2015年10月24日

ベイスターズ雑感 今永選手の開幕一軍内定? まだ入団もしていないのに (20151024)

 ラミレス監督は昨日、駒大野球部合宿所で今永選手に指名挨拶を行ったとか。たまたま(本当にたまたまなのかは分かりませんが)今永選手は他の投手たちと共に投球練習中で、その内容をじっくり確認できたみたいですね。そしてそのうえで、開幕一軍確定、ジャイアンツ戦での初登板を明言したとか?

スポーツ報知 『 ドラ1今永、巨人戦デビュー ラミ監督明言、開幕1軍内定

 パフォーマンスは封印するとの報道があったラミレス監督ですが、これはもう完全にパフォーマンスと受け取っておきます(笑) だって、まだ秋季練習で訓示を行ったくらいで当然、全投手たちの実力を把握できていない状況なわけですから。

 フェニックスリーグで好投を続けている若手投手たち、あるいは今年は不本意な成績に終わった先輩投手たち、そして年々充実度が上昇していくリリーフ投手陣、それを踏まえたうえで開幕一軍確定というのなら(つまりこの時点で今永選手にそれだけの力があるのなら)これはとんでもない投手が入団してくれる(まだ決まったわけではないので)という事になるわけで。そして酷い言い方かもしれませんが、それほどまでだったとしたら単独指名成功はなかったんじゃないかなあと、そんな意地悪な見方をしてしまうのは私の人間性でしょうか(汗)

 でも、いやいやいや、それで良いんでしょう。もし、本当に今永選手がそこまでの力の持ち主であるならば、これはチームにとって非常に大きい補強となるはずです。ラミレス監督のコメントが実現する事を心から願っています。

 一方、二位指名の熊原選手も明治神宮大会の東北予選(?)で3安打11奪三振の完封劇を見せてくれたとか。もちろん、その数字がプロ相手に出せるわけではないでしょうが、こういう記事を読むと、早くプロのマウンドでの投球を見たくなりますねえ。楽しみです。

日刊スポーツ 『 ドラ2の仙台大・熊原、3安打11K完封○

 最後に話変わってFA権を取得した長田の話題です。既に球団と下交渉を行ったようですが、本人コメントによれば「まだ結論は出ていない」とか。上述しました通り徐々に層が厚くなりつつあるリリーフ陣ですから、できる事なら残留してもらって来シーズンもその一角としての活躍を見せて欲しいところです。

スポニチ 『 国内FA権取得の長田に単年契約提示か

 また、同じくFA権を取得した石川の方は数日前にGMと話し合いを持ち、「評価してもらって良い話し合いができた」のだとか。この二人の今後の動向に注目です。

スポニチ 『 FA権取得のDeNA石川 GMと会談「良い話し合いできた」




posted by omune at 23:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック