2015年10月30日

ベイスターズ雑感 コーチ陣の陣容固まる (20151029)

 次々とコーチも決まり、来年のベイスターズ首脳陣の構成が見えてきましたね。

 前回の記事以降ですと青山、木塚氏、小川氏、永池氏というところですか。

デイリー 『 DeNA青山、木塚氏がコーチに

スポーツ報知 『 新コーチに小川氏、永池氏「組織として戦える」

 それぞれのコーチの手腕については来シーズンになってみないと分かりませんが、印象的なのは球団社長の「コーチをコーチするという意味でも、スタッフが固まった」というコメントです。これは経験の浅いコーチと経験豊富なコーチを組ませる事で、後者の豊富なノウハウを前者に伝え成長を促すという事なのですかね。

 一般的な組織であればごく当たり前の図式でしょうが、こういう思惑がうまく機能してくれると社長の言う「組織として戦える」力を蓄える事につながるでしょう。ただ、素人考えではあるものの、その結果が出るにはそれなりの時間(一年後とか二年後という話ではなく)が必要になる気もしますけれど。ですから五年後、十年後にその成果のほどがはっきりしてくるのではないかと思います。

 一方、新人選手達への指名あいさつの方も続々とおこなわれていますね。

 面白いのは7位の野川選手でしょうか。趣味はアニメとの事で、スコアボードの登場映像がアニメになってたりしたら話題になりそうですね。ただ、この時点で左のリリーフとして照準を絞っていたり(これはチーム側の期待にも一致しているようです)強気なピッチングスタイルを持ち味とコメントするあたり、順位からくる印象以上に実戦派なのではないかと期待が膨らみます。

デイリー 『 ドラ7野川の趣味はアニメ鑑賞

 また熊原選手、柴田選手など他の指名選手の記事にも実に頼もしいコメントやスカウトたちの評価が掲載されています。さてさて、これまでのドラフトと比較してどんな位置づけの成果につながっていくでしょうか。三年後の秋くらいにはそれがはっきりしているかもしれないですね。願わくば数多くの主力選手を輩出する結果となっていますように。




posted by omune at 02:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球、スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック