2015年10月22日

ベイスターズ雑感 過去三年のドラフトを上回る結果となるか (20151022)

 ドラフト会議、ベイスターズにとっては良いものになったみたいですね。高田GMによれば欲しかった選手は「みんな指名できた」とか。

日刊スポーツ 『 DeNA高田GM満点ドラフト「みんな指名できた」

 いやなによりでした。競合を恐れずという方針を曲げる事なく、そのうえで今永選手指名に踏み切ったのだとしたら、故障上りを考慮してもなお一位指名の実力、あるいは潜在能力があると判断したのでしょうね。ラミレス監督の「大学ナンバーワン投手」「ローテーの軸として期待」というコメントもその期待の大きさを表していると言えそうです。

日刊スポーツ 『 今永DeNA1位指名に「モヤモヤが晴れた」

日刊スポーツ 『 ラミレス新監督、駒大・今永昇太は「ローテの軸」


 それとアマ野球に疎い私がにわかで情報を集めた中で(つまり、それだけ頼りにならない)注目したのは二位指名の熊原投手です。150キロ超のストレートとフォークが武器との事ですが、自己分析によれば最大の武器は「インコースのストレート」だとか。強気にインコースをついていきたいという抱負も含め、一年目からやってくれそうな期待が膨らみました。

日刊スポーツ 『 熊原健人「記憶に残るピッチャーに」DeNA2位

 もしもこの二人が一年目から上で活躍してくれるようですと、投手陣の状況もかなり変わってくる可能性がありますね。石田、砂田、山崎康、三上といった面々は勿論、井納や久保、モスコーソや三嶋、山口といった先輩たちもこのまま黙ってはいないでしょう。また残酷ではありますが結果が残せなければ消えるしかないという状況になる事で、投手陣全体のレベルアップに繋がるのではないかと思います。

 また3位の柴田選手は以下の記事によれば「とにかく守備がうまい」遊撃手なのだとか。「日本一のショートになること」を目標に大学へ入学、猛練習の末にアマ球界ナンバーワン遊撃手との評価を勝ち得たという事で、入団後の更なる成長に期待が持てるような気がします。

スポーツ報知 『 【とにかく守備がうまい】国学院大・柴田竜拓内野手

 また育成2位の山本選手の将来も楽しみですね。無論そのプレーを生で見たことなどありません。けれど、あの山本功児氏の息子さんというだけでも期待が高まってしまいます。本人的には育成二位での指名に納得できないところもあるみたいですけれど、我々会社員とは違って活躍次第で桁違いの(しかも二桁違い!)の給料をもらえる世界です。5年後に一軍で筒香の後や前を打つくらいになっていたら、入団時の評価差なんて吹っ飛んでしまいますよ、きっと。

スポニチ 『 山本武白志はDeNA育成指名「心の中では悔しい」

 さらに4位の戸柱選手は社会人の捕手という事で、チームのウィークポイントに一致(そもそも数的に足りないですもんね) こうして見ますと、チームの状況に即した現実的な指名を行ったドラフトだった(のかもしれない)という印象です。

 昨年も書かせていただきましたが、現在の世間の評価差など来年の今頃にはすっかり違うものになっているはずです。ベイスターズにおいては昨年の三上、今年の山崎康がそれを見事に証明してくれています。ですから、来年の今頃、過去三年間を上回る大成功のドラフトだったと言われているかどうかが勝負でしょう。そうなってくれる事を心から祈りつつ、新人選手達の活躍に注目していきたいと思います。




posted by omune at 23:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック