進路変更をというお話でした。



ラベル:自転車 怪我 日記
posted by omune at 22:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック