2014年09月23日

ベイスターズ雑感 9月23日号 野球って怖い……。そしてなにより面白い。

 ありゃー、野球って怖いですねえ。いや冗談ではなく。そして本当に面白い。やっぱり野球は最高です。

エキサイトベースボール 『 9月23日(火) DeNA vs 阪神

 サヨナラホームランの直後、球場の感じが普通じゃなかったですものね。レフト側はもう勝つつもりでいたでしょうし、ベイスターズファンは諦めてはいないものの、相変わらずの貧打を見せつけられて意気消沈中。ゴメスのエラーが出たからといって、今のベイスターズにはなかなか連打は望めません。ましてや相手は抑えのエースですからねえ。それが、それがほんの一瞬で――。

 敗戦気分だった方が一瞬で喜ぶ側に、もう一方が一瞬で悲しむ側に転換したわけで、あの不思議な雰囲気はそんなところから来ていたのかもしれません。それにしても接戦時のエラーや四球の怖さを(勝った側ではありますが)今更ながら思い知らされた試合でした。

 で、ブランコの当たりですが、とにかく速かった。弾丸ライナーと言えば陳腐になってしまいますが、この打球はそんな表現を超えていました。バットが一閃されてから打球がレフトスタンドに到達するまで三秒ないくらいでしょう。目にもとまらぬとはまさにこの事、久しぶりに言葉をなくすようなスイングを見せてもらいました。

サンスポ 『 ブランコが逆転サヨナラ弾!キヨシ監督大興奮「こういう野球をやりたかった」

 それとなにより、情けなくも援護なしの状況で、切れる事なく踏ん張り続けてくれた久保、9回を抑えきった田中に心から拍手を送りたいと思います。田中は今期初勝利でプロ二勝目。2010年以来という事、嬉しいでしょうねえ。これをきっかけにどんどんと勝ち星を積み重ねていってもらえればと願います。

デイリー 『 田中 4年ぶりプロ2勝目

 久保に最多勝利を取ってもらうためには、なんとしても勝ち投手になってもらわなければいけないところでしたが、その点では残念無念。しかしランナーを出しながらも三併殺を奪い、スコアボードに0を並べていくというそのピッチングは改めて凄み満点です。でもなあ……、勝たせてあげて欲しかったなあ。せめて査定的には勝ち扱いにしてあげて欲しいところです。

 とはいえ、喜んでばかりもいられません。結果的に勝ったとはいえ、貧打は相当に深刻です。これが打開できないと残り13試合も相当に苦しい展開となるでしょう。これだけ投手に頑張ってもらったのです。そろそろ野手たちの奮起を期待します。




posted by omune at 18:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック