2015年05月02日

ベイスターズ雑感 理念を現実化してみせた試合 (20150502)

!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?

エキサイトベースボール 『 5月2日(土) 中日 vs DeNA

 こ、こんな事ってありますか? 九回二死ランナーなしから二点差を(しかもホームランなしで)ひっくり返してみせたのですから。

 私は所用があり速報を注目していたのですが、八回裏の時点で十中八九どころではなく100%負けたと思っていましたよ。「あーあ、今日のブログは何を書こうかねえ。まあこういう時期もあるよってお慰み記事にしようかねえ」なんて考えておりました。いや本当に、ほ、ん、とうに――

申し訳ございませんでした! m( __ __ )m

 というわけで歓喜の謝罪でございました。まあ、それはそれとして、中畑監督は常々「諦めない野球、姿勢」を掲げてきましたし、おそらくはこれからもそうでしょう。

 考えてみると、この理念には良い面悪い面の両方がありそうです。たとえばそういう気持ち、姿勢がなければ今日のような試合が絶対に生まれないでしょうし、その反面でどう考えても勝つ可能性が低い試合に貴重なリリーフ陣を次から次へと投入し、結果試合も負けて投手達にも疲労を蓄積させてしまうといったように。ただ、今日は山口がしっかりと七回まで投げてくれましたので、リリーフはエレラと山崎康のみですみました。そのうえで最高の形で逆転できたわけですから、ある意味理想的だったと言えるでしょう。

 それといくら「諦めない」と言っても、それがただのお題目になってしまっては意味がありません。今日の試合はそれを実際に、しかも限りなく低い可能性の中で実現してみせたところに大きな意味があるでしょう。そしてそれによって(勿論うまくすればですが)チームに一層の自信と勢いが生まれてくれる事を期待したいと思います。

 試合そのものについてですが、今日は本当にみんながヒーローなのではないでしょうか。三回に二点を取られはしたものの、それ以降立ち直って七回まで抑えた山口の粘りがなければ、勿論この勝利は生まれませんでした。

日刊スポーツ 『 山口好投も勝利なし「勝てた…それが一番」

デイリー 『 山口、勝利呼ぶ7回2失点粘投

 そしてその山口の立ち上がりを強力に援護したのが梶谷です。平田のライトフライでホームをついた大島を見事に刺してくれました。返球のバウンドが少し弾んでしまいましたが、キャッチャー嶺井がそれをうまくフォローしてくれましたね。この一点を失わずに済んだのは実に大きかったと思います。

 また五回の石川のタイムリーは劇的なクライマックスへの足掛かりとなった事でしょう。

デイリー 『 石川の適時打で1点返す

 エレラは……、うーん、期待しているから交流戦までに立て直してください(汗) まあ、取りあえず勝ち投手おめでとうですね。

 そして九回、二死ランナーなしからチャンスメイクしたのはそれまで良いところがなかった四番筒香、五番ロペスでした。両選手ともこのところ調子が上がらずなかなかクリーンアップとしての仕事が果たせないでおりますが、最後に大きな仕事をして見せてくれました。

 そしてそこから怒涛の得点ラッシュが始まりました。バルディリスのタイムリーでまず一点。彼は地味ながら毎試合毎試合確実にヒットを放ち続けてくれており、今年は守るだけではなく打つ方でも実に頼りになります。

 続いては関根が逆転の右中間三塁打。今年は本当に飛躍の年となるかもしれないですね、桑原、荒波といったメンバーと激しく競い合いながらしっかりと結果を残し、実績を積み上げつつあるという印象です。

日刊スポーツ 『 関根が地元愛知で殊勲打 家族の前で勇姿

日刊スポーツ 『 「奇跡を起こしてくれた」土壇場逆転勝ち

 中畑監督は初球のストライク見逃しをチクリと言っておりますが、結果(勿論、結果論です)二球目に真ん中低めに変化球が入ってきました。右中間を真っ二つ、実に気持ちの良い当たりでした。

 本人もそうでしょうが、観戦されたご家族は大喜びだったでしょうねえ。先日は山崎康の母上が見ているこちらが溜まらなくなるような表情で息子さんの晴れ舞台を見守っておられたのが印象に残っていますが、地元で最高の仕事をしてみせてくれて何よりです。

 そして最後は黒羽根ですか。このところ全く打てていませんでしたが(捕手ですからね、打撃どころではなかったのかもしれません)今日はしっかりと結果を出してくれました。高めをまるで教科書のような右打ちで、これまた右中間突破。いやお見事でした。

日刊スポーツ 『 黒羽根29打席ぶり打 大村コーチ助言効果

 捕手のポジション争いはまだ当面続きそうな感じですよね。黒羽根のリードについては色々と言われておりますが、個人的にはそれも進歩していくうえでの一つの壁みたいなものなのではないかと感じています。

 いずれにせよ、個性の異なる(ここが重要なのですが)三人の捕手がそれぞれレギュラークラスへと成長してくれるならば、これはチームにとって大きな戦力となると思います。そしてひょっとすると、その時はそう遠くない将来に訪れるかもしれません。

 印象として、今日の福谷はかなり調子が悪かったように感じます。球速はそこそこ出ていたもの、球が中に中に集まり高めに浮いていたという印象でした。ですが、それでもです。それでも相手の抑えを打ちこんで逆転勝ちした事は実に大きい。今後、ドラゴンズ戦を戦っていくうえで、この勝利は大きな意味を持っていく可能性があると思います。

 それと多村なのですが、五回のホーム生還時に足に故障が発生してしまったようです。

デイリー 『 多村が両太もも裏違和感で交代

 まさかの両足同時故障!? うーん、最悪の場合抹消ですかね。ベイスターズの場合、外野手については全ての選手が一軍で働ける選手だと思いますのでチームとしてはそれなりにリカバリーできると思います。ただ、個人的にその活躍を期待してもいましたので、そういう意味ではかなり残念です。早い回復と、再びの活躍を心から願います。




posted by omune at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック