2014年04月21日

勝選手についての報道を見て

 最年少優勝で世間を沸かせている勝みなみ選手ですが、それにしてもこの過熱報道は凄いですねえ。

 プレーそのものを評価するなら分かるのですが、まだプロにもなっていない選手のプライベートにまで密着するマスコミの姿勢に疑問を感じるのは私だけでしょうか。偶然眺めたニュースでは、学校にまでカメラが入ってクラスメートに挨拶するところを収めていたりしましたけど。

 正直に申し上げて「ああ、次の獲物を見つけて大喜びなのね」と感じてしまいました。彼女が既にプロプレイヤーとなっているならまだ話は分かるのです。メディアに露出することも、またプロ選手の仕事の一つであるとは思うので。

 件の理研関係もそう、その前の音楽関係もそう、その成果、作品そのものへの評価、検証、解説よりもその人の素性や性別に飛びつき、それだけをまるでドラマのように演出して(敢えて演出と申し上げます)大騒ぎする報道姿勢、本当にお祭り好きですね。そして、もしも何か失態を犯せば、手のひらを返したように社会的リンチが始まります。その人がした事が正しいか悪いかは別として、ろくに検証することもなく持ち上げまくっていた自分たちの事がよく恥ずかしくないなと思うわけです。

 ですからね、実は私は「よくよく検証してみたらSTAP細胞は実在していた」という結果にならないかと、ひそかに期待しているのです。その時のマスコミ諸氏の報道姿勢を見てみたいな、と。きっと、面白いでしょうねえ。

 昨日の勝選手もですね、なんだかおにぎりを口に入れたまま(?)ティーショットを打ったとか。私は詳しくないのですが、これってゴルファー的にはマナー違反じゃないのですか? それとも野球選手のガムのように許容範囲なのでしょうか? いずれにせよ、このあたりもまだ高校一年生のアマチュア選手が、しかも結果を残したから好意的な報道をしてもらえているだけなのではないかと感じるわけです。

 個人的には彼女のゴルフのどこが凄いのか。どういったスタイルでどういう強みがあって、どういう弱みがあるのか、今後プロになっていくうえで、どんな選手になっていきそうなのか。そういう部分の方がよほど興味があります。でも、そのあたりは本当にもう触るだけの報道しかしてくれません。

 マスコミの大騒ぎっぷりには要警戒です。後が怖いです。勝選手の周囲の方々は彼女がやがてプロ選手として大成していけるように、集中してゴルフをできたり自由な学校生活が送れるように配慮してあげた方が良いような気がします。それにしてもなあ、他の生徒もいる教室にテレビカメラを入れるのは……、学校も良く許可をするもんだなあ。




posted by omune at 18:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック