2015年07月14日

ベイスターズ雑感 五月を思い出させる展開だった (20150714)

 いや、正直驚きました。日に日に試合内容が良くなっていきますね。

エキサイトベースボール 『 7月14日(火) DeNA vs 巨人

 今日の試合は5月、あの強かった頃の内容、展開そのものでした。待ちに待った、理想的な展開がついに訪れましたね。

 先発の石田は相当緊張していたのでしょうか、勝負球(なのだろう)のスライダーがあと少しの所でストライクに入らず、あるいは空振りが取れず苦しいピッチングとなりました。球威や変化そのものは良かったように見えたのですが、コーナーへのコントロールが今一つだったという印象です。

 ヒットにはならなかったものの完全にとらえられた一撃も数多くあり、三失点は仕方がなかったところでしょうか。それでも四回は三者凡退に抑えてくれましたし、直球、変化球とも際どい所でカウントが稼げれば次は期待ができるのではないかと。監督の試合後コメントによれば、次のチャンスがあるかどうかは微妙な感じですけれど。でも先発ではないにしても、緊張が取れた本来の姿を見てみたいところです。

日刊スポーツ 『 石田4回3失点で降板「悔しい初戦なった」


 攻撃は少し前までが嘘の様に素晴らしい、あるいはしぶといバッティングのオンパレード。本当に同じチームなのかと目を疑うくらいでした。球の見逃し方ひとつとっても違うんですもんねえ。チーム全体としての姿と同様、攻撃の調子もまるでジェットコースターの様です。

 今日は嶺井、柳田といった脇役たちの活躍で3点差を見事に追いつきました。嶺井の三塁打はまるでハンマー投げの様にバットを使って、ファーストの頭を越したバッティング(例えがおかしくてすみません) バットの先っちょだったと見えましたが、腕を投げ出すようにスイングしてライト戦へ落としました。当たりは良くなかったですけれど、意志と気持ちが強く出たバッティングで一ファンとして嬉しかったです。

日刊スポーツ 『 嶺井、走者一掃の適時三塁打「必死でした」

日刊スポーツ 『 柳田が適時二塁打「思い切っていけた」


 そして5回、筒香についに一発が飛び出しました。前の打席でもスライダーを狙ってそちらは残念ながら詰まってしまいましたけれど、この打席では高めに浮いてきたそれを狙った通りに掴まえた感じです。

 筒香にしては角度が付いた美しいホームランでしたが、なによりスイング、回転の速さが凄かった。これはいよいよ好調期が来ましたかね。あと一試合でオールスターとなるのが勿体なく感じるくらいです。

 これぞ4番と言いますか、この一発を境に球場の雰囲気が一気に変わりました。声援のボルテージも映し出されるベンチの雰囲気もそれまでと明らかに違うんですよね。これです、これを待っていたんです。

サンスポ 『 筒香の勝ち越し13号2ランから一気7得点のビッグイング

 ここで杉内が降板、代わってマウンドに上がった香月から、今度はロペスがレフトポール際へ弾丸ライナーのホームラン。後はもう長く続いた得点力不測の時期がまるで嘘のようなつるべ打ち。最後は梶谷がまるでゴルフのようなスイングで(失礼)ライトスタンドに叩き込み、あっという間に二桁得点に到達しました。なにしろ5回だけでホームラン三本ですからね。

 不勉強で申し訳ありませんが、ベイスターズの一イニング三ホームランっていつ以来です? いつかそんな事があったような気がしたりしなかったり。見た事があるような気がしたりしなかったり。報道を見ても「いつ以来」という記述はないんですよねえ。知っている(覚えている)方がいらっしゃったら教えてやってくださいまし(汗)

 それと石田の後を繋いだ投手たちが皆よく投げてくれました。石田が三者凡退に抑えた4回に続いて(ランナーは出したものの)三人で抑えてくれた萬谷の仕事は大きかったと思いますし、二イニングを零封した平田のピッチングがジャイアンツの息の根を止めたと言っても良いでしょう。なかでも八回を任された福地の速球は素晴らしかった。このピッチャー、来シーズンあたりはもっと存在感を増してくるかもしれませんね。

 という事で、今日は昨日に引き続いて強いベイスターズの姿に大喜びの晩となりました。明日の先発は砂田と田口です。砂田はおそらく明日も5回限定の投球となるのでしょうが、そこまで前回の様な結果を出してくれればきっと勝機は充分にあるでしょう。贅沢は承知の上なのですが、カード三連勝するところが見てみたいなあ……(苦笑)

 最後になりますがベイスターズは今日の試合(ホーム42試合目)で早くも百万人動員を達成したとの事。昨年が48試合での突破ですから、六試合もはやく到達した事になります。球団の経営努力に加えて、チームの調子が良かったことも影響しているのでしょうね。本当に数年前が夢幻の様ですなあ。一ファンとしても感無量でございます。

日刊スポーツ 『 観客動員数100万人到達、最速42試合目




posted by omune at 23:24| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やりましたねー!
なかなか追加点が奪えそうで奪えない中、
筒香の好返球と高城のナイスブロック、山﨑のナイスピッチングでしのぎ、
最後は雨の中、ロペスの一打が村田のエラーを誘ってのサヨナラ勝ち。
これも9回に突如降り出した雨が人工芝を濡らし、
打球が滑って加速したのだとしたら、
天も味方につけたとも言えるのでは️
そしてついに首位奪還。
全体的に選手のコンディションが上がってきたように思います。
筒香のライト前ヒットはスイングはほんと速かったです。
先発陣も新しい顔ぶれでそろいつつあり、
後半戦が本当に楽しみです!
Posted by sumi at 2015年07月15日 23:13
 sumi様こんばんは。いや、勝ちましたねー!

 今日の更新記事にも書かせていただきましたが、筒香の返球には心の底から驚きました。ベイスターズのファンをやっていると悪い意味で口あんぐりのプレーはよく見るのですが、今日のは真逆でしたね。

 強肩選手が投じるレーザービームと称される様な返球ではないものの、バックホームとはこうやってやるものだと教科書に載っていそうな、ワンバウンドでのどんぴしゃ返球で見ていて身体がぞわぞわしました。(痺れたという意味です)

 昨日はホームランで、今日はこの守備でと、試合の雰囲気を一気に変える筒香は、名実ともにチームの柱になったと言えそうです。今日の試合を見ていてそれを強く感じました。

 それにしても、このところの強さは一体なんなんでしょうね。ここでオールスターを挟むことになりますが、来週月曜からの後半戦にも是非この勢いを持ち込んでもらいたいと願います。楽しみですねー。




Posted by omune at 2015年07月16日 00:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック