2016年01月06日

「 猫を飼いたい 」そう思いはじめて早一年

 年頭のご挨拶で使わせていただいたフリーテンプレートは「飼いたいペットランキング」がネタになっておりました。

過去記事 『 あけましておめでとうございます 』(20160101)

 で、ちょっと興味がありましたのでネットでそうしたランキングを検索してみました。そうしましたら、まあある事ある事。様々なところに、様々な形で掲載されておりました。そのうちの一つがこちらです。

gooランキング 『 飼ってみたい動物ランキング

 こちらでもやはりペットの王者、犬が第一位を、最近さらに人気が上がりつつあるという猫が第二位を獲得しています。三位はやはり人気があると聞くウサギですか(そういえば田端にウサギ専門のお医者さんがありますね)

 イラストではランク外となっていた猿ですが、こちらでは17位に入っていますね。しかし猿はなあ、ペットとして飼うのは大変そうですよねえ。良くも悪くも頭が良さすぎそうで……。

 で、私の話になるわけですが、実は猫を飼いたいと思っています。と言っても、そう思い始めたのは昨年初冬くらい。諸所の事情と優柔不断もあってなかなか思い切る事ができていませんので、実現するのはいつになる事やら。けど、いずれは(いずれと言ってもそう遠くない将来に)必ず家族にしようと思っています。

 若い頃に犬を飼ったり、他にも様々な動物を買った経験がありますが、猫については初めて。なので、今は実現後の事をぼんやりと考えながらそのための(部屋の)体制づくりやリスク、メリットについて考えています。

 もしも気持ちが決まったら、そうですね。隣町に民営の(?)猫保護施設がありますので(猫カフェの形をとったものである様です)そこに行ってみようと思っています。もしも気が合う相手(猫ね)がいればそれが一番良いわけで、そういう施設ならば何度か通う事で愛称を見極める事も出来るでしょう。また、猫を飼う事に付いての相談やアドバイスを受ける事も期待できるかもしれません。

 ただ、ネットを徘徊したり人に聞いてみますと、そういった猫保護施設の一部には、里親に対して相当に厳しい条件を設けたり、要求を行う所も決して少なくないのだとか。猫に限らず動物に対する虐待が現実に相当数起きている事を考えると、それも無理はない事かもしれません。それは重々承知しているのですが、それでもプライバシーを全公開するような事になると精神的にちょっときついかなあと。

 条件そのものについていえば一応ペット可のマンションではありますし、もしも私に何かあった時に後を託せる後見人(父は高齢なので)を決めたり、収支計算をしたり、あるいは脱走対策、住み分けのプランを練ったりは(一部の部屋には事情により立入禁止とします)しているのですけどね。

 ですから、もしもそちらの施設での里親条件をうかがわせていただき、その内容次第では保健所やその他の手段を検討しようと思っています。考えてみれば保健所の猫たちは文字通り命の危機に瀕しているわけで、相手(猫ねー)の事を真剣に考えるなら初めからそうすべきなのかもしれませんよね。

 しかし、上述の通り私は猫に関しては素人ですし、もしも新たな家族が重大な病気を持っていたり、あるいは引き取ってみたはいいけれど性格が合わなかった場合にちゃんとやっていけるのかという点に不安があったりもします。

 というわけで、この件についてはまだもう暫くこうした検討と思考実験(?)の状態が続くかもしれません。決断力がないと言われればそれまでですが、一応生涯のパートナーを迎え入れるくらいのつもりでいきますので、なかなか心が決まりませんねえ(苦笑)

 ただ、再来年(来年じゃないですよ)の今頃までにはなんとか迎え入れる事ができればと思っています。うーん、悩むよなあ……。


cat0005-001.jpg  cat0098-066.jpg

 いやあ、たまらんですねえ。なお、写真は『 pro.foto 』様よりお借りいたしました。




posted by omune at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物、植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック