2014年04月18日

ベイスターズ雑感 4月17日号 いよいよ勝率が.250に

 あいやあ、いったいどうしたら良いのでしょうか?

SANSPO.COM 『 中 日-DeNA 3回戦

 やはりこの三連戦では今日がもっとも競った試合になりましたね。連敗を止めるには大きなチャンスとなる試合だと考えていましたので、今日の負けのダメージはかなり大きいです。

 この試合展開で勝てないとなると、かなり苦しいですね。私は今日も試合を見れていないのですが、守備の面で見えるもの見えないもの、いくつか勿体ないプレーがあったとか。そうしたミスがなかったら、七回や九回にあと一点でも取れていれば、三嶋があと少しねばれていれば、ソーサがしっかり抑えてくれればなど、あと少し良い方向に流れが向いていれば結果は分からなかったかもしれません。

 そのあたりが今年は本当に駄目ですね。試合という視点においても、シーズンという視点においても、ことごとく悪い流れにつかまっています。ただ、どこかで良い方向に変わると、一気にチームが変わる可能性も無きにしも非ず、かもしれず、かもしれないかもしれず。かもしれないかもしれないかもしれず。

 希望を見出すとするならば、今回の組み換えによって以前よりは打線が機能するようになりつつあるというところでしょうか。筒香も結果が出つつあってなにより。バルディリスも気を吐いてます。そして三上、本当に頑張ってますね。

 さて、ここまでのシーズン成績は以下の通りです。

2014年
X◯XXX◯X◯XXX◯XXXX 4勝12敗 .250
64得点(1試合平均4) 92失点(1試合平均5.75)

 まっくろくろすけでてくるなーでないとめだまをほじくるぞー。いや、ほんともう勘弁してほしい状態なのですが――

 いやいやいや、待ってください。我々ベイスターズファンはこれくらいの事慣れっこのはずですよね? 今までも開幕早々酷い目にあいながらもシーズン終了まで応援を続けてきました。

 それなら、ですよ? ここ何年かの16試合終了時点での勝敗はどんなものだったのでしょう? という事で、いつもながらしょうもない集計を急ぎまとめてみました。実はですね、例によって仕事のデーターを業務用マシンが処理中でして、それが終わるまでは寝られないのです。まあそのついでという感じです。本当は勝利の美酒に酔いながらスポーツニュースを梯子したいんですけどね。まあ、しゃーないですわ。


2013年
◯◯XXX◯◯XXX◯X◯X◯X 7勝9敗 .438
58得点(1試合平均3.63) 71失点(1試合平均4.44)

シーズン最終成績 64勝79敗1分 .448
630得点(1試合平均4.38) 686失点(1試合平均4.76)


2012年
△X◯XXXXXX◯◯X◯XXX 4勝11敗1分 .267
32得点(1試合平均2) 52失点(1試合平均3.25)

シーズン最終成績 46勝85敗13分 .351
422得点(1試合平均2.93) 571失点(1試合平均3.97)


2011年
◯X◯◯△XXXXX◯XXX◯X 5勝10敗1分 .333
62得点(1試合平均3.88) 75失点(1試合平均4.69)

シーズン最終成績 47勝86敗11分 .353
423得点(1試合平均2.94) 587失点(1試合平均4.08)


2010年
XX◯X◯XXX◯XX◯◯X◯X 6勝10敗 .375
62得点(1試合平均3.88) 75失点(1試合平均4.69)

シーズン最終成績 48勝95敗1分 .336
521得点(1試合平均3.62) 743失点(1試合平均5.16)


2009年
XXXXXX◯X◯◯X◯XX◯X 5勝11敗 .313
40得点(1試合平均2.5) 75失点(1試合平均4.69)

シーズン最終成績 51勝93敗 .354
497得点(1試合平均3.45) 685失点(1試合平均4.76)


2008年
XXX◯XX◯XX△X◯XXX◯ 4勝11敗1分 .267
56得点(1試合平均3.5) 80失点(1試合平均5)

シーズン最終成績 48勝94敗2分 .338
552得点(1試合平均3.83) 706失点(1試合平均4.90)



 こんな感じです。飛ぶボール、飛ばないボール問題などありますから、判断は(そもそも判断できるような詳細な分析ではありませんが)皆様にお任せ申し上げます。

 数字としてはっきり分かるのは2008年以降、最悪のスタートとなったという事ですね。

 昨年と比較して一試合の平均得点が0.37点増えているものの、失点は1.31点とそれを上回る増加幅となっています。このあたり、ボールの影響もあるのでしょうか。ほかのセ・リーグのチームとこのあたりの数字を比較すると、何かが見えてくるかもしれませんし見えてこないかもしれません。見えるか見えないかは……、あなた次第です (゚ー゚;

 団子表(いや、星取表)を見る限り、昨年や2010年、2008年が例外で、それ以外の年にはこの時期に大きな連敗をぶちかましています。という事はつまり、いつもの(特に弱かった時期の)ベイスターズと同じような雰囲気であると言えそうですね。

 勿論このままでいいわけはありませんが、やはり我々にとっては慣れっこの状況で、当時と比較する限りは驚くには値しません。しかし、そんなベイファンの間でこれだけ失望の声が広がっているというのは、つまり"今年こそ"という期待がそれだけ大きかったという事なのでしょう。

 まあ、あれですよ。開幕前に監督が、そして我々ファンも含めて感じていた手応えは、少なくともその時点では確かなものであったはずです。ですからCS出場云々は別としても、11年や12年の数字の上を行くことは充分できるはずです。まずは借金を一つでも少なくすることを目標に、球団一丸となって貪欲な野球をしていって欲しいと願います。

 さてブランコですが、どうやらほぼ肉離れといった状況で実戦復帰には一か月を要する状況のようです。

Sponichi Annex 『 復帰は早くても5月下旬…代役でノリが1軍昇格

 早くて交流戦という事ですから、まあこちらとしては交流戦後半くらいの復帰を見込んでおくべきでしょう。悪ければ交流戦明けという事もあるかもしれません。しかしこの際ですから、少し体を絞り込んで体重を落としてみてもいいかもしれないですね。身体の切れも増すかもしれませんし、少なくとも足への負担は相当に減るでしょう。

 なお、この件については強く思う事(怒りにも似ています)があるのですが、ここには書かないでおきます。今はただ、代役を務めるノリがベテランの味を発揮してチームを鼓舞してくれるのを祈るばかりです。


 明日の先発は三浦と篠田です。4月4日と同じ組み合わせとなりますが、明日はそのリベンジを果たしてほしいところです。ただ、天気が心配ですね。横浜地方の降水確率は12時〜18時が60%、18時から24時が40%となっています。この通りになるとすれば、午後早々に中止になるパターンでしょうか。




posted by omune at 01:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック