2015年09月26日

ベイスターズ雑感 応援し続けたファンへのご褒美? (20150926)

 いやあ、痺れる試合でしたねえ。私は仕事でようやく映像観戦を終了したところなのですが、リアルタイム、現地観戦された方が本当に羨ましい。シーズン最終版になって、懸命に応援してきたファンの方々にご褒美が出たというところでしょうか。(ちょっぴりだけどね)

エキサイトベースボール 『 9月26日(土) DeNA vs 中日

 ハイライトはやはり九回の二本になるでしょうか。いずれも浅井のコントロールミスだったとはいえ、それを逃さずに叩き込めるかどうかが重要なのだと思います。

サンスポ 『 筒香&バル弾でサヨナラ! キヨシ監督「鳥肌が立った」

 特に筒香の一発は凄かった。いつも書かせていただいている『角度のついたライナー』そのものでした。捻りの戻りを遅らせに遅らせた回転力抜群のスイングから放たれた打球は、ライトスタンド最上段まで一気に吹っ飛んでいきました。

 こういうのを見せつけらると「40本」「50本」と期待の声が高まるのも納得です。でも「やっぱり筒香はライナーバッターだよなあ」という個人的な思いがより強くなってしまうのもまた事実。それでも怪我なく出場し、不調期をもっと短くできればシーズントータル30本は楽勝で越えるはずです。それこそが筒香の凄い所ではないかと。来シーズンはトータルとして(ここ大切)文句のつけようがない成績を挙げてくれる事を期待します。

 そしてこういう結果を得る事ができたのも、井納をはじめとする投手陣がドラゴンズを二点に抑えこんでくれたから。

 ヒット八本をもらった井納ではありますが、しかし二併殺を奪うなどよく粘ってくれたのではないでしょうか。二回の失点も二死からの詰まった内野安打でしたしね。倉本の二塁送球はもう全然間に合わないタイミングでしたが、一塁に投げていたとしてもおそらく際どかったでしょう。これは致し方のないところだったように見えました。

日刊スポーツ 『 井納7回2失点「悪いなりに踏ん張れた」

 まあ本来ならこうして投手が頑張っている間に、打線が早めの援護をしてあげなくてはいけません。そのあたり、これまた今シーズン(だけじゃないですね)よく見られた問題点が今日もまた発現してしまいました。

 相手が好投手であればあるほど、チームとして如何に点を取っていくか、どう各人の打席を繋げてホームベースを踏むかというのが重要になってきます。このあたりも来シーズンに向けての大きな課題となるでしょう。

 しかしとにもかくにも勝ってくれて良かったです。昨日書かせていただきました通り、もしも今日敗れていれば最下位の可能性が限りなく高まってしまう所でしたから。残り試合を何勝何敗で何位というのはそちらをお読みいただくとして、今日は両チームの残り試合の日程を比較してみます。(因みに引き分け数の違いからゲーム差が0の場合の勝率はベイスターズが上になります。現在のままですと最終的にゲーム差0となる事はあり得ませんが、どちらかに引き分け試合があると変わってきます)


残り日程(B=ベイスターズ、D=ドラゴンズ)
9/27(日)
9/28(月)B-C(横浜)  S-D(神宮)
9/29(火)T-B(甲子園)
9/30(水)
10/1(木)B-G(横浜)  C-D(マツダ)
10/2(金)B-G(横浜)  C-D(マツダ)

 両チームの試合はここまでとなります。優勝戦線の行方がどうなるかにもよりますが、スワローズやジャイアンツといった死にもの狂いのチーム相手の勝敗がどうなるかがポイントとなりそうです。そういう意味で、明後日はなんとしてでも勝っておきたいところですね。


 ところで、今日は試合後に谷繁の引退セレモニーが行われました。ホームやビジターなく、球場一体となった演出が素晴らしかった。

サンスポ 『 DeNA選手も谷繁をねぎらい…三浦「教えてもらったことが多い」

 98年の優勝は彼の力なくしてあり得なかったでしょう。優勝決定シーンで佐々木と抱き合う姿を今でもはっきりと覚えています。

 その後ドラゴンズでの活躍は言うに及ばず、稀代の名捕手の引退には野球ファンとして感慨深い限り。今後、指導者としてのさらなる飛躍を心からお祈りいたします。そしていつか、ベイスターズに戻ってきてくれれば。そう願います。




posted by omune at 22:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック