2015年05月29日

ベイスターズ雑感 雨中の決勝点。しかし長田は責められまい (20150529)

 うーん、なんというか勿体ない試合でしたねえ。

エキサイトベースボール 『 5月29日(金) ロッテ vs DeNA

 決勝点を奪われた七回。映像で見ていてもかなり雨が強く、長田は非常に投げにくそうにしていました。悔やまれる失点ではありますが、あの暴投は責められないでしょう。強いて言えば、もっと強力にベンチが中断アピールをしても良かったかもしれませんが。

日刊スポーツ 『 DeNAは継投裏目

 敗因を上げるとすれば序盤、押せ押せムードだったうちにもっともっと点を取っておく事ができなかったというあたりでしょうか。たとえば二回の一死満塁。ロペスは3-0からストライクを見逃しボール球を振ってしまっていました。最低限の仕事はしてくれたと思いますが、相手投手の苦しみ具合を見る限り犠飛とはいえアウトを献上してしまったのは勿体なかったと感じます。

 また五回のロペス本塁憤死も実に痛かった。後がバルディリス、後藤と続く場面でしたから、無理して突っ込まなくても良かったかもしれませんね。なにしろロペスのスピードがスピードですし、雨で足元もおぼつかなかったでしょうから。

 という事で、今日もものにしなくてはいけない場面で少しずつ失敗を重ねた結果、一点差での敗戦に繋がってしまったという印象です。うまくいけば一方的な試合にできていた展開だっただけに、勿体なさを強く感じてしまいました。

 今日の収穫はあれですね、先発出場した後藤が見事なホームランを見せてくれた事が一つでしょうか。外側の球を巻き込むように打ちましたが、打球はなんとレフトスタンド上段までいきました。後藤らしい、豪快なホームランでした。

サンスポ 『 後藤が2ラン「この本塁打を皮切りに」

 それと最終回のチャンスで、筒香が代打としてついに戦線復帰を果たしてくれました。でも、スイングを見る限り、まだ本調子ではない感じです。患部がどんな状態なのかは分かりませんが(無意識な部分で?)思い切り力をかけられていない印象を受けました。また、打つのはともかくとして、走った時にどうなのだろうと少し不安を覚えた次第です。

日刊スポーツ 『 筒香無念…9回得点機に代打出場も投ゴロ

 明日はひょっとしてDHで出場するつもりなのですかね。これまでの経過を考えると、この三連戦は代打出場に徹するのかもしれませんが。




posted by omune at 23:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック