2014年02月02日

ベイスターズ雑感 2月1日号 いよいよキャンプイン! ありがとうニコ生、頑張れニコ生! 

 今日は仕事や打ち合わせなどで帰りが遅くなったのですが、それでも夕食を摂りながらニコ生でベイスターズキャンプを見る事が出来ました。いやあ本当に良い時代になったもんです(しみじみ) シーズン中の試合ならともかく、キャンプをこうして見せてもらう事が出来るんですもんねえ。

 ただ、あれですよ。日によって違うでしょうが、今日の放送時間は6時間20分、さすがに隅から隅までじっくり見るわけにはいきませんね。サブモニター使って仕事中にだだ流しでもしない限りは無理でしょう。いくらなんでもそれはない。さすがにありませんわ。

 で、あくまでもざっと見た限りですが、印象に残ったのはブランコ、バルディリスらへの監督のノック場面。「あれ? 監督ノック禁止じゃないの?」なんて事は言いっこなしですね。

 個人的な思いですが、あれもかなり湾曲されて伝わってるんじゃないのかと思う今日この頃です。監督のノックそのものが禁止みたいな報道がされていましたが、普通に考えてそんな話あります? 無茶させすぎて(無理に打球に飛び込ませたりして)選手を壊さないでねと念押しされたというあたりなんじゃないでしょうか。

 まあ、それはそれとして、バルディリスやブランコが楽しそうに、かつ一生懸命にドロドロになってくれていたのが嬉しかったですし、「やってくれそうだなあ」と頼もしさを感じました。あ、それに真面目なトンボがけからも、ですね。

Sponichi Annex 『 中畑監督が早速自らノック ブランコ「意気に感じた」

 監督も気合入ってる感じでしたし、聞こえてくる音声を聞いてもチームの進歩を実感している感じです。今日のところは。はい、今日のところは。

 それともう一つ、個人的に心配していたソトですが、しっかりキャンプに参加してくれていました。「お、ちゃんといるじゃん」と一安心させてもらいました。モスコーソは強力な競争相手とはいえ、シーズンインまでの勝負は始まったばかりです。俺は応援しているぞ、頑張れソト、負けるなソト。モスコーソももちろん応援するが、君の事も決して忘れてないぞソト。いつ来日してたんだソト。

 まあ、最後のは余計かもしれませんが、そんな思いもあってですねー、そのうちブルペンの様子をじっくり見てみたいと感じた次第です。延々ブルペンでもいいんだけどなあ。あ、でも、ひょっとするとブルペンにカメラは入れてくれないですかねえ?

 それにしても実に楽しかった。2月の頭から、こうして好きなチームの選手たちをじっくり見られるなんて、本当にありがたい話です。ありがとうニコ生、楽しかったぞニコ生、今年も秋まで頼むぞニコ生、でもノックなんかはもうちょっと引き画でいいぞニコ生(あ、はい。しつこくてすみません)



posted by omune at 01:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック